~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
美談ではない 
2009/08/28 Fri 17:50
CATEGORY【診療】
こんなニュースがありました。

『聖子氏“妹分”小渕氏妊婦応援に号泣…岐阜1区』

では、読んでいきましょう。

>苦戦が伝えられる岐阜1区の自民党・野田聖子消費者担当相(48)が27日、岐阜市内で総決起大会を開催。妹分として知られる小渕優子少子化担当相(35)が応援に駆けつけた。

ここまでは美談ですね。

>9月末に出産予定の小渕氏は、大きなおなかをユッサユッサと揺らしながら登場。

ってことは、出産予定までおよそ1ヶ月です。

いつ生まれても不思議ではない時期。

地元は群馬ですので岐阜までは結構な距離がありますよね。

何時間かかるのでしょうか?

また本文に戻りましょう。

>なぜか号泣しながら「昨夜、野田先生に『行きます』と言ったら『あんた、自分の体を考えなさい』と断られましたが、私の姉貴分です。

>無理やり岐阜にやって参りました!」とあいさつ。

自身で無茶をしていることは理解しているようですね。

>飲み友達でもある後輩から熱くハグされ、これまた号泣した野田氏は「いつ生まれるかも分からないから群馬を離れるな、と言ったのに…。

当然ながら野田氏からしたら『来ないで』と言うでしょう。

一般の常識からしたら来ないようにしてもらうべきです。

>私は幸せ者であります!」とグジャグジャに泣きまくっていた。

当事者からしたらうれしいのでしょうが医療従事者からしたら怖いことをする以外に考えられません。

自身の身体はもちろんのこと、赤ちゃんのためにも行くべきではありませんでした。

もし、そこで何かが起こればどうするのでしょうか?

岐阜で出産するのでしょうか?

そんな状況で生まれるならNICU(新生児ICU)が必要であったり、帝王切開が必要となる率が高いです。

岐阜の産科医、小児科医からしたらいい迷惑です。

自らリスクがあることを承知で岐阜までやってきたわけですからね。

しかも、事前の情報は持っていません。

さらに、VIPですから万が一のトラブルがあったらのことを考えると。。。

安静にして家にいれば起こらない可能性が高いのですから。

家にいればいつもの情報のある医療機関で診れるわけですからはるかに安全なわけです。

この方は、少子化担当大臣ですよね。

ビックリします。

なら、なおさらこのような行動をとらないようにすべきでしょう。

国民の模範となるような妊婦生活を送るべきではないでしょうか。

こんな話美談でも何でもありません。

『無茶なことをした妊婦がいましたが、母子ともに何事も起こらなくてよかったですね。

自分でリスクを高めることをしてはいけないですよ。』

そんな記事を書いて欲しいものです。

母親の命と生まれてくる命のために。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

担当医には相談したんでしょうかねぇ。

担当医から止められていたならさらに痛いですね。

自民党本部はどう考えているんでしょうかね。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
覚悟あれど。
今、その様子をリアルタイムという、夕方のニュース番組でやってました。

野田議員が涙を拭く場面が放映されてましたから、やっぱりこれも「美談」的な伝えかたですよね。

最近、アナウンサーやタレントさんが、出産間近までテレビにでている姿をよく見かけます。
勿論、これは悪いこととは思いません。体調管理さえきちんとしていれば、妊娠中仕事するのは、若干の規制はあれど、問題ないと思います。

ただ、妊娠出産は、最後まで何が起きるかわかりません。順調に過ごしてきた人でも、最後まで順調でいくとは限りません。

もし、何かあった時に、「仕事で無理をしたからかもしれない」などと後悔するかもしれません。

仕事に限らず、もし、無茶をするなら、「何があっても後悔はしない」覚悟は最低必要かもしれませんね。
2009/08/28(金) 18:35:41
URL | あずき #-[ 編集 ]
あららー。
聖子ちゃんも、腕ずくでも止めるべきでしたよね。
万一のことがあったら、自分も間違いなく叩かれるんだし。

聖子ちゃんといい百合子サンといい、なりふり構わずで必死すぎてイタい。
選挙ネタはデリケートですが、肝炎訴訟のエリコちゃんもなんだかムチャクチャなことに。
党自体が無理やりな戦法だとは思うんですが、それにしてもなんだかねぇ。

結局はチルドレンやら刺客やらと変わらない。
ムキになり過ぎて、どこを向いているのか全くわかりません。
スーパーじゃないんだから、サービス合戦はやめて頂きたいです。

それにしても。
小渕ゆうこりんは、ご自分は余裕なのかな?
それとも、応援もまたアピールなんでしょうか。不妊女性的には、若干イヤミでもあるような。
理解不能ですね。

不能だけど、うちの母も臨月で走り回ってたような。
私が9月末生まれで、8月いっぱい働いて、たまたま夏に脳溢血で倒れた祖母(母の母)を世話して。
クソ暑い中を大きなお腹で動きまくったとか。
破水して歩いて病院行ったというんだから、呆れます。
「即入院です!」と言われて「じゃ、荷物取りに帰ります」なんて、もはやギャグですよ。

無事、4200gの見事なワタクシが誕生したんですが。
デカ過ぎて窒息気味で、鉗子分娩だからなんだかいびつな赤ん坊で「かわいくなかった」。
いまだに、暑かったし重かった・苦労したと恩に着せられております。

昔は、動いてた方がお産がラクになると伝えられてたようですが。
とりあえず、ゆうこりんbabyが無事に生まれてくるといいですね。
2009/08/29(土) 02:21:00
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>あずきさん
夕方のニュースでもしてたんですか?

ため息ですね。

>なにがあっても後悔しない
それは、当然として周りに迷惑をかけないようにすることも必要ですよね。

>女王様
多分、報道されることも視野に入れた行動でしょうね。

一昔前ならいざ知らず、今の時代でする事ではないでしょうね。

まあ、何事もなく良かったですね。

女王様の誕生秘話も聞けましたし。

2009/08/29(土) 10:58:13
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
トラブルない妊婦さん?かな
ニュースでやってたのは、一応、このへん、地元圏内だからだと思います…

しかし、私は妊娠中のトラブルがあるほうだから、特に後期、臨月にはいるまでは安静…を、いいことに家事とかは楽になるようにしとましたかね…

何の前触れもなく、トラブルは突然来ます。私は三人目のとき、トイレに立ち上がった瞬間破水しましたから。それが夕方の4時くらいで、慌てて病院電話して。結局生まれたのは翌日の昼前。

33週だったから、産科の先生も小児科の先生も、眠れなかったんじゃないかな。運良く、病院内のNICUも空いていて、帝王切開になることもなく、今考えたら本当にラッキーでした。

何が起こるか解らないから、妊娠中の遠出は、必要なければ避けるべきですね。
母子ともに、死ぬ思いで産んだことは、あんまり自慢できることでもないですよ。
2009/08/29(土) 17:26:33
URL | あずき #-[ 編集 ]
>何の前触れもなく、トラブルは突然来ます。私は三人目のとき、トイレに立ち上がった瞬間破水しましたから。それが夕方の4時くらいで、慌てて病院電話して。結局生まれたのは翌日の昼前。

破水なんていつ始まるかわかりませんからね。
家から遠いところでなったら最悪ですよね。
2009/08/30(日) 09:54:25
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
病院が近くて良かった。
本当にね…

ついでに言うと、あの破水はたぶん、「高位破水」、子宮の上部からの破水のため、出産までかなり時間がかかったのだと思います。
破水というと、本当にバケツの水ひっくり返したくらいの勢いで出る人もいるらしいので、これだと本当に、病院に駆け込まないと危険ですから。

自分だけは何も起こらないと、思うのはいけません。
2009/08/30(日) 11:00:27
URL | あずき #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/471-7a70e1f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。