~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
セカンドオピニオン 
2009/04/03 Fri 12:32
セカンドオピニオンという言葉もずいぶん広く知れ渡ってきました。

簡単に言うと担当医以外の専門医の意見を聞くことです。

もちろん、これは患者さんの権利であり義務ではありません。

そのためには、担当医に診療情報を提供してもらわなければなりません。

病気の進行具合、場所や他の病気(糖尿病など)の兼ね合いによりなどによってよりよい治療はかわってくるからです。

いくら、自分自身の体であり、自分の病気のことを理解していても素人の説明ではポイントがずれていることが多いのです。

ですので、何も持たずにいっても、全くの無駄足です。

最近、セカンドオピニオン外来を開設している病院も増えてきました。

普通の外来にセカンドオピニオン目的の患者さんが来たらかなり困ります。

なぜなら、時間がかかるからです。

普通の外来で1人に30分とかかけることは困難なのです。

セカンドオピニオンについて、患者さんや家族向けに説明しているHPはいろいろ見たのですが、患者さんにも送り出す担当医にも、また、セカンドオピニオンをうける医師向けのページがあったので紹介します。

セカンドオピニオンのあるべき姿

登録しないと読めないので要約します。

・患者さんへ
>担当医から病状および治療法に関する説明を受け,理解しておくこと
これができていないとセカンドオピニオンの意味がないですね。

>大切なことは,セカンドオピニオンを受ける目的を明確にしておくこと
具体的には、訊きたいことをメモして持参したりすればよいと書いてます。

その通りだと思います。

>注意点は,担当医の悪口を言わないことです。担当医や現在診療を受けている病院に対する苦情や要望は,その病院のソーシャル・ワーカーや院長/副院長などの病院管理者へ伝えるべきです。セカンドオピニオンでは,自分自身の今後をどうするかに意識を集中すべきでしょう。

中には、セカンドオピニオンでなく担当医とあわないからと転院を希望されるか他もいらっしゃいっますがセカンドオピニオンの意味から外れていますので。

・担当医向け
>快く受け入れることが必要
>患者にセカンドオピニオンの目的を尋ねる
それに応じた資料を準備します。
紹介状には経過,病名,病状,患者への説明内容,推奨する治療の詳細を記載します。外科的切除であれば推奨する術式,化学療法であれば薬剤名,予定投与量,スケジュールの記載が必要です。多忙な外来でただちに準備することは困難ですから,準備できる日時を患者/家族へ伝えておくとよいでしょう。

全くその通りだと思います。

>また,患者がセカンドオピニオンを求める行為と担当医への信頼とは次元が異なるものであることをよく理解しておかねばなりません。
>セカンドオピニオンは医師にとっても貴重な学習の機会であることを忘れないようにしましょう。
まあ、その通りなんですけど若干上から目線でものを言っているような気がしますね。
久保田先生ごめんなさい。

・セカンドオピニオンをする医師向け
>患者の病状認識を把握した後,予後情報も含めた補足説明がしばしば必要となります。
>セカンドオピニオンで注意すべき点は,担当医への配慮,礼儀です。

患者さんがどこまで病状を理解しているかを確認することが非常に大切だと思います。

>「標準治療」の限界について述べ,ガイドラインを盲目的に信用してしまうことへの警鐘
>標準治療以外は意味がないと考えてしまうことは,”Evidence based medicineの落とし穴”とも云えるでしょう。
>すべてのがん種でガイドラインが整備されたとしても,セカンドオピニオンが不要になることはなく,ますますその必要性が高まる

標準治療から外れざる終えない場合もありますからね。

>終末期などで積極的ながん治療の適応がないと考えられる場合は,患者/家族の願いは特に切実です。患者に向き合い,積極的がん治療ができない理由,緩和を今後の治療の目標とすることを説明するとともに,患者/家族の懸念,真の希望を明らかにし,支援することも必要になります。

これも大切だと思いますが、初めてあった方の心の中にどこまで踏み込めるかでしょうね。
ここまではなかなか難しいと思いますけど。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

ようやく根付いてきたセカンドオピニオンですが、時間がかかるのが欠点ですね。

担当医もうける方の医者も。

以前、セカンドオピニオンで○○がんセンターから帰ってきた患者さんと話しをしていたら、今度は○○病院へセカンドオピニオンに行きたいと言われました。

どうも、私が提示した治療と○○がんセンターの提示した治療が同じなのがイヤだったみたいで。

さすがに、セカンドオピニオンでなくサードオピニオンですよ。

あなたが希望する治療をしてる病院は怪しげなところしかないと思いますよ。

とまで言ってしまいました。

やっぱり、セカンドオピニオンはありでもサードオピニオンはなしでしょう。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
サードオピニオン取った話はよく聞きます
>どうも、私が提示した治療と○○がんセンターの提示した治療が同じなのがイヤだったみたいで。

こういう患者さんは、セカンドオピニオンを受けるのではなく、自分の希望を受け入れてくれる病院を探しているのだと思います。
それまで探し続けるのでしょうね。

お医者さん任せで自分の考えのないのも困りますが、自分の考えに固執してしまうのも危険ですね。
2009/04/03(金) 15:09:09
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
>サードオピニオン取った話はよく聞きます

そうなんですか?
ビックリです。

私の患者さんでは、一人しか知りませんでした。

正直、医療資源の無駄使いだと思います。

>自分の考えに固執してしまうのも危険ですね。
その通りですね。
2009/04/04(土) 08:40:18
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
サードしました(*^_^*)
お晩です(^-^)
PCは新しくなったのでしょうか??

機械は替えがききますが、Dr.よっしーは代えがありませんから、無理せずに顔晴って下さいね(^o^)

・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・:

さて、、わたくしも、「サードオピニオン」までしました。。。資源の無駄遣い派です(笑)


○明にセカンドさ行き、そこでのDr.から提示された治療を第一希望に上げたのですが…「聞いたことのない(医師)名前だ。。教科書通りの事しか書いて無い。。」と取り合って貰えず、、『別の病院さ行きたい』も相手にされず、、。。
でっ、何を云うのかと思ったら「カツラ準備して」…絶句して、涙が(T_T)



食い下がって×2、、、「僕の後輩が…何チャラ云々」と始まったので、、『そこにサードオピニオンに行きます!』と成りました。

(未だに出身校や医局の繋がり。。でっかぁ(T^T))と心の声を飲み込みました。


疲れ果て、、混乱しまくり…サードのDr.に開口一番『抗がん剤しますよ』って云ったら、、「何故??ホルモン剤が使えるのに」と。。。

『(サード)Dr.の先輩医師である主治医が(サード)Dr.が勧めてると云ったから。。。』

(しばしの沈黙…でした(笑))


サードのDr.とセカンドのDr.の提示してくれた治療は同じでした。。

そこで、『もう戻りたくない。。でも、ここ(サード)は雪が降るので通えるか不安。』『別の病院さ行くのも、断られてる』と話たら、サードのDr.が紹介状を書いてくれました。。
「ダメだったら、診てあげるから戻っておいで」のお言葉付きで。。。。。
(もしもに備えて、Nrsからの入院の説明。。病室の空き状況check付き。。)



あれっ(・・;)今の病院はフォース!?ですわっ。。(爆)


完全に無駄遣いですね(^^ゞ


ちなみに、今の(フォース)病院には患者会が無いので、サードの病院には患者会に混ぜてもらってます(・∀・)


□■□■□■□■□■□

地元では若い方は殆ど市外や県外に出ます。。

[セカンドオピニオン]と云う言葉を発しただけで怒ったり、紹介状を書いてくれなかったり、データーを貸してくれなかったり…。。。

同じ日本で…地方・田舎の格差を身をもって感じてます(´・ω・`)



ガーネットさんの云われるよーに、『サードオピニオン』までは行く方は多いんじゃないかと思います。。

私の周りでも、3つ目、4つ目の病院って方、少なくないです。。
(相性もあるんでしょうが…。。。)


長文、失礼しました<(_ _)>


それでは☆
2009/04/04(土) 21:14:18
URL | TSUKUYOMI #-[ 編集 ]
>TSUKUYOMIさん
ありがとうございます。
無理せず頑張ります。

地方格差に関しては、あまり実感したことがなく勉強になりました。

それなら、サードも仕方がないかと思いますね。

ただ、TSUKUYOMIさんがサードとかフォースと言っているのは転院がメインなのでオピニオンを取りに行っているのではなくてTSUKUYOMIさんにとってよりよい環境、状況で治療できる病院を求めているわけですから、厳密に言うとセカンドしかしていないように感じます。

ただ、もともとの担当医が古い考え方であったんでしょうね。
2009/04/05(日) 09:02:00
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
なる程!!
お晩です(^-^)


厳密に云うと私は「セカンドオピニオン」までで、医療資源の無駄遣い派では無い。。のですね(^^ゞ
なる程です。。



【考えナシも固執し過ぎもダメ…難しいです。。。】




ただ…私、「メタ決定」なら転院するつもりは無かったんですよ。


『遠隔転移=QOLを維持しながら、近場で息の長ーい治療』が私の考えでした。。



全てがプラスで使えるクスリがまだまだ有るのに、『何故?QOLを下げなければイケないのか!?』


バリバリ昔気質の外科医(屋)だけど、『ナンとかなるか!?』、、、色々あったけど、それでも『長くなるな』と腹をくくり、、『この病院と一生お付き合い』を覚悟してたんです。。



それが…。。
サードDr.と話してたら…なんか、、『私の命は誰のモノ??』って、、分からなくなり。。。

それと…サードDr.も、、「これ位の治療なら、E先生(元主治医)でも出来るはずだよ。」と困ってたし。。
「僕の後輩が…。。」って云ってたのに、セカンドのDr.と同じ治療を提示して…先輩後輩の関係、マズくない??と妙な気を回してしまって(*´д`*)



『戻りたくない』って…口走ってたんです(笑)


結果オーライ(o^-')bでしたが、サードのDr.には感謝と悪いことしたと思ってます。。


♪よっしー先生は先輩後輩。出身校。医局。etc.のしがらみで、勘弁して!と云う経験はした事ないですか???♪



□■□■□■□■□■□


元主治医には診察時に、、質問や資料(ネット情報や論文。本:がんサポートやエキスパートナース、○明のDr.の著書etc.)を持参しては、ことごとく「そんなモノに書いてあるのは、みんなデタラメだ」と相手にされず。。

『肺や肝臓のCTは撮ってくれたが、背部痛や臀部に痺れがある。骨シンチは何故してくれないの?』に「ガタガタと騒ぎすぎ」と云われ…結局2ケ月後に骨シンチして「骨メタ宣告」(;-_-)=3


そんな事やあんな事が走馬灯のように、。

それでも…何とかならないか。。とおもってたんです('-'*)
『長ーい治療、、近くが良いなぁ~。。。治して上げたい。とは思ってくれていて、切るのが好きな外科医なだけで、悪いDr.では無い筈。。話せば分かってくれないか?歩み寄れないか。関係の再構築は?』と。。。

結局、『君と話してると長くなる。他にも患者さんが待ってるんだから、終わりにして』と云われ、、、終わりました(笑)
(難民になるのか?と不安になりました(^^;))


でも元主治医やサードDr.に出会わなければ、、今のDr.にも辿り着けなかった訳ですから、、『感謝』してます。。




【QOL】…これが私にとっての良き医療を求める原動力だったのですね(^o^)
なる程!客観的!!


☆転院を経験した患者は、病状とかが悪くなると、またセカンドと称して、病院を渡り歩く傾向がある。とか!?

私は今の所でギリギリまで通い続けたいと思ってます。。
(100km以上離れていて、看取りは無理なので、看取りは友達にお願いしてます。)



♪よっしー先生は…診察時に質問や資料を持ち込む患者さんには、どの様に対応してますか?
正直…面倒ですか?

遠方の患者さんは診てますか?
遠方の方の看取りはどうされてるのでしょうか?♪


□■□■□■□■□■□

セカンドオピニオンをドクターショッビングと捉える医師も居て…なかなか難しいです。。
「なんか、医師の顔色を見ちゃう。」と、かん友さんは申しておりました。。
気配り目配り心配り…は、分かりますが、、気を使いすぎは。。。

セカンド:当たり前のことになって欲しいですヽ(^^)



今日も支離滅裂な長文でした。
申し訳ありませんでしたm(_ _)m


田舎は桜の蕾が膨らみ、ボチボチ咲き出したとこです。
水芭蕉が見ごろ一歩手前…よっしー先生もお花見Timeがとれると良いですね(・∀・)

それでは☆
2009/04/07(火) 00:21:33
URL | TSUKUYOMI #-[ 編集 ]
医者(患者)との出会いも運命ですよね。

>♪よっしー先生は先輩後輩。出身校。医局。etc.のしがらみで、勘弁して!と云う経験はした事ないですか???♪

たまたまセカンドオピニオンに教授のところに行って、教授が、『次の治療は、○○だ』と言われたときはどうしようかと思いましたw

>【QOL】…これが私にとっての良き医療を求める原動力だったのですね(^o^)
なる程!客観的!!

やはり、QOLは大事だと思いますよ。

>診察時に質問や資料を持ち込む患者さんには、どの様に対応してますか?
正直…面倒ですか?

混んでる外来は正直勘弁して欲しいです。
ただ、時間が十分にあるときはとことんまでつきあってお互いに納得いくまでしゃべりこむこともありますね。

>遠方の患者さんは診てますか?
見てますよ。
>遠方の方の看取りはどうされてるのでしょうか?♪
ご本人さんと家族の方の希望を聞いて考えますよ。

今、桜、大満開です。
2009/04/07(火) 12:28:17
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/381-04284b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。