~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
MAC症 
2009/07/14 Tue 12:13
CATEGORY【診療】
約束通り、MAC症のお話です。

よくわからない方はNTMを先に読んでください。

まず、MAC症の診断基準をあげます。


A. 臨床的基準(以下の2項目を満たす)

1.胸部画像所見(HRCTを含む)で、結節性陰影、小結節性陰影や分枝状陰影の散布、均等性陰影、空洞性陰影、気管支または細気管支拡張所見のいずれか(複数可)を示す。ただし、先行肺疾患による陰影が既にある場合は、この限りではない。

2.他の疾患を除外できる。

B. 細菌学的基準(菌種の区別なく、以下のいずれか1項目を満たす)

1.2回以上の異なった喀痰検体での培養陽性。
2.1回以上の気管支洗浄液での培養陽性。
3.経気管支肺生検または肺生検組織の場合は、抗酸菌症に合致する組織学的所見と同時に組織、または気管支洗浄液、または喀痰での1回以上の培養陽性。
4.まれな菌種や環境から高頻度に分離される菌種の場合は、検体種類を問わず2回以上の培養陽性と菌種同定検査を原則とし、専門家の見解を必要とする。
  以上のA、Bを満たす。



要するに画像がMAC症を疑う画像でタンの検査なら2回、気管支鏡(肺カメラ)の検査ならば1回M.intracellulareイントラセルラーレもしくは、M.aviumアビィウムを検出すればいいのです。

気管支鏡ならまず確実だけど、水や土の中にいるのでタンの検査では2回出てこないと信用ならん。ということでしょう。

診断がつきました。

さて、治療をとなるのですがここで大きな問題があります。

なぜか?

まず、薬剤感受性検査(薬がその菌に対して有効かどうかの検査)が当てにならないと言われています。

ちなみにクラリスという薬剤のみ感受性をみた方がいいと言われています。

結核であれば薬剤感受性の結果をみて治療薬を決めるんですけど。

標準的な治療は、結核薬であるリファンピシン+エタンブトール+クラリスがよく用いられます。

他にもニューキノロン系薬剤やリファブチン、ストレプトマイシンなどを使うこともあります。

治療の問題点はいくつかありますので下にあげます。

・副作用が多い
肝障害、アレルギー、皮疹などの頻度が高いです。

・治療期間が長い
排菌陰性化後1年程度の内服が必要とされています。

多くの場合、1年半から2年の治療期間が必要です。

結核だと半年から9ヶ月の治療でいいんですけど。

それだけ治療をしても約70から80%しかよくなりません。

しかも、半分以上の方が再発します。

ですので、治療を行わないことが多いのです。

また、治療を行わない理由の一つに進行が非常にゆっくりな事が多いのです。

5年経ってもほとんど変化がないとか、

一時的に悪くなっても、様子をみていたらよくなってきたりとか。

気をつけないといけないのはごくまれですが、急に悪くなることがあります。


わかりましたか?『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

ほんと、MAC症って不思議な病気だと思います。

あなたなら治療しますか?

わたしは、なったとしてもよほどひどくならなければ治療しません。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
分かりました
すごく簡単に言えば「結核もどき」…結核に近い菌で症状も似てるけど

・他人に感染の危険性は無い(隔離の必要はない)
・結核と比較して難治性であるけど病気の進行は比較的遅く急変することはまれである
・稀であるけど急変の可能性に注意する必要がある

…治療の必要性は低い(かもしれない)けれど経過観察の必要はあるというところでしょうか?
2009/07/14(火) 20:24:03
URL | あずき #-[ 編集 ]
はい、経過観察は必要ですね。
結核もどきと言うか出来る場所も違うし、別の病気と考えたほうがいいんでしょうね。
2009/07/15(水) 12:55:37
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
結核とは違う病気
なのに症状が似てるというのは不思議ですね。

そう言えば結核で入院してお騒がせ?したお笑いタレントの箕輪はるかさん、でしたっけ、…先日テレビ出てましたよ。

2009/07/15(水) 21:11:57
URL | あずき #-[ 編集 ]
>なのに症状が似てるというのは不思議ですね。
肺に影が出るのは同じですので似た症状は当然だと思いますよ。
2009/07/16(木) 12:07:37
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
言われてみれば
そうですよね…汗。
2009/07/16(木) 19:09:35
URL | あずき #-[ 編集 ]
肺MAC
肺MACと診断がつき、半年薬をのみました。肝機能が悪くなり、薬をやめて四ヶ月。経過観察中です。病名がつき、のんびり生活するようになりました。昼寝をしても家族にいいわけができるのが、うれしい、かな。
2010/02/21(日) 17:25:22
URL | みゆき #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/437-05411a54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。