~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
院内携帯電話のマナー 
2009/09/26 Sat 09:55
CATEGORY【診療】
最近は、病院内の携帯電話も制限付きで認めているところがほとんどです。

以前(もうだいぶん前ですが)、循環器科で研修をしていたときペースメーカーから20cm程度離して使えば大丈夫だそうです。

ペースメーカーの多くは鎖骨の付近に埋め込まれていて外から触れることができます。

ですので、ペースメーカーを埋め込んでる患者さんでも、反対側の耳に当てて使用するなら問題ないとのことです。

影響があるとしてもごくごく限定的で電車の中で携帯を使ってもよほど満員電車でペースメーカーのすぐそばで使わなければ大丈夫ということになります。

ただし、万が一影響を及ぼせば致命的になるのでね。

前置きが長くなりましたが病院内で携帯を使用してもおそらく医療機器に大きな影響を与えることはないと思われます。

もちろん、非常に近づいて使えばわかりませんが。

ただ、病院内のマナーとしても携帯は使用する場所を制限して正解だと思います。

ちなみにうちの病院では、エレベーターホール付近のみでの使用を認めています。

ただ、ルールは破られるためにあるようなので破っている方もたくさんいらっしゃいます。

まあ、自分のベッドの上でメールだけしたり、小さな声で使っている分には許せると思うのですがなかなか許し難いマナーの方もいらっしゃいます。

同じベッドの上でも部屋中に響き渡る声で話をしたりしていると少し気を遣って欲しいよなとか思います。

あと、診察中はほとんど電話が鳴ったことがないのですが、たまに出る方がいます。

もちろん、出てすぐに切るならいいですが、そのまま話し出す方もいらっしゃいます。

さらに、知人の話ですが電話で話ながら診察室から出て行ってしばらく戻ってこなかった方もいるそうです。

さすがにびっくりですね。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

決められた場所でも大声で話すのはやめて欲しいですね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
携帯はその名のとおり持ち歩くことができるので勘違いしてしまうのでしょうね。
公共の場にいることすら忘れてしまうというか・・

よっしぃ先生の今日のお話はまだ笑い話で済みますけど、屋外で携帯に集中するあまり交通事故に遭ったり・・・なんて話も聞くので、着信音が鳴っても落ち着いて次の行動に移ることも必要かなぁ・・なんて思います。

もっともそれが出来ていればこんなことは無いのでしょうけど(゚ー゚;A
2009/09/26(土) 14:10:23
URL | ダイヤモンドダスト★ #-[ 編集 ]
携帯電話が出始めた頃、現在の状況が予測されたかといえば「?」ですね。
10年、いや5年後は医療界の常識は、またどのように変化しているのでしょうか?
(ついていくのに必死な年代にさしかかり、不安が強くなっています)
2009/09/26(土) 17:51:00
URL | たまにゃん #mQQEfdr.[ 編集 ]
>ダイヤモンドダストさん

>よっしぃ先生の今日のお話はまだ笑い話で済みますけど
いやぁ、診察中にやられたら正直たまりませんよ。
もちろん、重篤な患者さんでそれはないでしょうけどね。

>屋外で携帯に集中するあまり交通事故に遭ったり
確かにありそうですし、本当に命取りですね。

>たまにゃんさん
昔は、小学生まで携帯もっているなんて想像もできなかったでしょうね。

なんせ、最初はショルダー式でしたもんね。あんなものは、携帯とは言えないレベルで。。。。

>医療の常識
5年では少し変わっている程度でしょうが10年ではずいぶんかわったなと思うのでしょう。

10年前と最近の比較エントリーを用意していますのでお楽しみに。
2009/09/26(土) 22:06:44
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
メールくらいは…
ネット見たり、ゲームしたり、待ち時間についついやっちゃうんですよねー。

入院患者さんでがっつりPCでネットしてる人もいましたが、あれはOKなのかな?
仕事かも知れないけど、ベッド周りにコンセントの穴がないので(違う形の穴はあった)、どうやって充電してるんだろうと思ったり。

何にせよ、電磁波が問題なら、ペースメーカー使用者は電子レンジも使えなくなっちゃいますよね。
だから基本的にはマナーやエチケットの問題かと。

電車内も同じで、本来は電源すら切らなきゃいけない筈です。
なのに、メールやネットやゲームなら多少は許されてる。マナーモードでメール送受信も少なくありません。
テレビ見てる人までいますから、もはやペースメーカーの為の電源ではなくなったのが現実でしょう。

エレベーターホール限定はいいですね。
当方の市民病院は院内オフなので、正面出入口で話してる方がたくさんいます。
家族としても、つい電話やメールで連絡を取る癖がついちゃってて「必要なモノはある?」とか「検査どうだった?」「今日は面会行けないよ」なんて送っちゃうんですよねぇ。
ほんの10年くらい前は、外から入院患者に連絡とるなんて出来なかったのに。
便利さが当たり前になると、常識やルールを変えちゃうから怖いです。
かく言う私も、そういえば診療中TELをしちゃいました。
動物病院ですが。
もってあと半日、連れて帰って自宅で看取るか、このまま入院して機械をつければ多少生き延びるかもと「究極の選択」を迫られて。
思わずマナー違反も忘れて、家族に電話して意見を求めちゃいました。
今考えると、獣医さんに大変失礼なことをしました。

勿論、35キロの【息子】を担いで帰りましたし、意見を聞くまでもなかったんですけど。
不安や動揺を抑えるために、話したいし聞きたい衝動だったと思います。
弁解にもならないけど、人間の場合もTELやメールで落ち着くこともあります。
使用可スペースはなくさないで欲しいですね。
2009/09/27(日) 05:58:30
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
確かに、時間のあって他にすることがないときは携帯をいじってしまいますよね。

>入院患者さんでがっつりPCでネットしてる人もいましたが、あれはOKなのかな?

問題ないと思います。
たぶん、届け出はしてるんじゃないでしょうか。

>当方の市民病院は院内オフなので、正面出入口で話してる方がたくさんいます。
院内オフですか?
今後は場所限定で院内でしようできるのが普通になると思いますよ。

>ほんの10年くらい前は、外から入院患者に連絡とるなんて出来なかったのに。
そうですね。
どうしてもの時は病院に電話して詰め所につないでそこから患者さんを呼びに行ったりしてましたね。
なつかしいです。

>もってあと半日、連れて帰って自宅で看取るか、このまま入院して機械をつければ多少生き延びるかもと「究極の選択」を迫られて。
そのときは、電話してもらった方がいいと思いますよ。
間違った選択をしたら後悔しまくりなわけですから、家族の意見を聞くのは大事です。
それが例え不安や動揺を押さえるためであっても。
2009/09/27(日) 23:00:21
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
メニエル病で入院中、隣のベッドに救急車で搬送されてきた方の家族が病室内で携帯電話を使用されて、大変迷惑しました。
娘さんに付き添ってきた母親が、娘婿さんへ病室から携帯電話で連絡を始め、隣で吐き気と眩暈で苦しんでいた私は注意することさえできませんでした。

同室の患者さんが、
「病室内では、携帯電話は禁止ですよ!」と注意しても、耳に入らず大声で会話は続いていました。入院病棟さえこの様な状態です。外来待合室で、メールをしている人に注意しても「メールだからいいじゃないの」と睨まれたこともあります。

現在父がペースメーカーを入れています。院内や車両内の優先座席で携帯電話やメールを使用している人を見ると、制限する場所を設けるのは必要だと思います。
2009/09/28(月) 00:37:50
URL | 天邪鬼 #-[ 編集 ]
>メニエル病で入院中、隣のベッドに救急車で搬送されてきた方の家族が病室内で携帯電話を使用されて、大変迷惑しました。

大変な目にあったのですね。
常識のない人は、どうしようもありませんね。
職員に言って対応してもらうのがよいかと思います。

>外来待合室で、メールをしている人に注意しても「メールだからいいじゃないの」と睨まれたこともあります。
特に問題ないと思います。

通話ですら20cmほど離せば大丈夫ですのでよほどのことがない限り問題ないかと思いますよ。
ただ、病院内は制限されていますのでマナーの啓蒙の方が大切かと思います。
2009/09/28(月) 13:14:56
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/10/03(月) 16:36:36
| #[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/462-2c0add4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。