~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/08/24 Mon 12:17
また、マスク売り上げが急増しているそうです。

流行開始宣言があったからでしょう。

おそらく、秋になるとさらに患者数は増えるでしょう。

やはり、危険の高い方にはそれなりの予防策が必要です。

ただ、現段階でわかっていることもいないこともあります。

また、今一番いい方法だと思われる方法も、1年後、5年後には否定される場合もあるでしょう。

だって、人類が初めて経験しつつあるウイルスなのですから。

そんな中こんな記事が。

『ワクチン輸入ピンチ、専門家「安全確認が先」』読売新聞オンラインです。

>政府が検討する新型インフルエンザワクチンの輸入について、ワクチンを供給する欧米の製薬会社が提示した契約条件が明らかになった。
>ワクチンが原因で副作用が起きた場合にメーカーを免責するよう求め、8月末までに契約しないと他国への供給を優先させるとしている。

製薬会社からしたら当然でしょう。

世界的にもゆとりのあるものではないのですから、いろいろと条件をつけるとするならば、条件をつけない国にまわすでしょう。

内容を見ますと輸入分は1500万から2000万人分だそうです。

そのほかは国内産でまかなうそうです。

ちなみに、5300万人分が必要と試算しているようです。

優先的に打つべき人は、妊婦、医療従事者、何らかの基礎疾患(呼吸器、腎臓、心臓など)のある方などが対象になるといわれています。

基礎疾患って、どの疾患までとかどの程度かとか議論し出すときりがないですけどね。

5300万人分なら少しの基礎疾患でもまわってきそうですけど。

当然、製薬会社の条件で新型インフルエンザのワクチンを輸入すべきだと思います。

そしたら、こんな続きが

>これに対し、専門家からは「国産ワクチンと接種方法が違ったり、免疫増強剤が入ったりしており、安全性が担保できない」「輸入するほどの数量が必要なのか」といった異論が続出。国内での安全確認や必要量の再検討を求めたため、メーカー側との具体的な交渉に入れないままとなっている。

今は、多くの人間が未経験であるウイルスに対しての対策です。

未経験であるが故、みんな騒いで怖がっているのです。

明らかに感染力が強いのは間違いないでしょう。

普通のインフルエンザでも死者は出ますが、感染者の数が多ければ死者の数も増えるのは当然でしょう。

そう考えると多くの国民がワクチンを希望すると思います。

仮に、国産ワクチンの副作用が1%起こるとして海外ワクチンの副作用が2%とします。

もちろん、ほとんどが軽いものでしょう。

新型インフルエンザでの死亡率はおよそ0.5%ぐらいであろうと言われています。

そのリスクとベネフィットを天秤にかけると海外ワクチンも必要だと思います。

もしかしたら、海外ワクチンの方が副作用が少ない可能性すらあります。

政府として、輸入を行い、もし副作用が起これば起こった方に対する補償をきちんと行うことを明言すればいいだけではないでしょうか?

海外で普通に使われる新型インフルエンザワクチンが

『日本人でのデータがないから使わないようにしたらどうですか。

もしかしたら、強い副作用が出るかも知れないですよ。

もう一度検討しましょう。』

と専門家が言っているんですよ。

この専門家は誰なのでしょう。

臨床を知っている専門家ならこんなことは言わないはずです。

もしかしたら、自分の責任にしたくないだけではないでしょうか。

あなたなら、海外産のワクチンしかなければ接種しませんか?

接種するという方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

もちろん私は接種しますよ。

任意接種と決まったようですね。
コメント
この記事へのコメント
ワクチンとマスク
なんか、ワクチンを打つ打たないの議論を導きそうな予感が…

ちょっと考えてみました。
ワクチンを打って、
マスクをしない
と、
ワクチンをうたないで、マスクをする
…を比較すると、どちらが、インフルエンザにかかったときのリスクが低いか?を考えたら?私の予想では、「ワクチンを打って、マスクをしない」…のほうではないかと思うのですが、どうでしょう?ここに「ワクチンによる副作用」を考慮に入れると、どっちがどうなのかわからなくなるのでこの場合は考えないほうがいいと思います。ただ、ワクチンを接種したほうが、かかったとしても軽くすむと聞いています。ワクチン接種により、すくなくともかかったときのリスクは軽減できると。

ただ、インフルエンザ脳症のような重篤な合併症のリスクも減るのかどうかを知りたいです。症状が軽くすむならこちらのリスクが減るかなと思うのは素人考えでしょうか?
2009/08/24(月) 21:13:35
URL | あずき #-[ 編集 ]
書いてから考えたこと
…あまり、○○が効果的、と書くと、「ワクチン打てなかった、どうしよう」とかになるのであまり強調しないほうがいいかも?

ワクチンもマスクも限りがありますから…
2009/08/24(月) 21:39:55
URL | あずき #-[ 編集 ]
5000万本て
これは、1人1本なんですか?
インフル予防接種は2回やらなきゃいけないんですよね。
とすると、ざっくり言うと2500万人分ってことでしょうか。
国民の4人に1人。
ううむ、多いのか足りないのか微妙ですね。

そもそも、5月に騒いだ時点で何故全く動かなかったのか。
増産には限界があるとしても、輸入をどうするとか優先順位とかなんてあの時に話し合って決めることが出来たはずです。
それを今さら。マヌケ過ぎます。

結局、政権交替のことばかり(つまりは自分達のことばかり)ワーワー騒いでて、国民の安心で安全な生活なんて考えてない証拠ですね。

輸入製剤の安全性はわかりませんが。
ミド●十字のような利権や癒着があってはなりません。
フィブリノゲンの時も忘れた頃に明るみに出たし、タミフルなんて欧米では使わないって言いますよね。
少なくとも、安全な用法や用量の指針くらいは必要だと思います。
日本人に合った形を。
ワクチンを受ける側は、その薬品が国内製造か輸入製剤かわからないわけですからね。

っていうか。
鶏卵で作るなんて初めて知りましたが、ダチョウとかのデッカい卵なら大量生産出来ないのかな?
単純に、10倍くらい作れそうな気がするんですが(笑)。

あと、気になるんですが。
慢性疾患患者が優先として、このワクチンに禁忌な疾患てありますか?
蕁麻疹とかのアレルギー持ちだから、なんとなく新薬って怖いような。 「使用しない方がいい人」だけは明瞭にしていただかないと困ります。
本当にわからないことだらけの未知の領域で、難しいですけどね。

まぁ、普段も予防接種しないからいいんですけど。
…幾つになっても、注射は苦手です(>_<)
2009/08/25(火) 02:44:05
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
難しいですね
よっしぃ先生、わからないので教えてください。何か新薬を開発する時って治験を行うでしょう?予防接種ワクチンにはそれがないのでしょうか? 治験をしていたら流行のピークに間に合わないかもしれませんけど・・でも、今年だけでなく今後は毎年誰かが罹るわけですもんね。 【自己責任】ですから何か副作用が起こっても救済しませんってことなのでしょうか?

?マークがいっぱいですが、よろしくお願いします。
2009/08/25(火) 06:52:57
URL | ダイヤモンドダスト★ #-[ 編集 ]
>あずきさん
まず、マスクは基本です。
ワクチンを打つ打たないは、個人個人が考えるべきことです。
医療関係者は、それに対するアドバイスを行うでいいでしょう。

おそらくワクチンを打てば症状が軽くなったりのメリットはありますが、打ったからそうなったのか、打たなくても同じ程度だったのかはわかりません。

>女王様
>インフル予防接種は2回やらなきゃいけないんですよね。
1回だけですよ。

>そもそも、5月に騒いだ時点で何故全く動かなかったのか。
新型がわかってワクチンの治験をしていたわけではないでしょうか?
ようやく今ワクチンが販売できる体制になったと思っています。

>慢性疾患患者が優先として、このワクチンに禁忌な疾患てありますか?
うーん、わかりません。

>ダイヤモンドダストさん
>予防接種ワクチンにはそれがないのでしょうか?
もちろん、治験をしていますよ。

>【自己責任】ですから何か副作用が起こっても救済しませんってことなのでしょうか?
ようするに問題となっているのは、副作用の救済を製薬会社がするのか政府が行うのかの問題でありすべて自己責任というわけではありませんよ。
2009/08/25(火) 14:05:51
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
また、マスクが…
確か5月の時は、気がついて買いに行ったときは、マスクがどこにもなかった状態でした。
今回は、そんなことにはならないと思うのですが、ちょっと心配です。

きっと、流行に備えての量産体制は取っているだろうと…。

心配なのは、ひとりで不必要に買い占めるみたいな人はいないよねって。みんな、心配なんだし、かかりたくないし、重症になるのはいやだし。こんなことを私が言うのは良くないのかもしれないけど、
うまく言えないけど、他の人のことも考えることができる自分でいたいと思うのです。何だか偉そうですみません。
2009/08/25(火) 17:57:12
URL | あずき #-[ 編集 ]
ありがとうございました
ご説明くださりありがとうございました。

 輸入ワクチンについては副作用が強いかもしれないとのことですが、起こるかどうか分からない副作用のことよりも、インフルエンザに罹って重症になるリスクについてきちんと考えなくてはいけませんよね。

予防接種を受けるにあたっては、体調が万全のときに受けるのが副作用を少しでも減らす
ことに繋がるのではないかな・・と思っています。
2009/08/26(水) 07:23:55
URL | ダイヤモンドダスト★ #-[ 編集 ]
たびたびすみません
舛添さんとの会議に、岩田センセがいらっしゃいましたね。
テレビで拝見しました。
岩田センセは「希望者のみの接種費用無料」との意見でしたが。

治験短縮は、やっぱり怖い気がします。
ギランバレー症候群が10倍だとかいう報告を聞く限りは、ちょっと抵抗がありますから。

予防接種をしても絶対かからないわけじゃなく、せいぜい効果は5~60%だろうということですし、それならわざわざハイリスクな輸入製剤を使うまでのことはないのでは?
責任の所在もどうなるかわからないならなおさらです。

岩田センセ論の「無料」だと、リスク無視してでも我先にと飛びつく輩が増えて混乱するでしょうね。
どうなることやら。
2009/08/27(木) 02:47:07
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>ギランバレー症候群が10倍だとかいう報告を聞く限りは、ちょっと抵抗がありますから。

確か、普通のワクチンで頻度は100万分の1だったと思います。
なら、10万分の1ですよ。
怖いですか?
1000分の1の10倍なら怖いかも知れませんが。

>責任の所在もどうなるかわからないならなおさらです。
あらかじめわかっている反応ですし責任は誰にもないのです。
ただ、運が悪いとしかいいようがないのです。
ですので、それを金銭的に保証しなければならないのです。

岩田先生のブログで内容少し書いてますね。
http://georgebest1969.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-02f4.html
2009/08/27(木) 12:30:55
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
インフルエンザ対策
国内でも、早くも5人の死亡例が出ましたね。それと同時に、ワクチンの問題も含め、様々な情報が氾濫しそれに振り回される人が少なからずいらっしゃるでしょうね。

何をすれば絶対防げるという方法はないですが、岩田先生が以前書かれていた

「情報には中腰で」

という姿勢が一般の人にも求められるかもしれません。

医療知識がない一般の人はなかなか、判断が難しいことですが、こうした混乱期は特に、専門家の意見であってもそれが必ずしも「100%正解」とは限らないこともあり得ると思います。
取り敢えずワクチン接種に関しては、希望するならかかりつけの医療期間で医師と相談,納得したうえで接種すればいいと思います。
2009/08/28(金) 09:21:30
URL | あずき #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/466-8894fae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。