~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
肺結核 
2009/02/05 Thu 12:41
CATEGORY【診療】
以前、結核の話しのリクエストがあったので今日は肺結核のお話しです。

肺結核は、結核菌を吸い込むことにより発症します。

結核の患者さんが咳をしたときに水分とくっついた結核菌(飛沫核といいます。)が漂います。

ですので、人にうつる可能性の高い状態の方は、結核病棟に入院しての治療となります。

飛沫核を吸い込むことにより感染が成立します。

ですので感染予防に一番大切なモノは換気です。

ただ、結核菌を吸い込んでも肺結核を発症する率は約5~10%程度であり多くは発症しません。

症状としては、発熱、倦怠感、寝汗、咳、痰、体重減少などです。
(多くは症状もなくたまたま検診で引っかかることも多いです。)

それまで順調に低下していた結核の罹患率(10万人中何人が罹ったか)が平成9年に結核が増加に転じました。

そして、平成11年に『結核緊急事態宣言』が出されたわけです。
あれから、10年結核患者は確実に減少しています。

若年者が減少しているのですが、高齢者なかでも超高齢者の結核は減っていません。

多くは、若いときにかかった結核の再燃かと思われます。

結核は、高齢になり免疫力が低下すると再燃することがあります。

ただし、結核は減っているといっても世界的にみると多い方で欧米諸国の約4倍もの罹患率です。

特に大阪、東京など大都市に多くタイとほとんどかわりません。

ですので、まだまだ結核に対する注意は必要です。

せっかくここまで減ったのですから。

肺結核の標準的な治療法は4種類の薬剤を用いて半年間の治療が標準です。

しかし、副作用も大きく高齢者では3種類の治療(最低でも9ヶ月)もしくはそれよりも少ない薬剤での治療となります。

数種類の薬を用いるのは耐性菌(薬の効きにくい菌)が出来やすいからです。

複数の種類の薬剤で一気にたたきのめして耐性菌が出来る前にやっつけようとの戦略です。

ですので、飲んだり飲まなかったりすることは非常にまずいことです。(耐性菌が出来やすくなる。)

なので、DOTS(Directly Observed Treatment,Short-course(直接監視下短期化学療法))といい直接飲むのを観察したり毎週薬に
シートが空になっているかどうかをチェックしたりしてきちんと

内服していることを確認する方法がよいとされています。

アメリカなどでは、軽食のチケットを配ったり交通費を支給したりしてDOTSを行っています。

ちゃんと飲んでもらうために。

勉強になったかた『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

長くなってきたので続き作る予定です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 肺結核

コメント
この記事へのコメント
かつては不治の病だった結核も、必ずしもそうと言えなくなりました。もちろん、それでも怖い病気であることは変わらないですが。

昔読んだ漫画に『ガラスの仮面』という少女向け漫画があって、主人公の北島マヤの母親が、結核を患ったのち亡くなるというエピソードがありました。

しかし、今もって謎?なのは、母親が視力をなくすというくだりです。結核で目が悪くなることってあるんでしょうかね?

娘のマヤが出演してる映画を見て、『目はみえなくても声でわかるよ』といいながら、以前、学校の文化祭の劇を見にいかなかったことを心の中でわびながら、最期を迎える・・・という話だったと思います。

感動的だったんですが、私は先の疑問がどうしても引っかかっていました・・・まあ、そんなこと突っ込んでも、ストーリーに関係ないのですが。

2009/02/05(木) 16:38:20
URL | azuki #-[ 編集 ]
>母親が視力をなくすというくだりです。結核で目が悪くなることってあるんでしょうかね?

結核治療薬エタンブトールの副作用で視力障害があります。
それでも飲み続けていると失明することもあるらしいです。(頻度は低いですよ。)
2009/02/05(木) 22:55:18
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
おお、そうだったんですか!
ありがとうございます~。

長年の謎が解けて嬉しいです♪
2009/02/06(金) 14:25:22
URL | azuki #-[ 編集 ]
へえ~本当にあるんですね
漫画の話はあまり信用しない方なので(爆)、私も結核で失明?と思っていますた。

この作家さんのお手伝いをしたことがありましたが、出勤早々「あなたの背中に霊がいるわよ」とご指摘いただき、何と応答したらよいのか、非常にこまっちゃった経験があります。
2009/02/06(金) 22:13:14
URL | christmas #-[ 編集 ]
>漫画の話はあまり信用しない方なので(爆)、私も結核で失明?と思っていますた。

私もみたことありません。
聞いたこともないくらいの頻度です。
ただ、教科書には必ず載っていて試験によく出ましたw
2009/02/07(土) 09:59:49
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/337-e5a08cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。