~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/05/18 Mon 11:46
CATEGORY【診療】
予想通り、新型インフルエンザが広がっています。

私の病院にもそろそろ患者がきそうです。

疑い例は、某高校では100名を超えているそうです。

その高校は、交通の便があまりよくない場所にあり、多くの生徒はバスに乗ってやってきます。

ですので、一気に広まったようです。

渡航歴がない人でも確定例があるわけですから、誰がどこで感染してもおかしくない状況でしょう。

昨日の時点で

>河村建夫官房長官は17日午前、関西地方を中心に新型インフルエンザの感染が拡大していることについて「感染経路を早く突き止め、感染を防ぐために万全を期さなければならない」と述べた。都内で記者団に語った。

とありますが、もう感染経路を突き止めても感染を防げるレベルではなくなっているでしょう。

それに比べたら大阪の橋下知事はなかなかやります。

『大阪府、軽症者は自宅療養を要請  行動計画先取り』
『橋下知事、「新型インフル対応」見直しを厚労相に要請』

>橋下知事は会見の中で、「現在の対応は強毒性の鳥インフルエンザをもとにしており、患者が発生するたびに学校の休校やイベント自粛をすれば、大阪の都市機能はマヒしてしまう」と指摘。
>その上で「今回の病原性は低いのではないかと思っている。病原性、毒性についての知見を示していただきたい」と述べ、18日に舛添厚労相に会い、改めて政府の見解を求める意向を示した。

だって、もう蔓延してますよ。

今さら、感染を防ぐって無理ですよ。

あとは、入院するしないに関する問題ですが、感染症用の陰圧病室(要するに病室の外へウイルスなどださない設計になっている病室)ってあるんですけど。

当然ながら数に限りがあります。

軽症なら自宅待機でしょう。

そうでないと、新型インフルエンザ専門病院がいくつもできるでしょう。

よく考えてください。

そんな病院ができるわけなく、するなら一般病院を転用しなければなりません。

普通の病気やけがも待ってくれませんよ。

どうするんですか?

新型インフルエンザばっかり対応するところが増えたら、ただでさえ少ない救急病院がさらに機能しなくなりますよ。

橋下知事の言うように普通のインフルエンザとしての対応が妥当じゃないでしょうか。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : パンデミック

コメント
この記事へのコメント
時間の問題…
私のところでも 時間の問題かも?という声がちらほらしてます。かかってもそれほど重症化しないみたいですが海外では死亡例もあるので 注意が必要にはちがいなさそうですが…。
2009/05/18(月) 18:21:35
URL | あずき #-[ 編集 ]
もう、日本ならどこでも時間の問題なのは間違いありません。
キットがなくなって調べられない地域からはでないでしょうけど。
2009/05/18(月) 22:00:04
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
橋下は意外と◎
たまにわけわからない駄々っ子みたいな発言もしますけどね。
某都知事とか、我が神奈川県知事より真面目に市民の方を向いてます。
疑惑第一号が神奈川県で出た時の、あの舛添氏に対する逆ギレっぷりに愛想が尽きました。

神奈川は、多分まだ渡航歴で簡易検査をしている。
だから発見してないだけで、実はかなり潜在してるんじゃないかな?中には通院すらしない人もいるだろうし。

高校生に広がるのは、なんとなくわかる気がしますね。
通学の乗り物・教室・部活・塾・バイト・カラオケ・プリクラ・ショップ・飲食店・コンビニ…。
行動範囲が広く、不特定多数が集まる所に群がってますから。
暇で元気で好奇心旺盛なんですね。
社会人なんて、家と職場の往復で目一杯だから、そうそう人ごみをふらつくことがありません。
移動もマイカーの私は、比較的安全かと。

というか。
弱毒性とはいえ、喘息持ちでIgA腎症なのでウィルスは絶対禁忌です。
本当に流行れば私のような病気持ちや高齢者にも感染するだろうし、そうなれば重症化や死亡もあり得ますよね。
出来る限り広めないで欲しいし、専門病棟のない病院に持ち込まないで頂きたいです。

管理人センセがお勤めなのは、大阪でしたね?
まだ怪しい患者さんはいらっしゃらないですか??

うちの方の市民病院も、隔離病棟はありません。
疑惑患者が来たらどうするのか気になるし、患者はどうすべきかもハッキリしてません。
行政の素早い行動力や判断力は、やはり大事ですね。
2009/05/19(火) 01:56:53
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>暇で元気で好奇心旺盛

まさにその通りですね。
しかも、無茶することがありますから。
休校中にカラオケって、医者からしたら許しがたいですね。

疑い患者さんはいらっしゃいます。
今のところ、A型陽性はいないので大丈夫ですけど。

ようやく、水際作戦中止のようですね。
2009/05/19(火) 18:49:16
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/410-abcd32fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。