~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/09/18 Fri 15:55
CATEGORY【診療】
少し前に、『医療決断サポーター養成講座』なるものを紹介しました。

今日はその続きです。

さすが、養成講座です。

前回私が考えたよりもっと問題点を深く考えています。

>最も課題となるのは、先に述べたように医療決断サポーターが、患者の代理で医療を誘導してはならないということです。
倫理的な問題でありますが、ここをどうクリアしていくかは、現状では個人の自覚に任せるしかありません。

医者は今まである程度患者さんの気持ちの誘導をすることもありました。

サポーターではなおさら、難しいでしょうね。

しかも、責任も出てくるでしょうし。


>次に現実的な課題として資格や待遇の問題です。
継続的なシステムの確立のために、医療費の中にコーディネーションにかかる費用をいかに捻出するか、現在の保険点数制度では課題が残ります。
誰が経費を負担するのか、医療機関か患者か、あるいは保険者か。負担する者に肩入れするのは仕方が無いので、中立性をどう保つかが問題となります。

ようは、コストの問題ですね。

中立性、大事なことです。

そのためには、どうすればいいのかですね。

このことに関しては、全くわかりません。

>法律的な課題もあります。
医療決断サポーターの法的立場や、個人情報に対する守秘義務をいかに担保するか。
記録の方法やその保管についても、今後の検討が必要となります。
ただし、医師と患者の二者だけでは、問題があることも従来指摘されており、何らかの形で骨髄移植の際の弁護士立会いのように、第三者が介在することが望まれています。
医療現場に全て弁護士が介入するのも現実的ではなく、例えそうであるとしても、むしろお互いの不信感をあおることにもなりかねません。
紛争予防というネガティブな面からではなく、あくまでも良好な相互理解のための医療決断サポーターと考えます。

うーん、なんだか難しくなってきました。

秘守義務、患者のプライバシーこのあたりを考慮すると国が特別の資格を作ったりしないと難しそうですね。

医療決断サポーターの存在意義はまで考えさせられますよね。

最初はごく簡単なものからはじめたらいけるんじゃないかと思います。

例えば、CTやMRI検査を行うときに何もしないで撮影するの(単純撮影)と造影剤を使って撮影する方法があります。

造影剤には、アレルギーを起こす場合があり今はほとんどの病院で造影剤使用の承諾書もしくは同意書をもらうことがほとんどです。

しかも、この検査を拒否する患者さんは今までの経験上1%もいないと思います。

この説明を医療決断サポーターにしてもらって、診察室で質問を受け付けるようにすれば医師の仕事は楽になるのですが。。。

他にも特に同意書などの必要ない検査で、質問があれば医療決断サポーターに聞いてもらう。

どうしてもわからなければ医師に聞いてもらう。

とか、して欲しいなぁと思うのですがいかがでしょうか?

これならば、大きな問題にならないような。

たが、なんだか、本来の趣旨と違ってきたような気もしますが。

このあたりからはじめて、だんだんと病状や治療方針まで踏み込めるようにすれば抵抗なく導入できるような気がします。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
はて?
なんというか、イマイチわからないですねぇ。

目的も方向性も位置付けも、さっぱり。
最初はムンテラでの通訳係かな?と受け取ったんですが、医療過誤を防ぐ目的のようでもあるし。
方針を決断するアドバイザーかと思いきや、これまた違うような?

そもそもニーズがあるのかもわかりません。
ボランティアならともかく、それが医療費に乗っかるなら要らない。
希望者につけるなら、希望されなきゃ成り立たないと思いますし。

どのみち、キチンとした医療知識がなきゃ務まらないですよね?
簡単な受講でできる任務じゃないはずです。
下手したら「あの人の指南が間違ってて亡くなった」「あの人のせいだ」てな訴訟になりかねない。
中途半端な肩書きなら、定年や引退したナースや医師のボランティアでいいんじゃないかな?

悪い表現ですが、「歯科助手」や「医療秘書」と同じような、曖昧な肩書きになるような気がします。
受講料を得る目的というか、都合のいい肩書きというか。
大抵、受講して修了証もらって終わる講座なんて、使えないものが大半ですからね。

そもそも、決断サポーターって名前に違和感があります。
早よ決めろや~!って煽られてるみたい(笑)。
もう少しやわらかに、ディレクターとかマスターとかのが良さそうかなー。
アンバサダーじゃ大袈裟か。オブザーバー、も違うし。
んー、困った。

ま、いくら仲介役や指南役がいても、説明能力がなきゃ意味ないですけどね。
説明する力と聞く耳と。時間を惜しまない心のゆとりも必要です。

くだんのレジデント嬢のように、「肝臓が悪い数値です」以上終わりじゃ困りますから。
整形の予約入れときますね♪って、痛風は内科じゃないのかな?
痛風くらいcommon diseaseだと思うんですけどねぇ。
不安にさせる医師はいただけないです。

説明下手は家電屋にもどこにもいます。知識があっても一朝一夕にはうまくなれません。
大切なのは、理解してもらおう・伝えようって誠意ですよね。
わかるまで何回でも付き合うとか。
詰まる所は互いの信頼関係でしょう。
患者側も患者力を持ち、真剣に闘病する態度があれば、こんな仲介役は不要な気がしました。
2009/09/20(日) 07:02:56
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
〉ムンテラの通訳
的を射た表現だと思いますよ。

あくまで、説明を理解してもらうためのひとつでしょう。

将来性は、なさそうなのは同意です。

何か試みる事により何かがわかるかも知れないなぁ。その程度に考えてます。
2009/09/20(日) 18:18:11
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/455-ff64f7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。