~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
感染症の大家の意見 
2009/05/21 Thu 12:59
CATEGORY【診療】
岩田健太郎先生って知っていますか?

感染症の大家の先生です。

以前は、亀田総合病院で感染症の専門家として一般臨床で有名な先生でした。

その後神戸大学の教授として招かれました。

多くの教科書や参考書、さらに『麻疹が流行する国で新型インフルエンザは防げるのか』と言う本も書かれている先生です。



しかもまだ若い先生です。

その先生のブログを一度読んでみてください。

未知のウイルスと戦う最前線の現場での苦悩と対策がのっています。

転載よさそうなので転載してみます。

『発熱外来患者さんへ』

平成21年5月20日
神戸大学病院発熱外来
発熱外来を受診された患者さんへ
 受診、ご苦労様です。新型インフルエンザについては大きく報道されていることもあり、さぞご心配だったのではないかと思います。
 新型インフルエンザの緊急対策として、神戸大学病院は神戸市の要請を受けて発熱外来を開設しました。通常、診療室ではないところを使用しており、また緊急の開設だったこともあり皆様にはご不便な点もあったかもしれません。今後の改善に役立てたく思いますので、ぜひ忌憚のないご意見をお聞かせください。
 さて、発熱外来は新型インフルエンザ、とくに入院の必要な重症患者さんを早期に発見し、治療に結びつけることを目的にしています。そのため検査も行いますが、検査だけが新型インフルエンザの診断に必要なわけではありません。検査は鼻や喉を長くこすって行う、あまり快適な検査ではありませんし、検査キットにも数に限りがあります。医師が必要ないと考えた場合は検査を行わない場合もあります。どうかご了承くださいませ。
 医師がお願いした場合は、他人に感染症をうつさないように7日程度自宅にて外来を控えていただくかもしれません。これは新型インフルエンザであっても他の感染症であっても他人にうつさない配慮です。その間、症状がよくなっているかの確認で、当院感染症内科医師が電話でご連絡差し上げることがあります。
 一度帰宅となっても、息が苦しい、症状がどんどん強くなるなど不安な点などがありましたら、下記までご連絡ください。場合によっては再受診が必要なことがあります。
 自宅での療養方法、家族の健康を維持するための方法については別紙にまとめました。ご帰宅になったらお読みください。
 その他、ご心配なことなどございましたら、最寄りの職員まで遠慮なくお問い合せください。
            発熱外来担当 感染症内科診療科長 岩田健太郎


自宅療養中の健康管理方法について
感染症内科 岩田健太郎
1.水分を多めに取り、可能なら食事もきちんととり、栄養管理に努めましょう。
2.充分な睡眠を取りましょう。
3.よく手を洗いましょう。
4.咳やくしゃみをするときは、手やティッシュで口をふさぎましょう。そのときは手をこまめに洗いましょう。ティッシュは丸めてゴミ箱に捨ててください。ゴミは普通の燃えるゴミに捨てていただいて構いませんが、家人がゴミに手を触れたときはよく手を洗いましょう。ゴミからインフルエンザに感染する可能性はとても低いです。患者さんが吐いたり下痢をしたときは、マスクをつけてその処理をした方がよいでしょう。そのときもしっかり手を洗ってください。
5.患者さんのお世話をする人数は少ない方がよいでしょう。お世話のときはマスクをしてください。
6.患者さんも他の家族と接するときはマスクをしましょう。ひとりでいるときはマスクをしなくても結構です。
7.はし、コップなどの食器は共有しないでください。普通に洗えばそこから感染する可能性はとても低いです。
8.患者さんの衣類は普通に洗濯してください。脱いだ衣類をさわったら手を洗いましょう。洗濯したあとの衣類からは感染しません。
9.体温は1日2回程度測りましょう。熱は大抵、数日続きますので、受診翌日熱が下がらなくてもそんなに心配しなくてもかまいません。
9.患者さんの言っていることがよく分からなくなった。体温が急に変化した、息が苦しくなったなど症状が新たにでてきたら危険信号です。お子さんでしたら、いつもと様子が違う、という親御さんの直観も頼りになります。そういうときは発熱相談センターなどに相談されるのがよいでしょう。
10.症状が始まってから7日経ち、症状もおさまってきたら日常生活に復帰し自宅療養を止めてもよいでしょう。もし7日経ってもよくならないようだったらご相談ください。




上記の内容は一般の方に是非とも知っていただきたい内容です。

前日のブログにも医療関係者にも是非知っていただきたい内容があります。

『専門家チームでのコメント』

こちらも引用してみます。

新型インフルエンザウイルス対策から、新型インフルエンザ対策へ
神戸市はあの震災を乗り越えたタフな街です。その神戸市があっぷあっぷになって喘いでいます。
インフルエンザは、ほかの病気同様、重症なものと軽症なものがあります。重症なインフルエンザは由々しき事態で全力をでの医療が必要になります。軽症者は自宅で安静にしていれば自然に治ります。本来、インフルエンザは自然に治る病気なのです。
したがって、新型インフルエンザに対して、その重症度を無視して、一律の医療サービスを提供するのはいかにも理にかなっていないことです。無限の泉から医者や看護師が湧き出てくるなら話は別ですが、この日本はずっと前から医療崩壊に片足を突っ込んでいたのです。
神戸大学病院では循環器など他科の先生もご協力いただき、全力でこの問題に取り組んでいます。しかし、鼻水、のどいただけで自然に治る病気に入れ込み、命にかかわる心筋梗塞の治療がおざなりになるのは、本末転倒です。
インフルエンザとは本来、病人/患者からアプローチすべきものです。世界の専門家はすでに気道感染症として病原体から切らないまっとうなアプローチをしています。RSウイルスもコロナウイルスもインフルエンザウイルスも原則的なアプローチは同じなのです。
日本は古来病原体からのみ感染症を扱っていました。感染症法がその象徴です。しかし、同じ病原体でも患者によってアプローチは異なるのです。患者中心の医療とはそういうことなのです。「患者中心」とは、単なるスローガンではないのです。
我々日本の医療者も、すぐに病原体探し、まずは検査という病原体中心の医療を行ってきました。それを真摯に反省しなくてはなりません。行政だけがけしからん、と主張したいのではないのです。しかし、この危機を乗り越えるとき、指定感染症の規制が現場を苦しめていることもまた事実です。
検査、治療、入院/外来サービスの提供は患者の状態から決定されるべきです。病原体だけがそれを規定してはいけません。臨床現場とはもっと柔軟でしなやかなものです。
H5N1の致死的なインフルエンザが消えてなくなった訳ではありません。1918年のパンデミックも第一波は軽症でしたが、夏に消えて冬に戻ってきました。もし、このような真に恐ろしい感染症が神戸にやってきたら、我々はぶっ倒れてしまうでしょう。
我々も全力でがんばります。この国とそこに住む人たちのために全力を尽くします。ですから、ぜひ我々が道半ばでダウンしてしまわないよう、皆様のお知恵とお力をお貸しください。




当たり前ですが、専門家でも情報収集をして常に新しい情報を仕入れていかなければならない状況なのです。

完璧な対策など、たてられるわけもない状況なのです。

ただ、どうも感染しても命に関わる可能性がある方は少ないようです。

不安を感じるのが当然ですが、必要以上に不安になっても仕方がないのです。

少なくとも普段から何らかの病気で通院しなければならない方以外は、おそらく一般のインフルエンザと何ら変わることはない程度ものもでしょう。

岩田先生のブログも今後注意して見てください。

私は感染症の専門ではありませんが、岩田先生の情報は、マスコミの情報より正確であることは当然として、厚労省の情報よりも信じるに値するものだと考えています。


『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


東京でも出ましたけど、今さら濃厚接触者17人の追跡調査をってやってますけど。。。

そんなことしても無駄ですから。

もう、十分広まっていますよ。

神戸なんてもう、調べていないんですよ。

国内での人人感染は、ないっていうのはどうなの?

誰も信じないでしょうね。




コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
そうなんです。本当に私たちが必要としている情報は、不安を煽る内容ではなく、具体的にどうしたら良いのかということなんですよね。

品薄になったマスクを探し回ることよりも、水分とバランスのとれた栄養を摂ることのほうがずっと大事なんですね(*^-^)
2009/05/21(木) 14:51:54
URL | ダイヤモンドダスト #-[ 編集 ]
なんだかなーなマスコミ。
別に比較するわけではありませんが 今朝テレビ見ていたら マスクや消毒薬が店から消えたとかで騒いでいました。それは まあいいとして これらがインフルエンザ予防に効果がどれほどあるのか?について全くと言っていいくらい触れていませんでした。いたずらに不安を煽って パニックを招くのでは?と気になりました。こうなったら マスクが無くても予防ができる方法を情報として流すほうがいいと思うのですが。
2009/05/21(木) 19:24:50
URL | あずき #-[ 編集 ]
岩田先生のお話、先ほどニュースで拝見しました。

患者から診る、とは、
患者さんの重症度で必要な検査や治療を選択する、
ということですよね。

母親の直感、熱があってもぐったりしていなければ腹を決めて看護する、ということ、きっと少し前の母親はそうだったのでしょうね。できるだけ、心してはいるものの、

3才の長男と、
末期ガンの父
「感染弱者」を抱える我が家としては
東京も数日間は活動休止にしてほしい、と願ってしまいます。

2009/05/21(木) 22:39:33
URL | くろすけ #-[ 編集 ]
追加で、知りたいこと
新型インフルエンザウィルスは濃厚接触があっても健康体なら発症せず体内でウィルスをやっつけられるのでしょうか?

普通の風邪と見て病院に行かず、市販の風邪薬や解熱剤を使用した場合の悪い作用は?

また、タミフルなどを飲まず休養で自然治癒もあるのか?

こんなことをニュースで説明してくれたら。

新型だけに、わからないのでしょうか?
2009/05/21(木) 22:50:34
URL | くろすけ #-[ 編集 ]
>ダイヤモンドダストさん
>不安を煽る内容ではなく、具体的にどうしたら良いのかということなんですよね。

>あずきさん
>いたずらに不安を煽って パニックを招くのでは?

そうなんです。
マスクがないとマスコミが煽るからネットで高値になります。
マスクがなくても手洗い、うがい、口や鼻や目に手を持って行かないようにしましょう。でいいんですよ。

>くろすけさん
>新型インフルエンザウィルスは濃厚接触があっても健康体なら発症せず体内でウィルスをやっつけられるのでしょうか?

わからないですね。
可能性はあると思います。

>普通の風邪と見て病院に行かず、市販の風邪薬や解熱剤を使用した場合の悪い作用は?
大人の場合は特に問題ないと思います。
小児の場合は、ライ症候群なるものがあるので注意が必要です。
ライ症候群はググってください。

>タミフルなどを飲まず休養で自然治癒もあるのか?
ほとんど、自然治癒すると思います。

ですので、岩田先生の言葉になるわけです。

もちろん、新型は今までのインフルエンザと全く異なればわからないが正解ですけどね。
2009/05/21(木) 23:31:48
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
もはや
なんというか、手のつけようがないでしょうね。
水際も機内検査もあまり意味がなかったようだし。

神戸はもう、精密検査なしにするようですが。とするとWHOへの正確な報告は出来なくなりますよね?
どうするんでしょう。

東南アジアやアフリカ大陸が0なのは、そういうことなのかな?
あまり病院に行かなかったり、細かい検査をしてなかったり。

テレビだと番組によって違います。
トイレ等のドアノブを拭くよう説明してたのは、ちょっと苦笑しちゃいました。
HIVの出始めやB型肝炎もそうでしたが、伝染病というとどうしても日本人は過剰な反応をしてしまうんですね。
「寄るな・触るな」みたいな差別にならなきゃいいんですが。

ところで。
岩田教授ってお若いんですねー!
教授というからには50才そこそこかな、と思ってたのですが。
検索してビックリしました。
まだ医師になって10年ちょっととは。まだ30代ですよねぇ。
華麗なる経歴というか、エリート街道まっしぐらというか…。
記事よりプロフィールに釘付けになっちゃいました(笑)。
こんなに感染症に関わってて、ご自身が感染しなきゃいいけれど。

でも。
医師の値打ちは、研究や肩書きじゃなく臨床経験の豊富さだと、患者は感じてます。
たくさんの患者と接して、接し方やリアルな症状を実感してる医師の方がありがたい。
理屈じゃないことも山ほどありますからね。
偉くなって忙しくて、ほとんど回診に来られないようじゃ困ります。
大学病院という組織では仕方ないんでしょうけど。

何はともあれ、「騒動」や「パニック」はさっさと終焉して頂きたいです。
2009/05/22(金) 03:22:01
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>神戸はもう、精密検査なしにするようですが。とするとWHOへの正確な報告は出来なくなりますよね?

だって、インフルエンザキット陰性の型はPCRしてないからすでに正確な報告はできてないですよ。

医療資源を無駄遣いしないようにしただけのことでしょう。

>岩田教授ってお若いんですねー!
若いですよーん。

>何はともあれ、「騒動」や「パニック」はさっさと終焉して頂きたいです。
そうですね。
マスコミの報道次第だと思いますよ。
2009/05/22(金) 11:54:54
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
よっしい先生、ありがとうございました

今電車内ですが、東京ではマスクが品薄のこともありしている人が1割くらい、
高校生たちはお弁当を食べている始末です。

なんら、日常と変わりません。
2009/05/22(金) 12:28:14
URL | くろすけ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/413-404a06cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。