~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
ギャップ 解剖 2 
2009/02/26 Thu 12:26
CATEGORY【診療】
前回の続きです。

早速、本題に入りたいと思います。

ある日、Hさんのお父様がお亡くなりになったそうです。

ずっと、慢性疾患をわずらっていてそれが原因でだんだんと衰弱していって。。。というような感じだったそうです。

担当医との関係も良好で不信感のかけらもなかったようです。

お父様がなくなってすぐに担当医から病理解剖のお願いをされたそうです。

Hさんにとって、担当医からの申し込みはあまりにも唐突と感じ、狼狽してしまったそうです。

考えたあげく、解剖を承諾したそうです。

ただ、遺族が悲しみの場にあるときに解剖の話を急にされて心の中に踏み込んできたかのような印象を持ったようです。

もうすこし、別の言い方はできないのかと思ったそうです。

もちろん、病院に行くことはもうほとんどありませんし、今までよくしてくれた担当医に文句を言う気にもならなかったそうなのですが、なんか、心の中で引っかかったものがあったそうです。

それで、たまたま知り合いのD先生にあったときに尋ねられたそうです。

D先生は、こう答えたそうです。

『本当は、ゆっくり時間をかけて、解剖の承諾を求めればいいのですが、現実はなかなか難しいのです。

患者さんが亡くなられたときは、すぐに葬式の手配が始まり、慌ただしくなります。

解剖をしない場合、ご遺体が病院にいるのは、その日か、または遅くとも1日くらいです。

ご遺族の悲しみが落ち着いてからゆっくり説明する余裕はなく、死後間もなく話をせざるを得ないのが現状です。

ゆっくりと病気が進行して無くなった場合は、予め話をすることも可能なのかもしれません。

生前に解剖の話しをする方が、気を悪くする方もいるかも知れません。』

Hさんは、この説明で納得されたようです。





確かに、一般の方からするとそろそろ危ないかも知れないと家族の『死』を意識しだんだんとそれが現実になり、悲しみに暮れているところで予想もしなかった解剖の話しをされて気分を害されるのは当然の反応ではないかと思います。

もちろん、慢性疾患でじわじわ悪くなっている場合なら生前に説明する方法もあるでしょうが、万が一それでご家族の気分を害したと思うと個人的にはできません。

やはり、医師側からすれば病理解剖をお願いするタイミングとしては、お亡くなりになった直後がベターだと考えます。

その理由に関しては、D医師の説明で理解頂けると思います。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

昔からブログを読んでいる方は、十分わかってましたよね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
医師の中にも
解剖の必要性をあまり感じていない医師もいるのでしょうか?

「剖検で明らかになることのほとんどのことは臨床の中でも分かってしまうのだから、亡くなった後になってまで手間のかかることをわざわざしなくてもいいのに」

患者の家族にとっては納得いかないことでも医師の立場からすると「いづれこういう結果になることは分かっていましたから」と言われたことを思い出したので・・
2009/02/27(金) 07:28:14
URL | ダイヤモンドダスト #-[ 編集 ]
>解剖の必要性をあまり感じていない医師もいるのでしょうか?

必要性、重要性はみんな理解していると思いますよ。
おそらくですけど、手間がかかることと病理解剖している間一般業務が出来なくなるので(もしくはほかの先生に代理をお願いしないといけない)原因がはっきりとしているときは勧めない場合があるのかもしれません。

また、その話も日を改めてエントリーしますね。
2009/02/27(金) 13:05:39
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/356-dc3eda18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。