~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
立場の変化 
2009/06/16 Tue 17:50
最近、自分の立場が変わってきたことを痛感します。

研修医時代は、ただただ、労働戦力として、頭を使うことはあまりなく、体を動かして、動かして、気がつけば夜の8時で、それからカルテを書いていました。

病気や治療の勉強というのは、担当した患者さんを通じて経験したり、本を読んで勉強したり、当直にいって次にどんな患者が来るかをドキドキしながら当直医マニュアルなるものを読んで身につけました。

詳細は、
『はじめての当直1』
『はじめての当直2』
でどうぞ。

正直、知識や手技は習うより慣れろみたいな感じでした。

ですので、経験の少ない手技などは不安になったりしたものです。

そんな内科全般の研修医時代が終わり、呼吸器内科への道を選びました。

そこでも、習うより慣れろみたいな感じで勉強していました。

当然、一番下っ端ですので、手のかかる患者さんや緊急入院の患者さんなどがよくあたります。

勉強もしないといけないですし、忙しいかったです。

そのかわり、学会発表の仕方や論文の書き方などを教わりました。

だんだんと自分の仕事ができるようになると、医者の仕事ややらなければならないことの範囲がわかってきます。

仕事をこなしているうちにだんだんと一番下っ端の立場ではなくなってきました。

院内の勉強会の講師などをするようになり、後輩に物事を教えたりすることもありました。

そして、研修医の指導などもするようになりました。

仕事も少し余裕を持ってできるようになりました。

そのあたりでブログをはじめた訳なんですが。。。

最近は、呼吸器を専門にしようとやってきた医師への指導、学会発表などの手助け、院内の委員会、会議への参加などもするようになりました。

昔と比べて立場がずいぶん変わったなぁと実感しております。

今後もまだまだ立場は変わっていくのだろうとは思いますがふと昔を思い出すと感慨深いものがあります。

その立場立場で、忙しさの質が異なります。

この仕事は、一生勉強でありたえず、新しい知識を仕入れていかなければいけません。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

実は、ブログ書く時間減ってきたんですよね。

そのためのいい訳エントリーでした。

更新の頻度は落ちるかも知れませんが続けていく予定です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
これからも。
私が好きなカテゴリーは「人生いろいろ」です。なぜかというと、この話の中に登場する人の多くは、有名人でもなんでもない普通の人たちです。

人は自らの死を意識すると、「自分が死んだら、忘れ去られてしまうのでは?」という不安や恐怖感に襲われると聞きます。

でもそうではなくて、自分のことを覚えている誰かがこうして、伝えてくれることもあるよ、あなたが生きていた証を伝えてくれる、話してくれる、そんな人がいるかぎりあなたが生きていたという記憶がこの世から消えてなくなることはないんだよと。

人は一人で生きているのではなくて、誰かと関わって生きているのだから。あなたの生き方が関わった多くの人に、少なくとも影響しているのだから。それがある限り、あなたが生きていた証が消えて無くなることはないんだよと。

たとえ、自分の記憶は全て消えてしまったとしても
…。

ということで、更新は減ってもこれからも続けて下さい。
2009/06/16(火) 19:53:32
URL | あずき #-[ 編集 ]
お疲れさま・・・ですね。
だんだんと上の先生へとなっていかれるん
ですよね、日々勉強との両立で。
よっしぃ先生自身のお身体も心配になり
ます。
ブログの更新は出来るときにやってください。
決して無理はなさらないでくださいね。
(私は自分の担当の先生のことも心配っ!)
2009/06/16(火) 21:10:55
URL | まるみ #-[ 編集 ]
人生いろいろ
今日は よっしぃ先生の人生を垣間見た気分になりました。 テヘッ(*゚ー゚)>
どんな仕事でも中間管理職は上と下の板挟みで苦労しますね。

ブログの更新は無理なさいませんように。ときどきお邪魔いたします。
2009/06/16(火) 21:14:39
URL | ダイヤモンドダスト #-[ 編集 ]
>あずきさん
人の数だけ生き方があるんですから。
今まで、いろいろな方の最期を見てきましたが同じものはありませんでした。

そして、いろいろと考えさせられてきました。

まだ、続けたいと思っています。

>まるみさん
もちろん、ブログは副業!?ですからね。
本業第一で。
でも、できるだけはしてみたいと思っています。

>ダイヤモンドダストさん
立場が変わって、誰でも出来る雑用なんかが減ってきてます。

でも、別の仕事がぁ。。。。
2009/06/17(水) 13:01:41
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
「はじめての当直」が(笑)
先輩がすごく面白いですねー。
関西弁だとちょっと軽さが笑えます。
なんとなく「ブラックジャックによろしく」を思い出してしまいました。

不思議なことに、同じやり取りを関東の言葉(標準語)で描くと、ただのいい加減でテキトーな先輩に感じますから。

ま、それはともかく。
何の仕事でも研修はありますし、その最初の一歩は大切です。
初めてなのだから、わからないことやミスもあるでしょう。
自分の未熟さや無力さを痛感したり。

その中から、何を学んで何を感じるかが、後々の自分の支えになり、方向性を決めることになるんですよね。
お医者さんなら、素早く正確な判断が必要ですからなおのこと。
ちょっとした判断ミスが命に関わる場合もありますし、そうなれば「研修医だから」なんて言い訳は通らない。
怖い、ですね。

年齢や経験を積み、教える立場になると改めて勉強になることもたくさんあります。
そういえば慣れて手抜きしてたな、って反省することとか。
自分の仕事を見直すいいきっかけになったりしますよね。
すべき事が増えて大変でしょうが、頑張ってください。

癌患者は減らないし、どう闘病したいかの選択肢も増えてきました。
治療法も日毎に多様化してくるでしょう。
いくつかの方向を提示してくれる医師だとありがたいし、「自分らしい生き方」を理解・尊重して頂きたいと…。ワガママですけどね。

ブログも、ボチボチで構わないので(笑)続けてくださいね。
特に「人生いろいろ」楽しみにしてますので。

よっしーセンセのブログを読んで、医師と患者の間の高く分厚い塀が少し下がって、金網くらいになった気がしました。
感謝しながら期待しております(^^)v
2009/06/18(木) 01:45:43
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>ちょっとした判断ミスが命に関わる場合もありますし、そうなれば「研修医だから」なんて言い訳は通らない。

そうなんですよね。
研修医でも医師なわけですから。

>癌患者は減らないし、どう闘病したいかの選択肢も増えてきました。
治療法も日毎に多様化してくるでしょう。
多様化しているために説明に時間がかかるようになってきました。
もちろん、患者さんや家族によるんですけどね。

特に外来の時は、せめて20分以内に終わってもらわないと仕事にならなくなります。

>医師と患者の間の高く分厚い塀が少し下がって、金網くらいになった気がしました。
一人の方にでもブログの目的が達成できているのがわかりうれしいです。

金網ならお互いの顔を見て会話もできますしね。
2009/06/18(木) 13:04:02
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/425-f224051d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。