~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
この記事はちょっと 
2009/08/13 Thu 12:57
CATEGORY【診療】
一つ気になる記事を見つけたので。。。

小ネタですけど。

最近話題ののり塩話です。

『押尾学容疑者、心臓マッサージで死亡女性の肋骨折れた!?』

結局、この記事の大事な部分は

>保護責任者遺棄致死罪で再逮捕されるという情報もある。

ここです。

それなのに、

> 押尾容疑者は「女性と一緒に錠剤を飲んだ後、女性が意識を失い、心臓マッサージをした」などと供述。誰かが心臓マッサージを行った過程で、女性の肋骨が折れた可能性が高い。

なんて、書いてます。

これを読んだ一般の人は、

『心臓マッサージが原因で肋骨が折れたのはよろしくないことだ。』

なんて、思いますよね。

当然。

少し前のエントリー『心臓マッサージ器』にも書いたように、心臓マッサージは、本当に力が必要で肋骨が折れるのはよくあることです。

逆に、心臓マッサージで肋骨が折れていたならばきちんと行われていた可能性が高いとさせ思います。

もちろん、この方の場合は、119へのすぐに連絡しなかったので非難されるのは当然でしょうけど。

心臓マッサージに関しては、非難されるべきものではありません。

他の同時期の記事は、別にそこは問題にしてませんし。

target="_blank" title="http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20090807spn00m200005000c.html">http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20090807spn00m200005000c.html

報知さんしっかりしてくださいね。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

うろうろドクターさんもブログで同じ事を指摘しています。

よかったら見てくださいね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
心マをしたこと自体は
悪くなかったけれど…
蘇生できなかったからその場を逃げるなら、すぐ119番すべきだったのでしょう。

もしも供述の通りなら、想定外の事態に慌てて焦ってしまったとも考えられますが。

なにより許されないのは、薬物使用なのは言うまでもありません。
2009/08/13(木) 14:54:57
URL | あずき #-[ 編集 ]
心マをするのは、悪くありません。
でも、まず119でしょう。

それが一番まずいですね。
2009/08/14(金) 12:42:30
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
Re: 突然ですが・・・
> よっしぃ先生は呼吸器の先生ですよね?

はい、そうですが
粟粒結核は、普通の方がかかることはまれです。
何らかの免疫抑制状態にある方がなることが多いです。
間質性肺炎でステロイドや免疫抑制剤を使っていたのではないでしょうか。

粟粒結核は、結核菌が血流にのって全身にばらまかれている状態できわめて重症な結核です。
他の疾患の可能性もありますし、きちんと調べることが大切です。
2009/08/15(土) 09:53:41
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/456-4106c14b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。