~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
もう2年になります。 
2008/02/18 Mon 08:39
福島県立大野病院産科医が逮捕されてからもう2年になります。

まずは、亡くなった産婦さんに、心から哀悼の意を捧げます。


大まかな流れは、福島県立大野病院産科医逮捕事件を参照ください。

そして、なな先生のこの件に関するブログ『福島県立大野病院事件に思う』。1度読んでみてください。

多くのブログで取り上げられていると思います。

なぜこの事件が注目を集めているかというと、多くの医師は加藤医師に大きな落ち度がないと考えているからです。

普通に診療していて、非常に稀なケースにあたり最善を尽くしたけど、ひとつの命を救えなかった。

あきらかなミスがあって命を救えなかった。
と多くの医師が考えているならばこんなに大きな話題にはならなかったでしょう。

もしかしたら、この事件が現在の医療崩壊の始まりであったのかも知れません。

『私は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します。 』


『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


何度も言いますが、医学とは、機械でないひとりひとり全く同じでない人間を扱う、不確かな学問です。

同じ病気の人に、同じ医療行為を行っても、まったく同じ経過をたどることはありません。
多くは、似た経過をたどることが多いのですが、中には全く異なる経過をたどることがあります。

これは、誰が悪いのではないのです。
強いて言うならば、医学が不確かだから、人間の体が機械でないからと言うしかありません。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
私も福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します。
2008/02/18(月) 09:02:35
URL | HDsurgery #-[ 編集 ]
私も賛同します
賛同してブログにエントリを立てています。
無実を確信ししていますし、裁判でも無罪になることを信じ、そして祈っています。
2008/02/18(月) 09:20:58
URL | くらいふたーん #0uLC0/Kw[ 編集 ]
賛同します
私も福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ、支援します。
2008/02/18(月) 09:53:56
URL | 東京ヒルトン #MaKh7gFU[ 編集 ]
私も福島大野病院事件で逮捕された、産婦人科医師の無罪を信じ支援します。

誰も悪くなくても、人は死ぬ。
当たり前の事が、当たり前にわかる時代になってほしいです。
2008/02/18(月) 19:43:03
URL | Dr.I #sSHoJftA[ 編集 ]
遅くなってしまいましたが、
私も賛同いたします。

逮捕された産婦人科医を早く家族の元へ帰して上げて欲しいです。
それと、これ以上、医療界が悪化しないように...。
2008/02/18(月) 20:25:09
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
私も賛同します。
私も賛同します。
2008/02/18(月) 21:06:14
URL | アイスゆず #/5lgbLzc[ 編集 ]
私も賛同します。
すんごく、出遅れていますが・・汗

K先生が逮捕されたニュース映像は医療者でない私にとっても衝撃でした。ロハスメディカルブログで裁判経過を読んでいますが、涙なしに読めません。誰にも利することのないこのような裁判はもう終わりにして欲しい。。
2008/02/21(木) 20:54:28
URL | ako #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/49-66638a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
福島県立大野病院産科医が逮捕されてからもう2年になります。まずは、亡くなった産婦さんに、心から哀悼の意を捧げます。大まかな流れは、福島県立大野病院産科医逮捕事件を参照ください。そして、なな先生のこの...
2008/02/18(月) 08:41:52 | よっしぃの独り言

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。