~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/02/03 Tue 12:17
CATEGORY【診療】
まともな医者が言わない言葉の代表として『絶対大丈夫』とか『絶対治る』と言う言葉があります。

『おそらく大丈夫だろう』とか『まず、治ると思います。』とかはいいますけどね。

なぜなら、まともな医者は滅多にしか起こらないけど致命的な事が起こるときもあると知っているからです。

例えば、風邪薬これは、医者が処方するものだけでなく薬局などで売っているものも含まれます。

バファリンなどでもスティーブンスジョンソン症候群を起こすことがあります。

皮膚がやけだだれたようになるものでアレルギーの一種と言われています。

そして、場合によっては命を落とすことがあります。

恐ろしいですね。

では、予防するためにはどうしたらいいのでしょうか?

残念ながら予防する方法はありません。

まあ、なるべく薬を飲まないようにするくらいでしょうか。

ただ、頻度は極めて低いです。

報告にもよりますが、100万人当たり1人程度です。

これは、極端な例ですけども肺炎で治療して一般的な肺炎なら抗生剤を使用すればまずよくなるんですけど、薬剤の副作用が強く出て薬が使えなくなる場合も想定しないといけないし、めずらしい肺炎(感染症でない肺炎や実は悪性腫瘍による肺の影である場合もあるし)の可能性なども考えると診察して検査結果をみて『大丈夫、すぐ治ります。』なんて言葉は口が裂けても言えません。

もちろん、病気と闘ってもらうために『この治療でまず、よくなりますよ。』とか言うことはありますけど。

もっともっと、最初に戻りましょう。

基本的に医者にかかると言うことは、何らかの困ったことがすでにあなたの体にあるはずです。

だから、医者にかかるわけです。

何らかのことをよくするために医者はいろいろ聞いたり、診察したり、検査したりしてその何らかの原因を探っていくのです。

そして、可能性の高いものを考えるのはもちろんです。

あと考えることは可能性が低くても致命的なものです。

これらを考え合わせて目の前の患者さんによりベターな方針を選択するのです。

その場面で『絶対、治ります』と言う言葉をかける医者は可能性が低い病気を考えていない医者か、嘘つきです。

それでも、あなたは、医者から『絶対治る』とか『絶対大丈夫』と言って欲しいですか?

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


昔は、そんなこと言う医者たくさんいたと思います。

時代背景として許せたのでしょう。

古き良き時代として。


あと、慢性疾患で十分な関係ができた上で『大丈夫』と言うことはあるかな。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
薬の効果
鎮痛剤を処方してもらう時、痛みの伝え方って難しいですよね。
いつも弱目の鎮痛剤から始まるので、4日間は病院に行きながら痛みを我慢する事になります。
どんな伝え方が良いのですか?
2009/02/07(土) 01:19:56
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
痛みの種類によっても原因によっても薬の種類がかわることありますからね。

強調するポイントは、痛みの程度が今まで経験したことのないくらい痛いか、そうでないかは、伝えた方がいいでしょうね。

痛みの種類はビリビリとかピリピリとかは必ず伝えましょう。あとは、場所、いつから痛いか?ずっと痛いのかとかかな。
2009/02/07(土) 10:09:25
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/340-c135e44a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
主治医に恋をすると、治るのが早くなる…と言いますが。。。 患者の皆様、どーせなら、イケメンDrがいいですよねえ(*´∇`*)。 というわけで、色々と考えてみますた。 お好みのタイプを見つけて下さいね。 よっしぃ先生も一つ選んでね。 この中に、私のイメージする‘...
2009/02/06(金) 12:03:27 | 乳がん患者のサロン2 - ノエル編

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。