~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
お返事 
2009/10/01 Thu 12:19
CATEGORY【診療】
コメント欄で質問をいただきました。

こんな事をブログに書くなんて想像もしなかったことですが、一般の方からしたら興味のある事だと思いますのでエントリーにあげました。

ただし、私の私見ですので他の医者が同じように考えているかどうかはわかりませんのでそのつもりで。


>逆にいろいろ質問したりする患者は、どうなんですか?
>やっぱりイヤでしょうか。

この答えに関してはいくつかあります。

まず、病気や治療などについての疑問点などの質問は歓迎します。

ただし、ある程度の節度は考えていただきたいと思います。

例えば、外来中に20分以上質問してくる場合や何度も同じ質問をするなど。

質問の内容が医学的でない。

つまり、医者以外でも答えることができたり医者以外の方が詳しかったりすること。

治療費などの質問は正直やめていただきたい。

中には、医者に聞いたらすべて解決すると思っている節のある方がいますが、医者に聞いても知らないことは知らないですから。


>医局やナースセンターに戻って「あの患者、苦手なんだよな~」とか「また言ってるよ、ウザイわぁ」とか噂されてるんじゃないかと、気になったりするんですが。

たまには、医局などでぼやくこともあります。

多くの場合は、

・同じ質問を何度もしてくる。(多くは心配性のためですが)

・説明には『はい、はい』と返事をしているのですが全く理解できていない。

できていないから同じ質問をするのかも知れませんが。

わからなければ、別の表現で説明し直しますので早めに教えて欲しいです。

・自分で決められない。

検査を受けるかどうか悩んでしまって時間だけが流れていくのは勘弁して欲しいです。

あとは、神経質すぎる人ですね。

心配いらないよ。と何度説明しても不安に思っている人も困りますね。


>患者的にどうしても好きになれない・不信感が拭えない医師がいるように、医師側にも面倒くさいとか気に入らない患者さんていますよね?
>それはどういうタイプなのか、そのうち教えてください。


これは、難しいですね。

やはり、第一印象も大事ですが、医療の常識やマナーを守らない場合思いますね。

もちろん、知らないからなんですけど。

そんな場合は、医療の常識やマナーを説明し、なぜそんなことが一般的なのかを説明ます。

それで理解していただければいいですが、理解していただけない方は正直遠慮したいです。

どんなマナーかというと、当院の場合は呼吸器の専門外来ですので基本的には紹介状を持って来ていただきたい。

初診の患者さんで、紹介状がなくて自己判断で受診されるだけで『何しに来たの?』と思います。

多くは、咳が止まらないとかなんですけど。

やはり、一般内科などの先生に診てもらって呼吸器専門医に診てもらった方がいいと判断された患者さんと区別してしまいます。

また、他の病院や医院から紹介状を持たずに来た場合。

この場合は、何かトラブルを起こしやすい人なのかと警戒しますし、また、他の病院に勝手に行きそうでイヤです。

紹介状はなくてもレントゲンとか何か持ってきて欲しいですね。

あとは、何度も何度も同じ事を聞く人はやめて欲しいですね。

同じ質問は3回までならいいですけど。(本心は2回まで)

何度も言いますけど神経質すぎる人は正直つらいです。

>相互に理解し合えて、壁がなくなって、縁側で並んでしゃべるみたいに心を許し合えたらいいですねー。

いい関係ではあると思います。

ただ、圧倒的な知識の差があって患者さんに対して説得しなければならない場合もあるので常にその関係は難しいでしょうね。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

ここまで読んで心当たりのあって気をつけようと思った方は大丈夫です。

少しでもよくしていこうと思うから気をつけようと考えるわけで。

おそらくですけど、医者からいやがられるタイプではないと思います。

勘弁してよと思う患者さんは、態度の変化がずっとないですから。

もちろん、心当たりのなかった方は言うまでもありませんよ。

あくまで、私の意見ですけどね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
ワタシの今日の外来でのできごと。
薬を取りにきただけの患者さんの息子さん、
話があるというのでお会いしたら、
お母さんが入所されている施設への不満を
長々と話されて困ってしまいました。
・・・ワタシにどうしろと!?
どうやって話を終わらせるか、四苦八苦です。
2009/10/02(金) 13:37:33
URL | みぃ #-[ 編集 ]
これって、私のことじゃん。。。
このエントリーをせかしたのは私ですが、、、お返事に思わず無言になってしまいますた。。。

私はとっても心配症なので、つい、主治医に同じ質問を繰り返しちゃいます。
あ、あの、、、超多忙な主治医でして、そ、その、、、私の言ったこと、忘れちゃうことがありまして(汗)。

忘れられるよなこと、おたずねしないよう、気をつけたいと思いますた(大汗)。
2009/10/02(金) 18:18:41
URL | christmas #-[ 編集 ]
>みぃ先生
ときどきありますよね。
しゃべった本人はストレス発散できていいでしょうけど、聞かされた方はストレスが。。。あうあうあ~ですね。

>christmasさん
ほっほーw
そうだったんですか。

でも、同じ日に同じ質問を3回以上されたらあれですけど、日が違えばセーフかと。。。

まあ、何度も聞くことで安心できるならそれも医療なのかも知れません。
2009/10/02(金) 20:29:11
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
…あちゃー(><)
すみません、アホな質問してしまって;
こんなに丁寧に答えていただけるとは、考えもしませんでした。
and、我が身を省みて、結構心当たりがあって恥ずかしくなりました。

まず決断力がない人間ゆえ、つい「でも、なんとかなりませんか」と聞いてしまいます。
決心しても揺らいだり。
常識はずれなことは聞いてないつもりですが、耳学問というか、新しい療法や新しい薬のことを訊ねたり。

金銭面も。
聞かれても困るでしょうけど、だいたいザックリいくらくらい医療費がかかるかは大問題です。
はじめてアドエアを出された時は、その高額さに驚きましたから。

抗がん剤等も、結構高額ですよね。
教えてもらえれば、もう少し安いお薬を欲しいと頼めると思うんですが…。
どんどん処置や検査項目が増えると、正直お会計が怖くてドキドキしちゃうこともあるんです。

コミュニケーションは、仕方ないところもありますね。
最初にお世話になった呼吸器内科医は、10年選手の若い医師でしたがとても話し方がやさしく穏やかでした。
ところが、転勤なさって新しく来た医師は、つっけんどんで無愛想。
電子カルテを導入した頃だったせいか、全くこちらの顔も見ず、ひたすらPC画面とキーボードを見つめてました。
正直、この医師に身を託したくはないと思っちゃいました。

浮気も…。
今まさに浮気中です(笑)。
どこの皮膚科に行っても、強いステロイド軟膏とプレドニンだし、その割に一向に良くならないし。
歯科医や皮膚科医は本当に選択が難しいです。

とにかく患者は、「入浴してなくて臭くないかな?」とか「痛がりで呻き声あげて不愉快かも」とか、案外いろいろ気にしてるんですよ。
モンスターじゃない限り、大目に見て下さい。

こんなに真摯にぶっちゃけて下さるよっしぃセンセなら、患者さんも心を許せるでしょうね。
羨ましいです。
2009/10/03(土) 07:06:57
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>常識はずれなことは聞いてないつもりですが、耳学問というか、新しい療法や新しい薬のことを訊ねたり。

全然OKですよ。

>聞かれても困るでしょうけど、だいたいザックリいくらくらい医療費がかかるかは大問題です。

驚きそうなときは結構な値段しますよ。と言う場合もありますけどね。
値段は、窓口で聞いて欲しいです。

抗がん剤も高くて内服の抗がん剤なら1日あたり1万円程度します。
30日分なら薬代で30万円、3割負担なら10万円の自己負担が生じます。

>とにかく患者は、「入浴してなくて臭くないかな?」とか「痛がりで呻き声あげて不愉快かも」とか、案外いろいろ気にしてるんですよ。

結構気にされる方多いみたいですが、医者からしたらそんなことは気になりません。
だって、河川敷のテント生活者とかも来ますからね。
そんな人たちのニオイは、強烈です。
入院させた日には看護師から非難囂々です。
点滴のルートをとるときにアルコール綿で消毒したら拭いたところだけ皮膚の色が周りに比べて白くなったりします。

そんな経験、医師なら何度かしているので全く気にしませんよ。
2009/10/03(土) 09:46:53
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/486-f48c815a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。