~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
ようやく大人に 
2009/08/31 Mon 12:49
ようやく大人になりました。

昨日のコメ欄でもご指摘いただきましたけど。

半年ちかくもかかったんですね。

長い道のりでした。

grems 1

次は、どんなんかな。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

そんなことより、民主がインフル対策をはじめとする医療政策をどうするかが気になりますね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
大人になりましたね
…いや、木の話ですよ。

ところで政権交代しましたね。
まずは新型インフルエンザ対策を、なんとかしてほしいです。

今日は、健診のために午前中病院行って来たんですが、精算が、、精算窓口でなくて、「精算機でおねがいします」と、言われて驚きましたよ…さすがに、機械にお金を払ったのははじめてでした。人件費削減もここまで来たのかなと。

でもこれで、ちゃんと診療費回収できるんでしょうかね…?

支払いが終わると、機械が「お大事にしてください」って、気を使ってもらい、なんだかな~と変な気持ちでした。
2009/08/31(月) 18:54:58
URL | あずき #-[ 編集 ]
木は、置いといて。
私も、とても気になりました。
つーか、いやな予感がしておりました。
舛添氏は参議院だから選挙に関係ないとしても、政権が変われば必然的に閣僚が変わりますからねぇ。

稀に据え置きとか民間人てこともありますが、今回の事態だと年金担当ってことで長妻氏かなぁと。
それが予想できたから、先送りした…とは思いたくないですけどね。

とりあえずインフルは急がないといけないし、地域医療の崩壊やらたらい回しやら、問題山積なのにいいんでしょうか。
後期高齢者同様、廃止された長期療養型病床なんかも、見直してほしいんですけどね。
子供手当てのバラまきより、本当に弱い立場の人達の方が優先だと思うのですが。

ま、何にしろ。
今回の選挙はなんだか怖かった。
マスコミや世論に踊らされて、一斉に右から左へ向いちゃうのは恐ろしいなぁと。
小選挙区制は一気に体勢が変わりやすいから仕方ないですけど。
だからこそ、政治力やメディアリテラシーが低い日本人には、小選挙区制はそぐわないんじゃないでしょうか。
ポリシーや理念のない、流されやすい国民には無理。
あまりにも極端にブレ過ぎです。

「エリのクマ退治」なんて見出しを見ると、学習能力のないマスコミ&国民なんだな、と痛感します。
クマさんはともかく、肝炎被害者団体は、「薬剤被害」として手を組もうと持ちかけた血友病団体を門前払いしたんですよね確か。
以来、不幸せな被害者だとは思うけど、考え方や姿勢には疑問が残っております。

さて、どうなるか。
お手並み拝見、なんて呑気なことを言ってる状況じゃありませんけどね。
2009/09/01(火) 01:38:18
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>あずきさん
最近は、料金徴収の機械がある病院ときどきありますね。

個人的には、好きですけど。

>女王様
>今回の選挙はなんだか怖かった。
確かに怖いといえば怖いですね。

岩田先生はブログで国民が霞ヶ関の官僚に対してnoといったみたいな事を書かれていました。

http://georgebest1969.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-a3cc.html

なるほど、と思いました。
やはり、若くして上に立つ人は違いますね。
2009/09/01(火) 11:43:48
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
私も読みました♪
岩田先生のブログ記事私も読みました。霞が関に対して国民はNO、と言った。

私も含めて、残念ながら民主党に大きく期待はしていないけど、「とにかく、政治を変えてくれ」という気持ちの現れが今回の選挙の結果だと思います。

民主党政権の舵を定め、今後、国家という船を動かして行くのは国民であり、民意であると思います。今回の選挙では政権交代せよという、民意が明確に反映されたのだから、次は具体的にどう「変えていくか」。
自分たちが望む国家のありかたを考えるのは国民一人一人です。

私が思うに、今後国家を変えて行けるのは、ある意味異端児と言われる人ではないかと思います。異端児というのは、ここでは「既存の常識やルールに疑いを持つことができる」「人間本来の秩序(人間とは本来、かくのようにできている、という意味です)や、自然の摂理に逆らわない」ことが出来る人という意味です。

「人間として、当たり前のことが、当たり前に実行、行動できる」。これが、今の社会では、できそうで出来ないのかも知れません。
ところで岩田先生はもしかしたら私と同世代かしら?と、思いました。(と、言うか私よりもお若いかも)
(もしそうなら)同世代としてはとても、嬉しい限りです。
2009/09/01(火) 13:59:47
URL | あずき #-[ 編集 ]
>「人間として、当たり前のことが、当たり前に実行、行動できる」。これが、今の社会では、できそうで出来ないのかも知れません。

当たり前の概念がそれぞれ異なりますのでね。
できるだけ、同じになるようになれば問題は起こらないんですけどね。
2009/09/02(水) 12:15:27
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
当たり前の概念
ここ、詰めが甘かったかな?

人間、価値観は違えど、本質としての部分は、あまり大差がないと思うんですよ。

例えば、誰か困っていれば手を貸してあげようとするし、嬉しいことがあれば誰かにその気持ちを伝えたくなる。これは人間として、ごく普通のことだと思います。

救急で、受け入れ拒否なんて言われるけど、本当は「受け入れたい」のですよね。でも、状況によってそれが出来ない。

そんなとき、「医療者もきっとつらいだろう」という考えを巡らせることができたら、受け入れ拒否なんて言葉は使えないと思うんです。

だって助けたいのに助けられない状況は誰でも、それが辛いことだとわかると、思うんですよ。

そういうふうに考えることは、人間として、本当は、ごく普通のことだと思うんです。でもそれができないのは、どこかで、その「普通の考え」が妨げられているからだと。

つまり、今は、「そういう世の中」になってしまっている。これは、社会全体の問題で、個人の問題ではないと思います。

極限的に、誰かのせいにしてもダメだということなんです。

岩田先生の言葉を借りると、「霞が関の流行り病」は、新型インフルエンザのように、民間人にも、流行しているのかもしれません…。
2009/09/02(水) 15:51:10
URL | あずき #-[ 編集 ]
>当たり前の概念がそれぞれ異なりますのでね。
>できるだけ、同じになるようになれば問題は起こらないんですけどね。

ですので、このブログを通じて一般の方と医療関係者の間にあるものが少しでも小さくなればいいなと思いブログを続けています。

ブログを通じて言いたいことはそれだけでそれ以下でもそれ以上でもありません。
2009/09/02(水) 18:16:20
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
あずき様へ。
余計なクチバシで申し訳ありませんが。

何が当たり前か、普通か、それは人それぞれだし立場でも変わります。
悲しいかな「助けてもらって当たり前」や「自分が優先」な人は少なくない。
それがこと救急となれば、患者は我先にと思う人が多いわけです。

受け入れ拒否なんてのもマスコミが作った言葉です。
どんな仕事にも許容量がありますね。
我が社は建築系ですが、そりゃカネになるから来た話は全て請けたい。
でも、限度があるし、限度以上に引き受けて雑な作業になるワケにはいきませんから、渋々断るのです。
医療も同じ、というか手抜きが許されないからなおさらでしょう。
救ってあげたいからこそ、他所に連れて行って欲しいって。拒否じゃなく不可能なんです。

もちろん、システムの改善や医師の補充で、いくらか改善されるかもしれません。
が、つまらないことでいちいち救急車を呼ぶモラルの無さがあるといつまでも同じです。
目眩程度で救急搬送(ちと語弊はありますが)して、そのせいで次の心筋梗塞やくも膜下患者を断らざるをえなくなったりする現状。
残念ながら、そういう人は「目眩がするんだから私が救急車呼ぶのは当たり前」なんでしょう。

出来得る限り受け入れてるのに、まるで手抜きのように『受入れ拒否』なんて言葉を使うメディアの問題でもありますね。
医療過誤も含め、こうした作為的な報道がある限り、患者と病院の溝はなくなりません。
だからこそのメディアリテラシー。
振り回されず、医療の現場をよく知る必要性があります。
で、そのためによっしーセンセが色々な記事を書いているのが、なんとなくわかってきました。

…横やり、申し訳ありませんでした。

ついでながら、岩田先生も買いかぶり過ぎかなーと。
官僚政治へのNOより、残念ながら今回は子供手当や高速無料にノセられた方が半分以上だったような。
うまい話と報道に踊らされた感が強いです。
「自民じゃない方」って2択になっちゃったのも問題でした。

両党共、マニフェストがプレゼンになり、政権を取ることしか考えてなかったようでしたし。
案の定、岡田氏の顔が微妙になってきましたからね。
2009/09/03(木) 18:23:25
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
女王様へ
思いがけず、コメント頂き驚いておりますが、ちょっと感動してます。これからも自由奔放な女王様カラーのコメントを楽しみにしております♪ありがとうございました。
2009/09/03(木) 21:14:02
URL | あずき #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/472-14411792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。