~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
がん哲学外来 
2008/12/28 Sun 09:38
がん哲学外来ってあったんですね。

過去形なのはもうないからです。

がん哲学外来HP

順天堂大学の病理学の先生がしていたようです。

HPより抜粋

『がん哲学外来』開設の趣旨
 
「がん」の研究の目的は、「人のからだに巣食った癌細胞に介入して、その人の死期を再び未確定の彼方に追いやり、死を忘却させる方法を成就すること」にある。
『最も剛毅なる者は、最も柔和なる者であり、愛ある者は勇敢な者である』とは「高き自由の精神」を持って医療に従事する者への普遍的な真理であり、「他人の苦痛に対する思いやり」は、医学・医療の根本であると考える。
「科学としてのがん学」を学びながら、「がん学に哲学的な考え方を取り入れていく領域がある」との立場に立ち、『がん哲学』が提唱されるゆえんである。そこには、「考え深げな黙想と真摯な魂と輝く目」が要求される。この風貌こそ、現代に求められる「がんに従事する者の風貌」ではなかろうか。
『何かをなす( to do )前に、何かである( to be )ということをまず考えよ』ということが大事になってくる。
これからの「外来」は「幅広い守備範囲」を持った、「名詞」から「形容詞」の時代となろう。「がんとの共存」の時代に、『がん哲学外来』はまさに、新しいタイプの時代の要請と考える。

『がん哲学外来の話』という本に詳しく書いてあります。

主にがん哲学外来に来た方の多くは末期がんや再発がんの患者さんや家族だったそうです。

まず、がん哲学外来に来た方に質問をしたそうです。

『こんな訳のわからないに、なぜ来られたのですか?』

すると、多くの方はくすっと笑って悩みを話し出すそうです。

多岐にわたる内容ですがいずれも根底にあるのは『不安』だそうです。

治療の、家庭の、職場の、再発への、、、、、不安です。

その不安に対して、いろんな言葉をかけていくことがほとんどだそうです。

一言で言うと『がん哲学外来は、がん医療の隙間を埋める「偉大なるお節介」』だそうです。

そんなことなら、がん相談やセカンドオピニオンでも出来ることに思えるとの質問がありました。

がん相談は、臨床心理士やソーシャルワーカーでがんに対する細かい知識を持ち合わせていない場合が多い。

また、セカンドオピニオンとも少し主旨が異なるのはわかりますよね。

で、本を読んでみました。

非常に参考になりました。

例えば、『患者さんに不足しているのは「遠慮しない言葉」』
だとか『八方ふさがりでも天はあいている』とかです。

特に後半がお勧めで

日本は決まった宗教を持たない人が多く、国民性もとてもシャイです。しかし、日本は言語学が非常に発達している言葉の豊かな国です。言葉によってイメージを喚起し、言葉によって考えを深めていく能力が高い。世界中から称賛される「武士道」を持つ精神性の高い国民なのです。

などとあります。

そのあとに

「死ぬという大事な仕事が残っている。」というフレーズが出てきます。

非常に奥の深い言葉で医者が医療の現場ではなかなか言うことの出来ない言葉だと思います。

ただ、がん哲学外来などであれば患者さんにとってこころに響く言葉になると思います。

最後に

今の日本のがんの死亡率は50%ですが、日本人の死亡率は100%です。世界中どこの国も同じはずです。

とあります。

人間必ず『死ぬ』という現実があります。

それが、いつ訪れるのかはわからないのですけどね。

読んでみたい方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

私がいろいろ考えていたことと非常に近いと感じました。

また、視野が一段とひろがった気分です。

よければ、読んでみてください。

1日あれば十分読めますよ。

『がん哲学外来の話』の本はこちら
(楽天にとびます)

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
深いです…
年末も押し迫り、やることは浮かぶのに、遅々と進まないのに、ついブログにお邪魔してしまいます。

哲学と聞くと難しく考えてしまいますが、成程なぁと思います。いずれ、人は皆死ぬんですよね。その原因が違うだけで。ただ、楽に死にたい。周りに迷惑かけずに、苦しまずに。もし、病等で難しくても、楽な安らかな気持ちで。そう、精神的なモノがこれまた難しい。

私は双極性障害を抱えてるので、まぁ、これで死ぬ事は無いけど、激鬱になり、部屋から出れず、不安と落ち込みで苦しい時、消えたくなります。自分で密かに『心の癌』だと名付けたくなる。躁が出る時もある為、鬱との差が激しいから余計に。

でも、実際、本当に癌で闘う人に比べればと、安定してる今は思うけど、渦中には苦しい。けど私にも『天は開いてる』等の例えは、心に響きまました。

深いですね…
2008/12/28(日) 10:08:51
URL | 虹 #-[ 編集 ]
そうですよね。
私も、目からウロコに思えることが多数ありました。
ぜひ、一度読んでみてくださいませ。

哲学と名前が付いてますけど、うまい言葉がなかっただけなんでしょうね。
2008/12/28(日) 20:19:13
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/318-2a5fa29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。