~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/03/20 Fri 21:03
CATEGORY【診療】
前回『リビングウィルへの試み』というエントリーをあげました。

リビングウィルとは、文字通り『生前の意思』のことです。

前の時に紹介した『国立長寿医療センターにおける終末期の希望調査開始のお知らせ』の書類にはアンケート形式でリビングウィルが示せるようになっています。

もちろん、あくまでアンケートであるので記載された内容通りの終末期医療が行われるかどうかはわかりません。

ただ、終末期を考えるきっかけとしては非常にいいと思っています。

大きな項目としては
「苦痛を取り除く場合の方針」と
「最期をどこで過ごしたいか?」
あとは、栄養の取り方とか細かいことです。

こんな項目を読むことで終末期医療が何となく見えてきて考えるきっかけになるのでしょう。

さて前置きが長くなってきましたが、本題の問題点は何でしょうか?

『国立長寿医療センターにおける終末期の希望調査開始のお知らせ』のアンケートの始めに

私の医療に対する希望 (終末期になったとき) 終末期とは「生命維持処置を行わなければ、比較的短期間で死に至るであろう不治で回復不能の状態」です。

と書いてあります。

つまりリビングウィルを文書などで記載するときは、不治で回復不能の状態である場合の意志である事をキチンと記載しないと誤解される場合があるのです。

もちろん、治る見込みがある場合でも救命の処置はいらないと言う考えの人もいるでしょうが多くは治らないと判断された場合の意志でしょう。

そうでないと、本人の意識がなく周囲に家族などいなかった場合リビングウィルに従わざる終えない場合もあるでしょうから。

日本ではまだリビングウィルを示した文書を持っている方はほとんどいませんが、アメリカなどでは結構いるそうですからね。

問題点わかった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
和製英語なんですか?

なんかわかりにくいですよね「リビングウィル」って。
ストレートに「終末期処置」のがわかりやすいし、考えやすいと思うんですが。

親族の理解と共に、主治医の理解も必要ですよね。
緩和ケアはやってないこともあるようですし。
できる限り具体的に、チューブ栄養とはどこをどうするのか、とか。
それでどの程度引き延ばせるのか、とか。
費用はどのくらいかかるのか、とか。

漠然と「病院がいやだから」で決めてはいけないと思うんです。
自分自身、安易に「機械的な延命はまっぴらだ」と考えてましたが、身近に起きるととても難しい 選択だとわかりました。

というか、普通の生活では自分の終末期なんてほとんど考えませんよね。考えたくないし。
2009/03/21(土) 02:20:44
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
ちゃんとした英語ですよ。

生前の意思とも訳されます。

>漠然と「病院がいやだから」で決めてはいけないと思うんです。

これはそうだと思います。

>自分自身、安易に「機械的な延命はまっぴらだ」と考えてましたが、身近に起きるととても難しい 選択だとわかりました。

>というか、普通の生活では自分の終末期なんてほとんど考えませんよね。考えたくないし。

そうなんです。
難しいんです。
だからこそ、考えたくなくても考えておいた方がいざというときにスーッと決めれるのです。

急に決めなければならないとしたら後で後悔する可能性が高いと思うんです。

だから、少しでもいいから元気なときに考えてそして、家族と話をしておいて欲しいんです。

これは、私の希望ですけど。
2009/03/21(土) 18:19:55
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/370-175f9e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。