~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
喫煙者のリスク分類 
2009/05/12 Tue 12:24
尿検査で喫煙者の肺癌(がん)リスクを測定

なる記事がありました。

なんだかよさそうと思い読んでみました。

ポイントだけ引用します。

>肺癌を発現した喫煙者246人と未発現の同レベルの喫煙者245人の尿検体を調べ、NNAL(4- [Methylnitrosamino]-1-[3-pyridyl]-1-butanol) と呼ばれる生物学的マーカーが肺癌症例を予測できるかどうかを検討した。

>その結果、NNALやコチニン(cotinine)と呼ばれるマーカーレベルが最も高い3分の1の喫煙者群の肺癌発現率は、最も低い3分の1の喫煙者に比べ8.5倍高かった。

>Yuan氏は「2,3年以内にこの検査の予測能力を完全なものとし、費用は約100~120ドル(約9万7,000~1万1,600円)になる見込みである」と述べている。現時点では、禁煙以外に喫煙者の肺癌を低減させる治療法はない。

>米国疾病管理予防センター(CDC)によれば、米国では、成人の約23%が喫煙者であり、喫煙者は死亡率の最も高い肺癌患者の約87%を占めている。

確かに良さそうな気がします。

尿検査だけで、肺がんになるリスクが高そうかどうかわかるんですから。

んっ!ちょっと、待って!

喫煙者の話ですよね。

ハイリスクの喫煙者の検診を密にする!?

もちろん、喫煙者なら自己負担でならいいですね。

じゃあ、ローリスクならどうどうと喫煙を続けるの?

ローリスクでも当然禁煙すべきですよね。

えっ、そんな検査ダメじゃん。

それ以前に、喫煙は肺がんだけでなく、肺気腫のリスクも増やしますし、その他のがんのリスクも増やすし。。。。。

最初は、いい!と思ったんですけどね。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
せっかくなら
受動喫煙者のリスクを知りたいです。喫茶店とかでもなかなか 完全禁煙のお店ってないんですよね…
2009/05/12(火) 17:25:57
URL | あずき #-[ 編集 ]
喫煙者
私は、一日2箱吸ってます。確かに身体には良くないと思います。自論ですが、酒を飲むと、他人に迷惑かけたり、車の運転、自分でなくなり、六根の汚れがおきます。煙草は、私にとって、精神安定のひとつです。
2009/05/12(火) 20:44:04
URL | 日彦法師 #-[ 編集 ]
>あずきさん
>受動喫煙のリスク
受動喫煙は、部屋の広さなどによって吸い込む煙の密度が変わるのでなかなか評価することは難しいと思います。

過去ログですが、参考になれば

http://tugagu.blog34.fc2.com/blog-entry-210.html

>日彦法師さん
もちろん、喫煙する権利はあると思いますが。

>酒を飲むと、他人に迷惑かけたり、車の運転、自分でなくなり、六根の汚れがおきます。煙草は、私にとって、精神安定のひとつです。

まず第一に、お酒を飲む人がすべてそうであるわけではないですよ。

中には、精神安定の一つとしてお酒がある人もいるでしょう。

日彦法師さんは、他人に迷惑かけるような喫煙マナーはされないでしょうけど、喫煙マナーの悪方いらっしゃいますよね。

他人に迷惑をかけるかどうかは個人の資質の問題が大きいかと思います。

はっきり言えることは、アルコールは、適量であれば体によい場合もありますが、喫煙に関してそのようなデータは一切ありません。

身体に悪いデータは山のようにあります。

出来ることなら禁煙をおすすめします。
2009/05/12(火) 22:23:33
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
リスク、ねぇ
つまり、かかる可能性が高いか低いかってことですかね?
リスクが低いからって発症しないわけじゃないし、今のところ低いからまだ吸えるか~って考えるようじゃちょっと…。

本人が好きで吸ってて、結果としてガンになるのは、自業自得です。
が、伏流煙の被害者は迷惑です。

扁平上皮ガンという、典型的タバコガンで逝った我が父も。 当人は覚悟してたかも知れないけど、そばでさんざん煙を浴びて育った私は迷惑千万です。
間違いなく、喘息の原因は父。

死後、あまりに壁紙が黄色いので、張替を依頼しました。内装屋に「愛煙家がいらしたんですね」と速攻見抜かれました。
恥ずかしいし、父の肺も家族の肺もこんなかよ?ってかなり凹みました。

ガンリスクは低くても、決して安全なわけじゃないですからね。
尿検査なんか要らないと思いますが。

むしろ、かかってしまったらもう慌てて禁煙しても遅いんだと。
しないよりはした方がいいに決まってるけど、やはり取り返しがつかない。
それを、父と清志郎と三木たかし氏で思い知りました。
2009/05/13(水) 17:24:35
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>つまり、かかる可能性が高いか低いかってことですかね?
その通りです。

副流煙の問題も大きいですよね。

>むしろ、かかってしまったらもう慌てて禁煙しても遅いんだと。 しないよりはした方がいいに決まってるけど

全く、同感です。


2009/05/14(木) 11:38:34
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/400-40cee359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。