~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/09/08 Tue 12:14
もう、ずいぶん前のことです。

Fさんは、年齢よりも若く見えるかわいらしい感じの女性でした。

見た目は、50代といったところでしょうか、実際はプラス10歳くらいだったんですけど。

Fさんは動くと息切れが出てくるようになったと言って受診されました。

気管支鏡検査を行うと、小細胞肺がんという肺がんでした。

しかも、胸水を伴っており予後は非常に悪いことが予想されました。

小細胞肺がんとは、肺がんの中でも非常に進行が早いのです。

ただ、小細胞肺がんは抗がん剤が効きやすいというメリットがあります。

当然ながら、標準的な抗がん剤治療を行いました。

シスプラチンとイリノテカンの併用療法です。

これらの組合せは、副作用が厳しいことでも知られています。

有名な副作用は、シスプラチンの嘔気、嘔吐、腎障害とイリノテカンの下痢です。

特にイリノテカンの下痢は、ひどくなると生命に関わりかねないので適切な対応が必要です。

残念ながら、Fさんにはすべての副作用がきつく出ました。

吐き気予防のガイドラインに沿って十分な吐き気対策はしたのですが、1週間にわたり嘔吐が続きました。

もちろん、その間もいろいろな吐き気に効果のありそうな薬を使ってみましたがあまり効果なさそうでした。

しかも、表情は仮面様になりしんどさで病的とも思われるほど気分の落ち込みを認めました。

うつ状態です。

その上に、イリノテカンの下痢もそこまでひどくはなかったですが追い打ちをかけました。

2コース目投与予定日あたりでようやく、落ち着いてきました。

『Fさん、大変やったね。

そろそろ、2回目の抗がん剤の予定やけどFさんに同じ薬は無理みたいやね。

別の種類の吐き気のかなり少ない薬にかえてやってみようか?』

『先生、もう無理です。

種類をかえてももう無理。

もう、抗がん剤なんてしたくありません。』

Fさんの思いも当然といえば当然です。

かなりの吐き気に悩まされたFさんにとって同じ薬は無理であり、治療効果を考えればカルボプラチンとエトポシドの併用療法なのですがそれもシスプラチンよりは弱いが吐き気が来る人もいる。

それなら、効果は低いかも知れないがアムルビシン単剤ならほとんど吐き気はない。

そのために、アムルビシンをおすすめしたのですが。。。

もういや、家に帰りたいの一点張り。

幸い、入院時の症状はほとんどなくなっていたので退院していただきました。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
吐き気
同じではないので、比べるのは不適切かもしれませんが…

抗がん剤の吐き気も、強く出る人と比較的軽い人、吐き気止めなど支持療法が効果的な人もいます。

妊娠初期にほとんどの妊婦さんに見られる『つわり』という症状がありますが、これも、入院して点滴を打つほどの人もいれば、ほとんどない人もいます。

でも、入院して点滴を打つくらい吐き気の強い人でも、『赤ちゃんはいらない』という人は滅多にいません。

同じ吐き気でも、『赤ちゃんが元気で育っている』と思うから、みんな耐えるのだと思います。

それに対して、抗がん剤の治療は、あまり希望的見解が持てません。まず、がんになってしまった、という精神的なショックがあります。強いて言うなら『がんが小さくなるかもしれない』。

あまり、予後に希望的予測ができない、さらに抗がん剤の治療で、副作用が強く出ると追い討ちをかけて、心が折れてしまうのかもしれません。

少しでも希望を持てるように、するしかないのでしょうけど…
2009/09/08(火) 20:02:57
URL | あずき #-[ 編集 ]
肺がん
よっしぃ先生、こんばんわ。

肺がん・・・
私の母も肺がんを患い、左の肺を全摘しました。
せんようのう胞がん(漢字がわかりません)です。

来年で5年目になります。
今のところ再発はありません。
私より元気なくらいです。

再発率は伝えていません。

先生方には進行は遅いく薬などの効果が出にくいと言われていました。動脈との間に隙間もなく、手術も困難だと。

でも、入院中の母は抗がん剤の副作用も少なく予想以上に効果が得られたようで手術を受けることができました。

いま、生きていてくれることに感謝です。

おじゃましました。
2009/09/08(火) 23:50:04
URL | りく #kUr9nKys[ 編集 ]
>あずきさん
続きをお楽しみにw

>りくさん
大変な状況だったのですね。
治療がうまくいってよかったですね。
また、遊びに来てくださいね。
2009/09/09(水) 12:29:20
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
はじめまして
はじめまして。
私も先生と似たような志を持っている入院患者です。

この患者さんの気持ち、わかります。
医療者はずーっと病院と接してきて病気の程度も苦しさも予後もきちんと把握できるので何をするにも余裕があるのですが、患者には余裕がありません。余裕がないと自分の今の体調を保つことにしか気を使えなくなり、全拒絶をしてしまうのではないかと思っています。

その患者さんと似たような経験を例えるとするなら、仕事終わりに友人に誘われて入った見知らぬ飲み屋がボッタクリバーで、「シャンパン高いからブランデーにしようか」と店員さんに薦められているような状況ではないでしょうか?程度は全然違うと思いますが「見知らぬ場所で何も考えられずとにかくこの場から出たい」という気持ち。

素人なので理論的な話は全然できませんが、先生の取り組みにはこれからもご期待させていただきます。
また参ります。
2009/09/09(水) 13:27:28
URL | INOMATA #-[ 編集 ]
res:
はい。
続きを楽しみにしてます。

しかしー。
ねっとかふぇはー。

ここ禁煙席なのに、タバコの煙のかほりがするのはなんでなんでしょー?
2009/09/09(水) 14:09:11
URL | あずき #-[ 編集 ]
>INOMATAさん
はじめまして。
ブログ拝見しましたが、なかなかおもしろい試みのブログ内容ですね。

いいと思います。

ぼったくりバーにたとえましたか。。。
斬新なアイデアだと思います。

また、遊びに来てください。

>あずきさん
明日アップできると思います。
2009/09/09(水) 18:39:56
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
わかるなぁ…
痛いのも息苦しいのもつらいけど、吐き気ってのが一番キツいですね。

胃は丈夫ですが、たまに食あたりしたり乗り物酔いしたりする時の、あの苦しさと言ったらもう。
文字通り「上がってくる感じ」は、耐え難いです。

入院中だとなおさらですね。
かなり前に、腎生検で入院した時の検査後の点滴が気持ち悪くて。
泥酔状態というかなんというか…。
トイレや洗面所に行けないし(行ける状態でも間に合わない)、もちろん器を用意されてるんですが、ベッドですることにものすごい抵抗があったんです。
6人部屋だから、他の患者さんへの気兼ねとか。
皆さんに夕食が来る。
その夕食の匂いにまたウッと来るんですが、食事中にそういう音はイヤでしょうからね。
毎回、ナース呼んで処理してもらわなきゃならないし。

たった2日でしたが、すごく心身ともにストレスでした。
Fさんが懲りたのも、よくわかります。
吐き気がストレスだし、食欲が落ちて食べられなくなるのも、ストレスになります。疲れますしね、嘔吐は。
もう懲り懲り、だったんでしょうね。
自宅ならトイレに走れるし、食べられそうな好物だけ口にしたりできる。
何より家族なら、遠慮しなくて済みますし。

何を隠そう、私の時は担当の若き研修医にひとめ惚れしたので(笑)。
惚れた異性の前でリバースはできませんから、「吐き気はないですか?」と聞かれて「大丈夫です!」と答えちゃったお馬鹿サンでした。
私もまだ26~7才で、若気の至りと申しましょうか。
入団当時の、シャープな頃の高橋由伸に似たイケメンの研修医でしたねぇ。

あ、脱線スミマセン。
Fさん、どうなったのか気になります。
いやー、私も火曜から痛風を発症して、Fさんどころじゃないんですが。
足を万力で締め付けられてるようで、涙目です~(T_T)
2009/09/10(木) 04:36:25
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>吐き気ってのが一番キツいですね。
やっぱり、吐き気はつらいですか。

>たった2日でしたが、すごく心身ともにストレスでした。
確かに、スタッフはまだしもまわりの患者さんに気を遣われますからね。

Fさんの続きは、今日予定でしたけどちょっとした報道があったのでそれに関連する内容にしちゃいました。

もう少しお待ちください。

痛風発作早くよくなるといいですね。
2009/09/10(木) 13:28:21
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
Re: 医師との関係
> よっしぃ先生は内科の医師ですよね。
はい、その通りです。

話は読まさせていただきました。

私がブログをしている目的は、医療関係者と患者さんを含めた一般の方の知識の差というか常識の違いを埋めれたらいいなと思い書いております。

ですので、質問などはブログやコメント上でお答えできるものならお答えしますが、そうでない(ネット上に出しなくない)場合の相談は、ご勘弁ください。

やりとりを読んで他の方の参考になると考えておりますので。

質問内容に添えるようなブログの記事を書いてみたいと思いましたのでお楽しみに。
2009/09/10(木) 13:35:45
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
すみません。
よっしぃ先生、こんばんわ。

よっしぃ先生の意に反したことをしてしまい
申し訳ありません。

出したくないというわけではなかったのですが、
内容としてどうなのかと投稿直前に
少し迷ってしまったのでこのような形になってしまいました。

本当にごめんなさい。
2009/09/10(木) 22:44:42
URL | りく #kUr9nKys[ 編集 ]
私の知り合いも小細胞肺癌でした。
1クールが終わり1週間休んで、2クールを終わり1週間休んで…と4クールまで抗がん剤治療をしました。
でも、手強い癌で、次の抗がん剤を始める前にせっかく小さくなった癌がまたさらに大きくなっていました。
抗がん剤が追い付きません。
嘔吐・腹水・胸水・激しい痛み・呼吸困難が出ました。

輸血をしても白血球数が戻らず5クールは断念することになり最後は、モルヒネで痛みを取りその後、数日で眠るように亡くなりました。
(あ、モルヒネで眠って呼吸抑制で亡くなったと言う意味合いではありません。一応、モルヒネなどの薬剤は理解していますよ。)

診断が出てから半年。見事に統計的な生存の値です。

もうずいぶん前です。31歳と1ヶ月でした。

Fさんの事も、医療者側の立場もわかるので何とコメントしたら良いのか…見つからず私の身近な経験談をお話させて頂きました。

この癌は質が悪いですね。
2009/09/11(金) 00:59:42
URL | ぴなぷ #-[ 編集 ]
>りくさん
そんなに恐縮されなくてもいいですよ。
また、遊びに来てくださいね。

>ぴなぷさん
小細胞がんは、非常に速いことがあります。
抗がん剤を使用してもモグラたたきですぐに大きくなることもあります。

>31歳と1ヶ月でした。
31歳ですか。。。。
何と言っていいのやら。。。
2009/09/11(金) 11:34:45
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/452-7aafabe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。