~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
緩和ケアのイメージ 
2009/10/14 Wed 12:00
CATEGORY【緩和】
なんだか、緩和の話題は久しぶりにような気がします。

とある知り合い(Nさんとしておきます)とホスピス、緩和医療などについての話をしたことがあります。

Nさんは、医療関係者ではありません。

ホスピスや緩和ケア、ボランティアなどにも興味を持たれている方です。

そんなNさんからプレゼントをいただきました。

ホスピスのイメージを詩にしたものだそうです。





いすになりたい

いすになりたい かぐわしきいすに

ただ あるだけでうつくしく

いつだって はだざわりがよく

やがて あなたがやってきて

こしかけたとたんに かいてきを

さしだせるのをまっている

くうせきでさえ ほほえみあふれ

ゆうがなそんざいである いす

すわって よりかかり やすむからだを

みえないうでで だきしめる

わたしは いすになりたい





なんだか、誰もが安心するスペースって感じですね。

ふらついた人を、ふわっと包んで守ってくれる。

そんなイメージでしょうか。

たまには、こんなエントリーもいいかと思いアップしました。

この詩は皆さんの心に響いたでしょうか?

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

もらったのは、自筆ですいた紙に書かれていました。

もっと、かっこいいんだけどな。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
「やさしい」ですねー
きっとお人柄もやさしい方なんでしょうね。

残念ながら私達家族は、末期の父に対して、こんなにやさしいあたたかい気持ちになれませんでしたが。
毎日看てた母は「ワガママで勝手なことを言ってる」と切り捨ててしまいましたし、おそらくよっしぃセンセの言うせん妄からくるチンプンカンプンに首を捻るばかりでしたから…。

本当のつらさは当人にしかわからないし、何が起きるかも素人には皆目見当がつかなかった。
もう少し勉強して理解してあげれば良かったんですけどねぇ。
そこまで切迫感がなかったせいもあり、もっとやさしく付き合ってやれば良かったなぁと後悔しきりです。

言い訳のようですが、第三者が仕事として世話をするのと、日々家族が看るのは違いますよね。
うまく出来ないし、一日中となるとストレスがたまるし。
病人も家族もお互い思うようにいかず、イライラが先に出てしまうんです。
やわらかなイスどころか、父に乾電池があって交換出来たら…なんて思ってしまったほど。
情けないやら恥ずかしいやら。

ホスピスや、自宅で最後を迎えたい方が増えてるようですが、現実はとても難しくて大変だと実感しました。
かかりつけ医の往診とか、ヘルパーや、家族が相談できる相手や。
いろんな脇役のサポートがないと家庭が負のドツボにハマってしまいますね。

うちの近隣では往診医はいませんし、かかりつけ医すら、今振り返ると亡くなる2日前に電話しても「もうそういう時期に来てるから、何もできることはない」と断られました。
たまたま不実な医師だったのかもしれませんが、これじゃ在宅終末なんてムリです。

苛立ちや不安、慟哭と闘う患者&家族をつつみ支えるやわらかいイスとか強い杖が欲しいですね。
2009/10/16(金) 01:20:10
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
横から失礼します
>やわらかなイスどころか、父に乾電池があって交換出来たら…

笑ったぁ~っ!
そして、激しく同意です(笑)。

私も終末期を看取るにあたり、緩和ケア医師のブログを読んでイメージを高めていたつもりでした。「せん妄」という単語もそこで覚えたのですが、、、

ちょっとした我儘とか記憶障害とか、、、それもせん妄症状のせいだったかも!?と考え直したのは、よっしぃ先生のせん妄エントリーを読んでからです。

というわけで、終わってしまってから反省することがズルズル出てきて、しばらくこのブログ、読むのがいやんなっちゃったほどです(嘘!)。
2009/10/16(金) 11:39:09
URL | christmas #-[ 編集 ]
>女王様
こころから優しい人なんでしょうね。

>言い訳のようですが、第三者が仕事として世話をするのと、日々家族が看るのは違いますよね。
全くその通りです。
仕事として関わるのは、プロとして関わり勤務が終われば基本的には関わる必要はありません。
家族なら、ずっと関わらなければならず家族自身の生活もありストレスは当然たまると思います。

>ホスピスや、自宅で最後を迎えたい方が増えてるようですが、現実はとても難しくて大変だと実感しました。

ホスピスはそうでもないでしょうけど自宅では大変です。
家族の覚悟があって初めて可能になると思います。(医療環境はもちろんのことですが)

>christmasさん
昔と比べると、いろんな情報を得るのが簡単になってきていますね。

医療の情報もしかりです。

christmasさんは、あまり情報(知識)を入れない方がよかったなぁとか考えたりしませんか?
2009/10/16(金) 12:36:45
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
Le Petit Prince
N様が緩和ケアに関してお勉強をされた結果、そのようにお感じになられたのでしょう。
緩和ケアは素晴らしいものですね、この詩を読んであらためてわかりました。安心しました。

逆の、見送らなければならない人、遺される人の気持ちを温める文が『星の王子様』の中にあります。
自分で訳して時々読み返しては心を鎮めています。
大切な人を失った方、失う運命の方の一助となればと思います。
よろしければご笑覧下さいませ→http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=ebi-vow&articleId=10333651660
2009/10/16(金) 23:37:36
URL | エビ #XbnZBJT2[ 編集 ]
>エビさん

>逆の、見送らなければならない人、遺される人の気持ちを温める文が『星の王子様』の中にあります。

あまり文学のことは知らないので読んだことありません。

せっかく教えていただいたのですが、リンクが、、、見れません(泣)
2009/10/17(土) 10:55:21
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
sorry
アラ、何故でしょうね。
すみませんでした。
その記事のコピペです↓



Le Petit Prince
09/09/02 00:00
以前から大切にしている『星の王子様』からの一文があります。
稚拙な超訳ですが、よろしければご笑覧下さい。

英語のままの方がsolidに感じられて良いという方はその様に…。

“And when you're consoled(everyone eventually is consoled), you'll be glad you've known me.You'll always be my friend. You'll feel like laughing with me.And you'll open your window sometimes just for the fun of it..."
“君の悲しみが癒えた時(悲しみはいつかは癒えるよ)君は僕を知っていたって、そんなことにさえ喜びを感じるはずなんだ。君はいついつまでも僕の友達。君は僕と一緒に笑いたくなる。そうしたら君はただ、時折窓を開けて笑いかけるといい…"
~『星の王子様』稚拙超訳:エビ


たとえ側にいられなくても。
手を繋いでいられなくても。

愛を込めて




↑という内容でございました。
2009/10/17(土) 16:41:32
URL | エビ #XbnZBJT2[ 編集 ]
to be or not to be,,,
よっしぃ先生、私はこのブログで丸山ワクチンについての知識を入れない方が入れるより、むしろよかったのではないか???と、悩んでいます。

抗がん剤治療が行き詰っているガン友が、○山ワクチンをするつもりだと私に言ったのです。「それは効かないよ、医者もそう言ってるよ」と、笑い飛ばすには、あまりに酷な状況。

こういう場合、私も情報を持たず、ふ~ん、、、で終われれば、そこで終われたんですけど。。。
ううう、この後、どうするか、、、That is the questionですわ。(私のことだから、結局は自分の考えを伝えることになるんですけど。うう、これもThat is the question againだわ。。。)
2009/10/18(日) 00:54:38
URL | christmas #-[ 編集 ]
>エビさん
なるほど、星の王子様は小学生の頃題名を見たことがあり子供向けの話だと思っていました。

奥が深いのですね。

教えてくれてありがとうございます。
2009/10/18(日) 00:57:37
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
>christmasさん
丸山ワクチン実在します。
あります。
だから、それを信じる人がいるのも事実でしょう。

酷な状況で、わらをつかむ思いで心の安らぎになるなら丸山でもよいと思います。

以前の掛け違いの方は他にまだ手があった方なので。。。。

知らない方がいいこともありますが、ここはネットの世界。

調べればいくらでも情報はあります。

嘘の情報も含めてですけど。

その情報をどう使うかはその人次第です。

私はなるべく正しいことを客観的に伝えるように努力しているつもりです。

それ以上は。。。

あまり嬉しいこととは思いませんが。。。
2009/10/18(日) 01:47:14
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/492-7973881e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。