~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
10年の歳月・前編 
2009/10/05 Mon 13:16
10年以上仕事をしていると、やはり、10年前は昔だなぁと思うことがあります。

医療を取り巻く環境は、ずいぶん変わりました。

診療においても変わってきています。

例えば、がんの告知。

10年前は、肺がんの患者さんに肺がんと言わずに抗がん剤治療をしたり放射線治療をしたりする病院もありました。

もちろん、家族の方には言ってましたよ。

患者さん本人には、『肺化膿症』とか『肺真菌症』などという病名を伝えて、

『ガン化するかも知れないから抗がん剤治療をしましょう。』

とか

『この病気には、電気治療がいいんですよ。』

なんて、言いながら放射線治療をしたりしてました。

もちろん、治る見込みのない患者さんにも

『大丈夫ですよ。きっと、よくなりますよ。』なんて言いながら。

でも、ほんとにこういうしかなかったんです。

医者だって、こんな言葉言いたくて言ってるわけではなかったんです。

当時、私は研修医だったので上の先生の言うことに反対することもできず、嘘をついてまで治療をするのが心からイヤでした。

治らないのに治ると説明して頑張らせる治療が

なぜ、本人に本当のことを伝えないのか?

患者さんの中には、わかっているのにわざと知らないふりをするような患者さんもいましたし。

『何で、こんなしんどい治療をしてもよくならないんだ!』

なんて、言われることもありました。

そんな方は、別の病院に行ったりします。

よその病院に行って、家族の方が担当の先生にこっそり『実はあの人がんなんですけど、病名を伝えてないんです。』なんて耳打ちしたりします。

もちろん、逆の経験をしたからわかったんですけどね。

そのときから、残された時間を有意義に使えないままの患者さんをみて何とかならないかとずっと考えていました。

別の病院へ転勤になると、転勤した病院はがん治療は本人に病名を伝えないとしないというスタンスでした。

ホッとしました。


続く

続き気になる方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
涙が…
癌告知…

先生の立場でも辛いことですよね(´;ω;`)

サッチャンは複雑でしたヾ(゜∀。)ノ

きっとサッチャンなら告知して欲しい…そう思う!

でも今の彼の現実を考えると

残された時間を有意義に使えているかな?と言えば

治療費を稼ぐ為に働く毎日…

彼は思い出を作る為に退院すると言ったけど

社会人リーグ仲間とバスケもしないし

好きなサーフィンもしない(゜д゜;)

友達とご飯を食べに行ってる様子もありません(・ω・`;)

余命を知ってからは怖くて眠れない日々が続き

今でも抗がん剤の服用で体調が悪くなると

「死にたくない」と弱気になります。・゜・(>_<;)・゜・。

癌治療が体の負担が少し軽減されたり

治療費がもう少し安くなれば

残された時間を少しは有意義に過ごせるかもしれないな~

なんてサッチャンは思ってしまいました(パ∀゜)☆!

彼が生きている間に、そんな日がくるといいなッ+.゜(*´∀`)b゜+.゜
2009/10/05(月) 19:07:39
URL | サッチャン #-[ 編集 ]
告知はいつになっても楽しいものではありません。

でも、オブラートに包んであまり核心を伝えないとあとでそんなことは聞いていない。ということになります。

サッチャンの状況の詳しいことはわかりませんが、今の時間は彼にとってもサッチャンにとっても大切な時間であることは間違いありません。

よく考えて、あとあと後悔しないようにしてください。
時間は戻ってきませんし、やり直すこともできないのです。
2009/10/05(月) 22:12:11
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
そういえば。
確か、20年前は石原裕次郎も美空ひばりも、周りはひた隠しにしたまま亡くなったんですよね。
「不治の病」の頃だから仕方ないけど。

逸見サンのカミングアウトから、芸能界含めて認識が変わったように思います。
セカンドオピニオンとか余命とか告知とかが定着したというか。
ある意味、開拓者で功労者でしたね。

いいにつけ悪いにつけ、自分の病状を把握し前向きに治療すること・仕事関係に理解をもらうことは大切でしょう。
ただ、本当に深刻な状態だと、Drは本人にどこまで真実を明かすかって問題はありますが。

オープンになったのは、それだけ有効な治療や薬が出来たからでしょうが、でも「抗がん剤は副作用が怖い」とか「末期は激痛で苦しい」とか、いわゆる死とは異なるマイナスイメージもつきまといます。
王監督が、テレビで見る度に痩せていく姿なんて、どうしても「もしかしたら…」「やっぱり再発?」と心配になりますし。

王監督といえば。
よっしぃ先生はご存知ないかもしれませんが、ちょうど10年前に鷹には藤井将雄って投手がおりまして。
ドラフトは下位でしたが、「炎の中継ぎ」として優勝に貢献しました。
シーズン後半からマウンドで苦しそうにしてましたが、日シリ前の身体検査で余命3ヶ月の末期肺ガンが発見されたんです。
この時球団幹部は当人には告知しない方針を病院に頼み、本人にもファンやマスコミにも間質性肺炎で通しました。もちろんこれも重い病ですけどね。
真実を知るのは、幹部と王監督と首脳陣・2~3名の同僚のみ。
そのまま治療に入り、3ヶ月と言われながら翌年も二軍で投げ。全てを知る王さんが「一軍に」と言っても「二軍で成績出せてないから」と本人が固辞し…。
告知翌年の胴上げ直後に旅立ちました。

予想だにしない癌死には、我々ファンもショックでした。
今も彼の背番号15は、半永久欠番になってます。球場の15番ゲートは「藤井ゲート」と言われてますし。

鷹ファンには伝説の投手ですが、当人に隠してたのは本当に良かったのか疑問は残ります。
実際はとうに気付いてて、騙されてあげてたんじゃないのかな?とも思うし。

難しい問題ですね、正確な真実の告知は。
続き、期待してます。
2009/10/07(水) 02:34:55
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
先生は助けて欲しいとすがる患者サンに

真実を伝えるそんな瞬間は辛いよね(・ω・`;)

先生が歩んだ10年の経験が先生を強くさせた…のかな└(`v´*)┘

きっと先生にも人には見せない涙の一つや二つがあっての今だよね(つω・`。)

エッ、涙してない?Σ(・ω・ノ)ノ

泣いた事にしなさいwww


サッチャンね、かき氷の事を伝えてあげた(o^ω^o)v

その時、便乗して彼に言ったの

病気の事を知ってる職場の人に少し甘え

仕事のペースをおさえながら治療と共に好きな事をして

生きた証を残して欲しい…

そしてサッチャンには「あなたの今」を聞かせてくれることで

少しの安心を下さい…

って(´∀`*)

言うまでもなくメールは一方通行ですが/(^O^)\

先生が言ってくれた「後悔しないように…」の言葉

最後まで一緒に笑ってるいられるように…

最後の日はサッチャンに愛されたことを思い出せるように…

サッチャン頑張る!シャキ━(`・ω・´)━ン


ねぇ先生?

先生の恋人が限られた時間しか生きることが出来ないと知ったら

先生は医者としてではなく恋人として何をしてあげたいですか?

ノーコメントでも許してあげるよ(*´艸`)ククッ
2009/10/07(水) 08:36:25
URL | サッチャン #-[ 編集 ]
>女王様
昔は、死因ががんであっても新聞発表などは肺炎とか心不全とかなっていました。

>オープンになったのは、それだけ有効な治療や薬が出来たからでしょうが、
多分、個人の知る権利の意識が強くなったのが大きいと思いますよ。

>藤井選手
聞いたことはあります。
本人は知らなかったんですね。
それは、知りませんでした。

今なら、本人に知らせずに。。。なんてあり得ませんね。

では、続きをどうぞ。

>サッチャン
今でも、患者さんがお亡くなりになれば悲しいし、涙が出そうになることもありますよ。
さすがに号泣したことはないですけど。

号泣する医者もいますし。

サッチャンが暗闇の中でもがいていたのがどちらを向いて進めばいいかわかっただけでも嬉しいです。

>先生は医者としてではなく恋人として何をしてあげたいですか?
そばにいることが一番な様な気がします。

それでは、続きをどうぞ。
2009/10/07(水) 11:51:16
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
またまた横レスですけど。。。
>ノーコメントでも許してあげるよ(*´艸`)

私は率直に、うかがいたいですぅ。
職業柄、すんご~く希望します(・∀・)

2009/10/07(水) 11:54:44
URL | christmas #-[ 編集 ]
時間、かぶりましたね。

医者は、病気をやっつける手助けをするわけですが、精神的なフォローは家族の方が一枚も二枚も上手なんですね。

そのあたりかな。

まあ、そんな感じで。
2009/10/07(水) 12:20:15
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/450-dbcf402b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。