~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
原因究明のため 
2009/03/10 Tue 11:43
『全日空 ミス不問の制度導入へ』なるニュースを見つけました。

以下、一部抜粋します。

>全日空は、パイロットなどから事故やトラブルの防止に役立つ情報をありのまま報告してもらうため、ミスを処分しないとする新たな社内制度を導入することになりました。

普通の考え方ですよね。
懲罰を厳しくしてもシステムエラーはなくならないってことですね。

>旅客機のパイロットや整備士などのミスには、今後の事故やトラブルの防止に役立つ教訓が含まれていることがありますが、処分の対象となることが障害となって、すべて報告されていないのが現状です。

誰しも、ヒヤっとしたことがあっても何事もなかったら自らすすんで報告したい。とは思わないですよね。

>ミスを処分しないとする新たな社内制度を来月から導入することになりました。制度では、「避けられないミスだった場合は、当事者の懲戒処分や不利益な扱いを一切行わない」と社内規程に明記し、重大事故につながった場合でも適用するとしています。ミスを報告しやすい環境を作り、危険の芽をいち早く見つけて対策をとるのがねらいで、責任の追及よりも事故やトラブルの再発防止に重点を置くとしています。




後ろめたい気持ちや不安な気持ちを少しでも軽減させて今後の事故防止につなげようということですんなり受け入れられますよね。

その一方で故意の場合や職務怠慢の場合はビシッと処分するようです。

>こうした制度は、国内では日本航空がすでに導入しているほか、欧米の航空会社でも広く取り入れられていて、効果をあげているということです。

安全管理がきっちり出来ている会社では当たり前のことなんですね。

医者の世界なんて、勤務時間なんかむちゃくちゃで安全管理の概念なんて少なくとも10年前までは全くなかったですね。

最近は、インフルエンザに罹ったら休むように言われたりしますけど。

患者さんにうつしたらいけないと言う安全管理はすすんできましたが、医者の勤務時間の安全管理なんてまだまだです。

たとえば、駒込ピペットを生んだ駒込病院の当直の体制の問題。

詳細はYosyan先生の新小児科医のつぶやきでどうぞ。

しかし、なんで医療に刑事免責を持ち込もうとしたら反対意見が根強く出るのでしょう。

もちろん、全面ではありませんよ。

例の銀座の眼科なら、刑事責任を追求されても仕方ないでしょう。

医師への刑事免責を取り入れている国は数多くありますし、

もう、1年も前になりますがなな先生の『ななのつぶやき』のコメントに鶴亀松五郎先生からのコメントがありました。

WHOのガイドラインあるんですよね。

医療安全システムのガイドラインが。

詳しくは、あかがま先生の『いちかばちかはやっぱりあかんか?』に転載されていました。


『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。



また、抜粋引用します。

>医療安全委員会をきちんと機能させるために、世界標準としての2005年にできたWHOの医療安全システムのガイドラインがあります

>刑事罰を行わないー医療事故(診療関連死)の報告者は、報告をしたことにより刑罰から免責されなければならない。

>秘匿ー診療関連死の患者名、報告者(医療従事者)、医療機関は決して第三者に明かされてはならない。

>独立性ー報告システム(医療安全委員会)は、報告者や医療機関を罰する権限を持つ当局から独立していなければならない。

>連死の報告は診療関連死が起きた状況を理解でき、かつ問題となっているシステムを把握できるようにきちんと訓練を受けた専門家によって評価されなければならない。

>時宜を得た報告は、特に重大な状況であると判った時は、即座に分析され、いち早く情報を必要とする人々(医療従事者)に広く周知されねばならない。

>システムそのものの問題の勧告ー診療関連死の当事者である医療従事者の個人の能力に目を向けるのではなく、システム、過程、結果の変化に焦点を当てることが望ましい。

>反応ー報告を受けた部局は、勧告を周知させることができる。関係する機関は可能な限りいつでも、勧告を実行に移さねばならない。



また、『ぐり研ブログ』に『過失はどこまで罪なのか 医療業界と航空業界』なる記事も発見です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
私の会社でも、ヒヤリハットの報告や集計がありますよ。
特に、商売柄、個人情報漏洩にはものすごく気を使ってます。
サービス残業についても、私が新人の頃よりは、ずいぶんまともになりました。

病院を経営したり管理したりする人が、そういうことに敏感で、職員の安全管理や、患者の安全について心を砕いている人なら、いずれは改善されるし、職員にも支持されて、いい病院になっていくのではないでしょうか。

でも、そういうことに無頓着な人が経営する病院は、職員がどんどん去っていくでしょうね~。
ただでさえ、リスクのある職業だし。
2009/03/10(火) 22:28:54
URL | kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
>病院を経営したり管理したりする人が、そういうことに敏感で、職員の安全管理や、患者の安全について心を砕いている人なら、いずれは改善されるし、職員にも支持されて、いい病院になっていくのではないでしょうか。

なかなかうまい具合にはいかないです。
そんなこと全然気にしない人が多いんで。
有給もとりにくい状況ですからね。

罰を厳しくしても何も改善されないことが多いのはどの職場でも同じようなんですけどね。
2009/03/11(水) 12:25:28
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
私の勤めている会社でもヒヤリハットを報告しあい、情報共有します。
また、ES(エンプロイ・サティスファクション)従業員満足があってこそCS顧客満足が得られるという考えを実行している企業は多い(そういう研修受けました)かと思いますが、お医者さんの世界にはまだまだなんですね。

有休が思うようにとれないなんてかわいそうです。
2009/03/11(水) 19:52:53
URL | ぱぺりーの #LYGJz/6Q[ 編集 ]
>ヒヤリハット報告

ほとんどの病院でしていますよ。
http://www2.hiyari-hatto.jp/hiyarihatto/searchCondition.do;jsessionid=BE613C3324B49C6ADF16C00CF023D911

ここで、全国の報告が検索できます。

あとは、それを上手に生かすかどうかでしょうね。
2009/03/12(木) 11:54:38
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/364-01b55a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。