~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/11/25 Wed 20:21
それから、数ヶ月が経った外来での出来事です。

レントゲンを見ると肺の腫瘍は間違いなく大きくなっています。


診察室に入ってくるEさんは、明らかにふらついています。

『Eさん、どうですか?』

『別に、かわりないです。』

『えっ、ふらふらしてませんか?』

『いや、大丈夫です。』

『Eさん、おそらく頭の転移も大きくなってきていると思います。

入院して、治療した方がいいと思いますよ。』

Eさんは、入院したくなさそうでしたが、家族にも勧められ入院することになりました。

また、点滴も始まります。

Eさんは、点滴も嫌いでした。

また、ナースたちの言う事は聞いていないようです。

Eさんと家族と相談の上、1種類での抗がん剤治療をはじめることになりました。

抗がん剤治療が始まり、2週間が過ぎてもEさんのふらつきはよくなっていません。

吐き気なども出てきており、むしろ悪化している印象です。

しかも、足がしびれるとの訴えも出てきました。

調べてみると腰椎(腰骨)への転移が見つかりました。

神経を圧迫していて、両足が完全麻痺になる可能性もあります。

その場所にも放射線治療を開始しました。

残念ながら、Eさんは手すりを持って歩くことすら出来ない状況になってしまいました。

Eさんと奥さんとに病状説明を行いました。

『Eさん残念ながら、抗がん剤の効果はありませんでした。

放射線の効果はもうしばらくしてから出てくるかも知れませんが、今のところ効果はありません。

病気で動けなくなっているので、Eさんのプライドは許さないかも知れませんが看護師の世話になってください。』

Eさんは、うなずきました。

しかし、なかなかしもの世話や身の回りのことを看護師にさせてくれません。

腕の力だけでベットから動こうとしたりさえします。

しかも、ナースに文句は言う口だけは元気です。

そんなある日、奥さんが私の元にやってきました。

『先生、あのひとよくなることはないですよね。

家で過ごすことはできませんか?』

『……、出来なくはないですけど、奥さんが大変ですよ。

奥さんや家族の方さえよければ、また往診してくれる先生が見つかれば出来ると思いますよ。』

Eさんの性格、その他を考慮すれば自宅療養がベストなのはわかるのですが、完全に寝たきりの状態で足さえ動かせなくなった今、正直、かなり自宅療養は厳しいと思われました。

ただ、奥さんは、

『あの人の性格はわかっています。

わたしが甘やかしたから、ああなった面もあるんです。

だから、がんばってみます。』

奥さんは相当な覚悟でいるようです。

『もう、うちで診れないと思ったらいつでも連絡くださいね。』

Eさんは、退院しました。

1ヶ月が過ぎようとしたある日、往診の先生から連絡が来ました。

Eさんが自宅で亡くなったと。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

Eさんのご冥福をお祈りします。

そして、奥さんのがんばりに心から敬意を表します。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
ひぃぃ~っ
入院イヤ、点滴イヤ、看護師に身の回りの世話をしてもらうのもイヤッ! 
で、看護師に文句はウンと言う。えへ。
Eさんって、まさに私の未来じゃないの、、、ひぃ~っ。

そっか、、、そういう不良患者は自宅療養がむているんだ(笑)。v-219
親族の皆さん、覚悟しといてくだちい。
2009/11/25(水) 22:09:29
URL | christmas #-[ 編集 ]
在宅でしたか。
『人生いろいろ』を拝読して、うちの父だけが極端にワガママで頑固なワカラズ屋じゃないことがわかりました。
ちょっと安心したというか。

誰だって入院や点滴が好きなワケはないけど、自宅介護は家族には本当に大変です。男性だと、特に。
世話する方が腰痛になるし、下手すると共倒れしかねません。
「覚悟」どころじゃないです。

でも、今思えば、ある程度終わりが見える癌だからこそ、覚悟を持って出来るんでしょうね。
これが脳卒中とかでの在宅介護となると、いつまで続くかわからない。
果てしなく続くのは、正直地獄です。
介護者は頑張ったら危険ですね。
ま、うちは3日前までトイレに行けましたから、比較的ラクで幸運な介護&最期だったんでしょうが。

私もこのEサンのようなタイプで、ナースを呼んで何かを頼んだり、救急車を呼ぶのは苦手です。
父は言うまでもなく、母も腰椎圧迫骨折してるのにチャリで病院行くような人ですし、私はアナフィラキシーの血圧低下や呼吸抑制が来てからマイカーで夜間救急に行ったワケで。
…医師を呆れさせる血筋ですかね(笑)。
客観的に見れば、何かあったらかえって他人に迷惑だからやめろと思うんですが。

なんというか、ナースコールにしろ119にしろ、呼びつけることに抵抗感があるんですね。申し訳なさとか大袈裟で恥ずかしいとか。

某都知事が「むやみやたらに救急車呼ぶな」って言ってましたが、世の中両極端なんでしょう。
すぐ119するような人は、ナースコールも頻繁なイメージがあります。
もっとも、医師にすれば、どちらも困った患者ですよね。
次回からは言うこときくようにします。

にしても。
よっしぃセンセの話し方は、丁寧でいいですねぇ。
ハイわかりました!とつい答えそう。
例の医師だと「歩くなって言ったじゃん」とか言いそうだし、ついこちらも「いいじゃん別に」と言いたくなります。
これからは、タメグチにはタメグチで返してやろうかと真面目に思っております。
2009/11/26(木) 01:26:04
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>christmasさん
ビンゴでしたかw

自宅で過ごせるなら自宅がいいでしょう!

>女王様
>『人生いろいろ』を拝読して、うちの父だけが極端にワガママで頑固なワカラズ屋じゃないことがわかりました。
そりゃ、そうですよ。
本当にいろんな方がいますから。

>でも、今思えば、ある程度終わりが見える癌だからこそ、覚悟を持って出来るんでしょうね。
これは、あると思います。
残された時間が予測できるからその分優しく、深い愛情を注げるのでしょう。

>某都知事が「むやみやたらに救急車呼ぶな」って言ってましたが、世の中両極端なんでしょう。
本当に、タクシーがわりに呼ぶ人がかなりいますから。

タメグチでいいんじゃないでしょうかね。

昔のエントリー『両極端な日本人』、『救急車な男逃げた』も呼んでみてください。
 ↓
http://tugagu.blog34.fc2.com/blog-entry-92.html
http://tugagu.blog34.fc2.com/blog-entry-84.html

2009/11/26(木) 12:06:38
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
横から失礼します
女王様、こんにちは。

おっしゃる通り、癌はある程度、終わりの見える病気です。
私も癌の家人を看取りましたが、肉体的・精神的にとっても辛くなった時、自分にこう言い聞かせていました。で、これは事実だったと実感です。

ですので、周囲の人に、癌は寝付く病気じゃないよ~ん、脳卒中系より介護は楽だよ~んと、イメージトレーニングさせています。もちろん、自分が癌死するとしたらの予防線なんですけど。。。e-446
2009/11/26(木) 12:09:30
URL | christmas #-[ 編集 ]
たびたびすみません
救急車から逃げた記事、爆笑しました。
走れるなら全然大丈夫だろうに。
っていうか、そのくらいなら電話してタクシーで行けよ~。

まぁ、あまり喘息を知らない人(彼女かな?)だと、苦しそうってだけでパニクっちゃうんでしょうね。
自分の為に自分で呼んじゃう輩よりはマシかな。

そして、「在宅介護」。
先が長くないのがわかっているから、なんとか受け入れられました。
でも。
「どうせ短いんだから」と思ってしまう自分が、とてもイヤだったのも事実です。
決して死んでほしいなんて思わないけど、心のどこかで「延々続いたらたまらんわ」って。
酷い娘だな、私は…と今も自分を責めてしまいます。

Christmas様も同じような思いがおありだったんですね。
少~しホッとしました。
考え方も人それぞれで、脳梗塞の母上を介護する友人には「良くなる見込みがない癌の介護よりはマシ」と言われました。
「日に日に弱ってくのを見るのはつらくない?」って。
ん~、確かに。

皆さん『○○よりマシ』とでも思わないと、やってられないのが本音の所でしょうね。
だから、動ける重度痴呆症よりはマシよねぇってうなずき合った次第です。
せん妄程度でイラッとしちゃったダメ長女ですから。

自分自身も、出来ることなら、頭シッカリのピンピンコロリが理想的ですが。
なかなかそううまくはいきませんねぇ。
2009/11/27(金) 01:16:28
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>christmasさん
>周囲の人に、癌は寝付く病気じゃないよ~ん、脳卒中系より介護は楽だよ~んと、イメージトレーニングさせています。

さすがです。
凄いです。

>女王様
>「どうせ短いんだから」と思ってしまう自分が、とてもイヤだったのも事実です。

おそらく、多くの人が心の中でそう思いつつ態度には出せない感じなのでしょうか?
中には、露骨に態度に出す家族もいます。
やっぱりイヤですよね。

おそらく介護者は、何かを自分に言い聞かせているのでしょうね。

2009/11/27(金) 19:46:28
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/473-527b9edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。