~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
健康食品の意義 
2008/09/26 Fri 19:03
m3のブログに去年の10月6日エントリーした記事です。




今まで、抗がん剤、その他の薬についてお話ししてきました。
基本的には、健康食品に関してよい話しをしてこなかったと思います。

しかし、中には有用な健康食品もあるようです。エビデンスのしっかり出ているものもあります。

以下、がん関連の健康食品についてのお話しです。

残念ながら、がん関連にはエビデンスのしっかりしたものはないみたいです。

エビデンスレベルC(不確かな根拠がある。もしくは、相反する根拠がある。)クラスがもっとも信頼性のある健康食品です。

このクラスに分類されている健康食品には、アロエ、紅茶、緑茶、朝鮮人参、大豆、ニンニクなどまで分類されています。

がん患者さんが好んで買ってくるキノコ関係の健康食品などはほどんど入っていません。

私は、患者さんから『飲んでいいですか?』と聞かれたときに

『今から、治療が始まります。併用すると副作用が強く出る可能性があります。だから、今はやめときませんか。』

『せっかく、効果があった場合に何らかの副作用が出て抗がん剤か健康食品か原因がわからなければ、両方止めて様子を見ないといけませんよ。』

これで、初回治療の患者さんはほとんどやめます。

もちろん、それでもいいから使いたい人には無理矢理やめさせるようなことはしません。

では、意義はどこにあるのか?

ここからは、個人的な意見ですので。

一番の意義は、ギアチェンジの後です。

ギアチェンジの話しをしてほとんどの方は頭で理解するのですが、やはり、何かしておかないと不安に感じてしまう方が多いのです。

その理由は、日本に宗教が根ざしていないことだと思うのですが。

困った状況で頼るものがないので出来るだけの治療をしたい。となるような気がします。

本当に、精一杯の治療は体にとっても負担になり厳しい。
そう言うときに、健康食品に頼る。

もちろん、ほとんどの方は、過度の期待はしていません。
『自分ががんと戦っている。』
その気持ちも大切だなって思います。

それで、充実した時間を過ごしている患者さんを見ると健康食品もすてたもんじゃないよね。って思います。





健康食品の意義わかりましたって方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

健康食品関連の第3弾です。

コメント
この記事へのコメント
健康食品は捨てるべし
”癌に効く健康食品”など、霊感商法と全く同じ。

有難がっている理由は、”健康食品使わないと死ぬぞ”という恐怖心から。
根拠のない恐怖心は誰が植えつけたか?
これはヒトデナシの健康食品屋。

自分が癌と戦うのに、ヒトデナシの協力が必要だろうか?

霊感商法で押し付けられた壺や札も、怯えたものにとっては、捨てるのは恐ろし
かろう。だが捨てるべし

ヒトデナシがおバカさんに健康食品を売りつけると、不幸の手紙のように、ヒト
デナシの商品を買わないと”癌で早く死ぬ”ような恐怖を周りに撒き散らす

癌が治った暁にも、ヒトデナシに騙されたおバカは、医師の治療を忘れて、癌に
効く健康食品を有難がる有様。面倒を見る気が失せます。

同時にヒトデナシの健康食品屋は、通常の癌治療のウソ八百の有害情報を撒き散
らします。

健康食品に対する寛容は、ヒトデナシの増殖に繋がります。

私は、決してヒトデナシの健康食品屋を許しません

2008/02/15(金) 08:31:26
URL | Med_Law #-[ 編集 ]
確かに、人の弱みにつけ込むような人々はたくさんいらっしゃいます。

中には、まっとうな値段で心の支えになっているような健康食品もないことはありませんので、はなから全否定はしないようにしたいと思っています。

ただし、効果があったと思う健康食品にであったことはありません。
値段もそこそこで心の支えになれば悪くはないかなとも思います。
2008/02/15(金) 15:30:48
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
ゴミの無駄は∞
>まっとうな値段で心の支えになっているような健康食品もないことはありません

そんな『癌に効く健康食品』など存在しません。

対効果費用(=取得費用/効果)で考えると、効果がない(効果=ゼロ)だから、対費用効果は∞。

藁しべが心の支えだとして、その藁しべのための費用捻出のため、他の支出が削られるのが庶民。

インチキ療法の呪縛から解いてあげるのもプロの務めだと思う。

金銭的なものだけではなく、ヒトデナシは患者を騙すのに脅迫、偽情報、通常医療に対するデマを吹聴する。
このヒトデナシの栄養源が”心の支え”を要する弱者。弱者がヒトデナシと同じことをして、更に弱い人から上納金を巻き上げる、こんな悪の連鎖を断ち切らねばなりません。

ゾンビにやられたものはゾンビ
オームを信じるものはオーム
情け、容赦は必要ありません
2008/02/15(金) 16:56:21
URL | Med_Law #CmVSJDMo[ 編集 ]
もちろん、がんに効くとは思っていません。

ギアチェンジ後、何かがんに対してしていると言うことが患者さん自身の満足感となっていることがあります。
要するになんでもいいのです。

極端な話し、1日10分笑うとか、神棚に手を合わせるとかと同じレベルです。
ですので、その程度の意味合いならそこまで否定する必要性はないような気がします。

もちろん、法外な金額であったり、強迫まがいのことは許すわけにはいかないですけどね。

抗がん剤など使用している場合は、もちろん使わないように指導します。
2008/02/15(金) 17:39:01
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/45-754c7b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。