~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
いい医者と悪い医者 
2009/04/20 Mon 12:59
CATEGORY【診療】
医者にもいろんな医者がいます。

多くは、病気をよくしたいとか患者さんを助けてあげたい、なんとかしたいっていう気持ちで医者になります。

中には、そうでなく医者になったものもいるかも知れませんが。。。

そんな気持ちで医者になっているので目の前の患者さんの力になりたいと日々努力することが多いです。

多くの医者は、ちゃんと治療しないといけない病気に関して一生懸命に治療します。

ただ、

『こんなの医者の仕事じゃないよ。』とか『家で寝てたら治るよ。』と思う病気に関しては冷たい面もあるかも知れません。

とくに、自分の専門分野の病気は診察も丁寧で診断、治療も的確なので(当たり前か)患者さんからの評判もよいことが多いです。

患者さんからの評判がよいと素直にうれしいのでさらにがんばったりします。

すると、さらに評判がよくなったりします。

いい医者としましょう。

困ったことが起こります。

それは、患者さんが増えるということです。

本来は喜ばしいことなのですが、患者さんが増えると忙しくなるとどうしても一人にかける時間が減ります。

そして、今まで出来ていた丁寧な診察が難しくなります。

本来自分が望んでいた、診療とは離れていくのです。

多くの病院では、患者さんの数が多かろうが少なかろうが給与の差はほとんどありません。(経験年数で決まっていることが多いです。)

アメリカのように指名料などあれば患者さんも分散するのでしょうが、誰が診ても同じ値段であれば評判のいい先生に診てもらいたくなるのは普通の心理でしょう。

そして、だんだんと疲弊していって自分の時間がなくなり、自分の理想の診療がしずらくなって悩んだりするのです。

なかには、わざと、患者さんに対してぶっきらぼうな態度をとったりしている医者もいます。

悪い医者としましょう。

そうすることによって患者さんの数を極力減らす作戦です。

患者さんの数が減ると仕事が楽になります。

しかも、給与もあまりかわりません。

さらに、モンスターといわれるような患者さんや家族はなるべく悪い医者にあたらなくなります。

これは、その医者の上司なりが悪い医者に担当させたらもめるかも知れないからほかの先生に診てもらおうと考えるわけです。

そうして、患者さんの多いいい医者は、そんな患者さんを担当するように部長なり院長なりにいわれることが多くなるのです。

説明に時間がかかるのでない時間がさらになくなる悪循環に陥ります。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

今の医療制度は一生懸命がんばって患者さんを診察しても給与面での見返りがないばかりか(一部の病院ではあるそうですが)忙しくなるだけであることが多いです。

ですので、わざと患者さんを減らす努力をしている医者がいるのも事実です。

酒を飲んだ勢いでつらつらと書いてしまいました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
何か悲しい・・
>わざと患者さんを減らす努力をしている医者がいるのも事実です。

これが本当なら悲しいです・・でも、言わんとすることが何となく分かる気もします。
義母が亡くなるまでお世話になった外科の医師が、外来の時と入院中の処置や回診の時とではまるで人が違う印象でしたから。。

もっとも何をもって『良い医者』というのかは患者によって違うと思うんですよね。人あたりが多少悪くても腕の確かな先生がいい人。腕は人並みでも話が上手くて明るい気持ちにしてくれる先生がいい人・・とか。

個人的には・・ 仕事に疲れきってしまった医師は嫌ですが、そういう医師が多いのもまた現実なのかもしれませんね・・





2009/04/20(月) 18:50:46
URL | ダイヤモンドダスト #-[ 編集 ]
往々にして、新規の開業医は熱心ですね。
今の世の中、口コミでみるみる評判が広まりますから。
特に飽和状態と言われる歯科医だと、悪評は致命的です。
今年、渋々通い始めた新設歯科医も、とても人当たりはいいし説明も丁寧です。平日休診日もなく便利。
が、ずっと通うと「?」。
「じゃこれで終了です」「あの~、奥がシミるんですが…」「あ、じゃ次回そこを」。
こんなことが2回もあり、一体どこ診てるんだよ?!と…。

人当たりも大切ですが、最後は腕でしょう。少々感じ悪くてもキチンと治療してくれた方がいいに決まってます。

開業医は特に、商売として成り立たないといけません。
そのためには、客寄せが必要です。腕や技術で信頼を勝ち取る医師であってもらいたいです。

ちなみにかの歯科医。
厚労省の「医師歯科医師登録」に検索かけて出てきませんでした。
まさか無資格や懲戒ではないでしょうけど…。
ウッカリ2年毎の更新を忘れただけと思われますが、そんなことをウッカリするようなずさんな医師じゃ質を疑いますよねぇ。
なので、転院検討中です。

管理人センセも、頑張ってくださいo(^-^)o
内科医を技術で比較はできないですが、説明がわかりやすく端的で、複数の方針(選択肢)を下さるとありがたいですよ。
2009/04/21(火) 02:00:36
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>ダイヤモンドダストさん
悲しいですけど、そうした方が合理的だと正直思いますから。
でも、性格的にそこまで割り切れる人はあまりいませんので。

>『良い医者』というのかは患者によって違うと思うんですよね。
そうだと思います。

その患者さんがいいと思えばそうなんでしょうね。

>女王様
開業医の先生は、たくさん診察すればそれだけ給与に反映されますから。。。

>「じゃこれで終了です」「あの~、奥がシミるんですが…」「あ、じゃ次回そこを」。

これも二つの可能性
・女王様の思うとおり
・本当は、治す必要は医学的には少ないが症状があるので治療をしようと考える場合。

があると思いますよ。
正解はわかりませんが。

>厚労省の「医師歯科医師登録」に検索かけて出てきませんでした。
ビミョーに漢字の一部が違うと出てこないようですよ。もう一度やってみてください。
それでダメなら。
でも、無免許はあり得ないかと。
更新し忘れても、ちゃんと出てくるはずです。

>内科医を技術で比較はできないですが、説明がわかりやすく端的で、複数の方針(選択肢)を下さるとありがたいですよ。

あとは、方針の重要度ですね。

がんばりますよ。また、ごひいきに。
2009/04/21(火) 13:06:26
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/391-505ac512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。