~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
よい医療 
2009/10/31 Sat 08:54
よい医療を提供しようとすれば、当然お金がかかります。

でも、今の医療制度はどんな医療を提供していても報酬は、どの医療機関でも同じです。

DPCを採用している医療機関と出来高払いの医療機関で差はありますけど。

DPCなら同じ病気を治療する治療費は、DPC対象病院であればどこでも値段は同じなのです。

出来高払いの病院であれば、同じ事をすれば同じ料金なのです。

ごくごく当たり前のように思えるかも知れませんが、当たり前のことではないのです。

例えば、採血などの前に消毒をしたりします。

その消毒はアルコール綿を用いて消毒する事が多いのですが昔は綿にアルコールを混ぜて消毒用のアルコールをナースステーションなどで作っていました。

そして、蓋付きの瓶などに保管して必要分だけ使っていました。

ただし、不潔になりやすいので滅菌された工場で作られるようになってきました。

100回分くらい入っていたでしょうか?

最近では1回使用する分だけがきちんと包装されています。

小さいことかも知れませんが、コストは当然かさみます。

今でも、ナースが手作りで作っているところもあるそうです。

けちるところをけちって少しでも儲けが出るようにすることは可能ですが患者さんの不利益になるところでけちるのは感心しません。

また、処置などのコストも材料費込みで設定されている場合が多く材料費を増えれば処置をしても赤字になることさえあります。

もちろん、高額な材料の方が患者さんにとってメリットが多い事がほとんどです。

患者さんの事を考えて感染予防にマスクや消毒薬などを医療従事者のみならず患者さんや家族、お見舞いの方が自由に使えるようにしたとするならばその分の金銭は病院の持ち出しになるのです。

他にも患者さんのアメニティを高めるために絵画を掛けたりとか高級なソファーを置いたりとかもです。

アメニティは省いても医療の質は落ちないからまだいいのですけどね。

逆に、個人経営のお金のことを第1に考える病院であれば、できるだけそのような診療報酬が請求できないところにはお金をかけないようにするのです。

昔と比べて、患者さんの要求レベルは確実に上がっていると実感します。

昔の商店などは気に入らない客には、『売らない。』といって本当に売らなかったりとかもあったようですから。

今は、コンビニ、スーパー、ファミレスなどの接客態度は全国どこでも同じようなものです。

そういったのに慣れてしまって医療機関でもそれと同程度の接客態度を望むのでしょう。

もちろん、医者が偉そうである必要性はないですが接客業と同じ態度も必要ないと思います。

なんだか、話がそれてしまいましたがいい医療を提供するにはそれなりのコストがかかります。

これは、誰が考えても理解できると思います。

ただ、医療機関の収入はいい医療を提供しようと努力してもそうでなくて最低限の医療を提供しても変わらない事は事実なのです。

だから、私立の病院の一部は個室ばかりで個室料をとって経営している病院もあります。

そんなところは、アメニティとか凄いのは当然ですけどね。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

もちろん、多くの患者さんが来れば収入増えますけどね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
確かに。
そういえば、最近激減してる個人産婦人科は、やたらとアメニティにカネかけてますね。
フルコースの食事やら、豪華なインテリアやら。
そんなことで病院選びする患者はいないと思いますが。

なるべくキレイでウォシュレット付きで…とか。やっぱり近くて便利がいいなぁ。

と。
実はワタクシ、緊急入院と相成りまして(^^;)
真夜中にジンマシンでボコボコ出まくり、ジンマシン如きで病院はなぁ、と思ってたら呼吸抑制が!!
ここは富士山頂か地獄への扉か、と慌てて総合病院に駆け込んだら、サチュレーション78。
速攻で酸素とボスミンで生き返りました。
78で自力で来たことに驚き呆れ、怖がられた次第です。

いわゆるアナフィラキシーショックとか。
何も変わったものは食べてないんですけどね。

うちの方は総合病院が3件あり、夜間は当番制になってます。
駆け込んだ病院には当初「今日は小児科なので」と断られたんですが、あまりの状態だから受け入れてもらえたようです。
20キロ先の病院が内科当番だったけど、到底そんな遠くまでは耐えられなくて。
案外、行っちゃったモン勝ちなのかな?と思ったりしました。

たらい回しじゃないけど、自分で夜間急患を探すのも結構大変なんですね。
何のために地域に3件もあるのか、ちょっとわかりません。

ま、とりあえずは「大部屋に夜間1人きり」というホラーな夜を過ごさなきゃいけないようです…。
2009/10/31(土) 16:36:42
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>個人産婦人科
あれは、自費の世界なので医療の中では特殊な世界ですね。

あらら、女王様。
大変だったんですね。

まあ、落ち着いてコメ入れることが出来るとはよかったです。

>大部屋に一人きり
広い個室にただで入れてもらったと考えましょう。
2009/10/31(土) 17:50:00
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
おかげさまで
サチュレーション96くらいを保ちながら、一般病棟に参りました(^^)v
片田舎の地域中核病院は、やたら年寄病院。
真夜中でもポータブルトイレやオムツ交換、高イビキにうめき声に、ナースのデカい声(耳が遠い?)とまぁ、ホラーな夜から一転して安眠妨害ナイトでありました。

それはいいんですけどね。
どうも担当になった医師が気に食わなくて。
平成9年○○大卒ですから、恐らくよっしぃセンセと同世代だと思うんですが、いきなり「俺」「アンタ」でちょっとムッときて。
電気つけっぱなしで来たし、支度しに1時間だけ帰りたいと頼んだんですが、「アンタもわかんないねぇ」「俺も責任あるからさー、それはワガマじゃん?」ムカッ。
「苦しいから来て落ち着いたから帰るなんて、勝手だよねぇ」ムカムカッ。

入院計画表に「死ぬ一歩手前で来院でした。」にはムカムカが頂点に!
患者に対して、簡単に死ぬって言葉を使うなんて非常識じゃないでしょうか?
もう、ずっと私の顔は(-_-#)(-"-;)(`ヘ´)←こんなでしたよ。

相性もあるけど、いきなりタメグチはいただけないです。
腕は知りませんが、言葉選びや言葉遣いですっかり受け入れられない気持ちになりました。

土曜早朝以来、回診にも見えませんが。
多分、もうしゃべる気にもなれないんじゃないかなぁ。
こうなると互いに不幸ですね。
2009/11/02(月) 09:43:30
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
横から失礼します
女王様、回復してなによりです。

医者がいきなりタメ口って、めずらしいですね?!

私が住む地方都市の周辺の病院では、看護師がお年寄りにタメ口って、ちょっと前までは普通に行われていたのですが、最近は消滅しました。患者の権利意識が強くなってきたのかもしれません。

ある程度、年齢のいった医師が初っ端でタメ口を吐くのは、年寄り医者のことだから…と、この地域ではまだ寛容される雰囲気があります。

んが、明らかに自分より年下の人にこーゆー表現をされると、私はすんげームカつきます。
私も若くはないので、年齢による節度遵守については、ハードルはキビシイです(笑)。
2009/11/02(月) 11:35:06
URL | christmas #-[ 編集 ]
Christmas様
ありがとうございます。
当方の病院は、案の定ナースが高齢者にタメグチです。
「○さん、ご飯だよー」「体拭こうねー」「オムツかえる?」等々、タメグチどころか子供扱いで。
ご本人は気にしてないかも知れないけど、聞いててなんとな~く不快です。
特に若いナースだと、バカにしてる風にも聞こえるし。

ナースのタメグチはありがちですけど、さすがに初対面Drの「俺」とか「~だよ」は驚きました。
せめて「僕」ですよねぇ。

医師という知的職業の割には、って思います。
皆さん、そんなことまで気にしないのかなぁ?
2009/11/02(月) 17:07:04
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>女王様

>相性もあるけど、いきなりタメグチはいただけないです。
>腕は知りませんが、言葉選びや言葉遣いですっかり受け入れられない気持ちになりました。

今時、こんな先生がいることに驚きです。
(特に若い先生が)

>「○さん、ご飯だよー」「体拭こうねー」「オムツかえる?」等々、タメグチどころか子供扱いで。

そんなナースときどきはいるけど。。。。

どんな病院に行ったんですか???

>christmasさん
christmasさんのコメントにすべて同意します。

やっぱり、患者さんとの関係がきちんと構築されてからならため口もOKかも知れませんが、最初からはあり得ませんね。
2009/11/02(月) 18:49:24
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/463-427b91b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。