~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
ムカッとする診察 
2009/01/09 Fri 12:20
CATEGORY【診療】
ときどき、外来診察や救急診察(当直のとき)などをしていてムカッとくることがあります。

このムカッとくる原因ですが多くは医者と患者の医療に関する常識の差から出てきているものだと思います。

例えば、救急外来で

『昨日の夜(もしくはもっと前)から高熱が続いている。』とか
『昼間は様子を見ていた。』

とか言われたら正直ムカッときたり、ガクッときたりします。

医者の考えとしたら、『じゃあ何で、昼間の一般の外来をやってるときに来ないの?』とか夜中だったりしたら『それなら、もう少し早い時間に来れるでしょう。』思うのです。

やっぱり、時間外の診察はエクストラで行っており救急でない事があきらかな患者さんがきたらどうしてもムカッとしてしまうのです。

もちろん、調子悪くなってすぐに連絡をいただいてから受診に来られたら全然ムカッとは来ませんからね。

あと、『昼間は用事があって受診できない』なんて言われたら論外です。

顔は笑っているかも知れませんが、心の中ではムカムカしまくっています。

おそらく、この感覚はほとんどの医者がそうであろうと思います。

一般の外来診察では、自分の外来の時間以外に来られる患者さんが困ったなと思うことが多いです。

もちろん、急に調子が悪くなって来られる場合はいいのですが、平日だし、外来あいてるし『来ました。』みたいな患者さんが困ります。

多くの病院は主治医制であり、初診で診た担当医がその患者さんの主治医となることがほとんどです。
(そうでない病院もありますけど。)

ですので、受診されたときに外来から連絡があります。

外来でない日は、ヒマしているわけではなくて検査や、その他の仕事をしていることがほとんどです。もちろん、ヒマな場合もありますけど。

どうしても、診察に行けない場合がありその時は、外来に出ている先生に代診をお願いします。

代診ですので、また、主治医と相談してください。とかとなる事があります。

代診医ですので、どうしても細かいところがわからなかったりします。

そうした場合に、患者さんにも医者が不機嫌なことが伝わって、患者さんも不機嫌になることが多いんですね。

お互いに不幸なことですよね。

ただし、本当に調子が悪くなったりした患者さんにはそんな風には思いませんから安心してください。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

あと、医者から冷たくあしらわれたと感じたときは、治療の必要性や緊急性の低い場合がほとんどですからね。

なかには、医者の問題もあるかと思いますが。


もちろん、医者の気持ちを知って欲しいだけでお互いにお互いの気持ちが理解できればすきまが、埋まっていい関係が築けるのになぁ。と思っています。

患者さんに絶対そうしろというつもりはありません。

患者さんには患者さんの事情があるのですから。

ただ、医者にも医者の事情があるのです。


こんなことを少し理解するだけで患者と医者がよりよい関係へ行けると思うのです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
冷たくあしらわれるとき
これは、もっとも患者さんと医師の意識の差が出てしまうのかなと思います。

患者さんの中には、受診までかなり心配して来る人もいて、そういうとき、冷たくあしらわれるとあらぬ誤解を生んでしまう可能性があるかもしれません。

もちろん「あんなに心配したけど、何でもなくてよかった~」と、帰りに何を食べるか考えているような患者さんなら、全然気にしないと思います。

そんな患者さんばかりじゃないですからね。

「ちょっと、アタシこんなに心配で心配で仕方なくってきてるのに、その態度は何よ」みたいな。

患者さんは、お客さんとは違いますが、『自分の病状を、気にしてきてる』という意識は医師側も、片隅においたほうがいいかもしれないですが・・・。

むずかしいですね。。

ただ、単なるクレーマーは困ります。
2009/01/09(金) 14:54:48
URL | azuki #-[ 編集 ]
日曜の夜に調子が悪くなり、「すぐに行くほどでもないけど...」と通院を迷い、
月曜になってもまだ調子が悪く「主治医の先生は金曜だから...」と躊躇し、
火曜になっても依然として治まらず「どうしよう....予約の日まで我慢できるかな....」と、途方に暮れることが何回かありました。
以来、「すぐに行くべきとき、様子を見てもいいとき」をあらかじめ具体的に先生に伺って、打ち合わせしておくようになりました。
2009/01/09(金) 22:00:53
URL | ふじくろ #-[ 編集 ]
azukiさん

>これは、もっとも患者さんと医師の意識の差が出てしまうのかなと思います。

本当にそうだと思います。

病院のシステム、医者の仕事などを理解してほしいと思います。

ただ、ほとんどのかたは知りません。

だから、お互いに気分が悪いと感じることも多いのでしょうね。

そんでもって、溝ができちゃうような気がします。

ふじくろさん
>「すぐに行くべきとき、様子を見てもいいとき」をあらかじめ具体的に先生に伺って、打ち合わせしておくようになりました。

確かに、判断するのも難しいですよね。

世の中にはいろんな方がいますので、ほんの些細なことで救急車まで呼ぶ方がいます。
たとえば、『ニキビがつぶれて血が出た。』などで救急車を呼ぶ方もいるようです。

きっちりとした線引きができれば、こんな悩みはなくなるのでしょうね。

人間の体は、本当に難しいです。
2009/01/10(土) 12:12:03
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
外来時間外
つい最近掛かりつけの婦人科病院に電話しました。
次回診察は2ヶ月後でした。
緊急以外の問合せ時間が決まっていて、受付で大まかに説明し外来に廻ります。
次に看護師さんが症状を聞き、先生に伝えまた患者に電話で結果を話してくれます。

時間はある程度外来が終わっていそうな3時から4時半です。
もちろん緊急の場合は直ぐ連絡取れます。

このようなルールがあれば、もう少し整理された診療ができるのではないかと思います。
病院もルール作りを積極的に行うべきではないでしょうか?
2009/01/10(土) 14:09:19
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
・・・・・涙。
長文コメント書いて書き終わりまじかで消してしまいました(泣)
だから今度は短めに(?)

私は結石で緊急外来にかかった時は、あまりいい思いをしたことがありません。

自力で行った時思ったのは、すぐに診て貰うには、救急車で行ったモン勝ちだなぁ・・・って事でした。
自分で休診日とかに病院探しにアチコチ電話しても、なかなか診てくれる病院は見つからないし。。

同じ結石だっのに、救急車で来た人はすぐに処置してもらえたのに。
私は諸事情により緊急から呼吸器内科に引き継がれたりして再度検温から始まり、結局痛み止めもらったのは病院行ってから5時間後でした。
辛かったです~(T.T)

でも、緊急外来での先生はとてもいい方で、入院病棟で会ったときもすごく心配してくれてて嬉しかったですけど。

結局は、かかりつけの病院を持つのがいいなぁ・・って思います。
安心です。

断られないし、外来がしている時間だけど受付は終ってる時間なら、主治医に電話すれば診てもらえるし、なによりいつも行ってる病院だから安心感満タンです♪

いつも思うのは、先生方って本当心配してくれてるし親切だと思います。

「いつでもいいから心配だったり、ちょっと変だったらすぐ来てね。緊急外来でもいいし、電話とりあえずして!!」
っていつも言ってくれます。
感動です☆
でも緊急外来の受付は感じが悪いです(笑)

お医者さんと患者との間に確かにギャップはあると思います。
でもしょっちゅう会って話していれば、お互いに寄り添っていく気持ちがあれば、その隙間は必ず小さくなって行くと思います。

私が感じるのは、お医者さんと病院の体制とのギャップです。
お医者さんは本当に親切です。
患者さんの事を考えてくれています。
でも、病院側はそうは感じません。
はっきりしない症状だったり微妙な時は断られたりします。
「私は、ここの病院にかかっていて主治医の先生からなにかあったら来るように言われているんですけど!!」
って主張すると
「あっ、じゃあいいですよ。」
みたいな感じです。
ウチの病院は緊急に力入れてる病院なのにこんな時があります。
救急車での受け入れにはすごく力入れてるみたいだけど・・・。

よく分からないです。。

でも、先生や看護師さんはとっても素敵です☆

あいかわらずよく分からない文章になってきたのでこの辺で・・・(--;)


2009/01/10(土) 14:54:06
URL | MIKA☆ #-[ 編集 ]
ガーネットさん
>病院もルール作りを積極的に行うべきではないでしょうか?

そうですね。

病院によっては、システムができてる病院もあるようですがね。

今の病院は。。。。ですね。

MIKA☆さん
>同じ結石だっのに、救急車で来た人はすぐに処置してもらえたのに。

とりあえず、救急車がきたら先に診ることが多いですね。

ただ、軽傷なら一瞬診てから、待ってもらうこともありますよ。

>結局は、かかりつけの病院を持つのがいいなぁ・・って思います。

基本的には、慢性的な病気がないとかかりつけ医ってないですけどね。

>私が感じるのは、お医者さんと病院の体制とのギャップです。

う~ん、これに関してはよくわからないですね。
でも、そう感じておられるのならそういうことあるんでしょうね。
2009/01/10(土) 23:47:29
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/326-d98c2402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。