~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/02/12 Tue 12:52
m3のブログに去年の11月7日エントリーした記事です。





『アガリクス:今月から臨床試験 安全性評価目的に 厚労省』なる記事が出てました。

代替医療の代表格である(一番多く使われている)アガリクスの安全性の評価を行おうと言う試験のようです。

安全性以外にQOLや免疫機能の評価も行うようです。

安全性に問題なければ抗がん作用や抗がん剤の副作用軽減作用がないかなどを調べるそうです。

まあ、非常にまっとうな事ですよね。
今まで、科学的な根拠がないまま使用されてきますからね。

何度も言いますが、『なんらかの治療をしている』と言うこころのよりどころには十分なり得ます。(安全性が確認できればですが)

実は、去年アガリクス製品の一部に発がん促進する作用が認められました。(通常の摂取量よりかなり多い量でですけど。)

アガリクス(カワリハラタケ)を含む製品に関するQ&Aを参照ください。

また、本などでの劇的にがんに効いたとの内容の体験談が出版されており一部社会問題化となっています。

じゃあ、アガリクスって何でしょう?

アガリクスとは、ヒメマツタケといい1965年にブラジルより入ったとされています。
「抗がん効果がある」、「免疫力を高める」などといわれており、アガリクスと名のつく健康食品も数多くあります。

ヒトでの有効性と安全性については信頼できるデータは、あるのでしょうか?

まあ、ないから臨床試験をするわけなんですけどね。

文献検索をかけてみると人でのデータは、糖尿病や肥満に関する論文がありました。

がんに関する論文はなく、免疫力に関するものはありました。
『摂取前と比較してK562細胞に対するNK活性が増加した。』との論文ですが被験者が8名での論文であり信頼性に欠けます。

安全性に対する論文ですが、肝障害の報告が最も多く中には死亡例の報告もありました。(どれだけの方に使用したかの分母がないため頻度は不明。)
あとは、皮疹、薬剤性肺炎などの報告がありました。

中には、健常人11名に使用して有害な副作用はなかったなんて論文もありました。
11名で何もないから大丈夫っていくら何でも言い過ぎですよね。

まあ、結果がどうであれ個人的には非常に興味を持っています。




『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


実際問題、肝障害の原因が健康食品でありそうな事は1年に1回は経験しますしね。


健康食品の話しを『セントの聖』で取り上げて頂きました。
調子に乗って健康食品やそれに関する話しを何個か続けて出していきます。
今日は、健康食品第2弾です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 健康食品

コメント
この記事へのコメント
毒性検査もしてないゴミ
毒性検査もしてないゴミを推奨している不届き者に天罰を下して欲しい

有効性がありそうだから毒性試験をするなら話は分かるが、ゴミで毒性試験をして何の意味があるのだろう?

『厚顔作用がある』のは確かだと思う。アガリクスを勧める連中に恥も知力も認められないから。

インチキ健康食品の抗がん作用は、『宇宙人は存在する』『地底人は存在する』と同じレベル。
2008/02/13(水) 11:07:31
URL | Med_Law #OgLez4n2[ 編集 ]
Med_Law先生
おっしゃることはよくわかります。
実際に患者さんを診ていると、あまり意味のない健康食品などに過度の期待をいだいている方多いですから。

ですので、多くの人が、実際に使用している健康食品の代表であるアガリクスの安全性(毒性)の試験を行うということは意味があると思います。

どの割合でどのような副作用が出るのかハッキリすれば考える人もいますから。

一般の方は、健康食品には副作用がないと考えている人が多いですから。

いまだに、漢方薬に副作用がないと思ってる人も多いですしね。
2008/02/13(水) 15:43:27
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/46-fcbf79b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。