~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
まんがでわかる医学 
2009/10/24 Sat 11:47
おもしろい漫画をみつけました。

『がん免疫療法はまだ臨床研究の段階です』

すごくわかりやすく書かれています。

漫画ですから当然でしょうか。

内容も現実に即したものになっており、がんの専門家が読んでもおかしいところは見あたりません。

7ページにある

>手術、抗がん剤、放射線に続くがんの第4治療法ですか……!?

>それは、持ち上げすぎですね!

などのくだりは、実際患者さんと話していてよくあることなのでこの漫画すごいと思ってしまいました。

他にもこれも秀逸です。

『研究段階の治療は受けるなら臨床試験で』

3ページの

>もしかして先進医療は「高級」で標準治療は「並」だと思っているでしょう?

>違うんですか?

以下その説明は非常に理解しやすく考えられています。

また、6ページの

>治る可能性の高い患者さんに効くかどうかわからない治療の臨床試験を受けてもらうのは倫理的に問題があります!

まさにその通りなのですが、多くの患者さんはそのあたりがよくわかっていません。

最後のページ

>ワラにしては、高すぎますよね…
>臨床試験なら医学の進歩に貢献できますが…

標準治療でない治療を受ける場合は、ぜひ臨床試験で受けるようにして欲しいと思います。

私が興味をそそられたものとしては

『痛みは上手に伝えよう』

『苦しいときはいつでも緩和ケア』

などがあります。

ただ、『苦しいときはいつでも緩和ケア』の最後のオチは若干やり過ぎなような感じですけどね。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

christmasさんも何か書いてみませんか?

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
聴診器よ、響け!
なんか呼ばれたような気がして…(笑)

難しい治療のメカニズムなど、漫画で表現するのは、漫画家は大変ですけど、一般の人にもわかりやすくなっていいですね。
ただし、医者が読んでおかしくない、というのが絶対条件ですよね。

その昔、わけわからん食品のPR漫画を描いたことがありますた、、、編集者が作ったシナリオ通りに描けと言われ、とても困っちゃったんです。
キノコやサメの抽出物、海藻が病気に効くってコンセプトだったんですけど、私が学んだ食品の知識と激しくズレまくっていて…。苦い経験です。

ホラー作家としては、「メスよ、輝け!」みたいな外科医の漫画を描いてみたいです。よっしぃ先生の漫画化だと、タイトルは「聴診器よ、響け!」になるのかな。
あ~、内科医の話って、なんか冴えない。。。(笑)
2009/10/25(日) 22:21:40
URL | christmas #-[ 編集 ]
>その昔、わけわからん食品のPR漫画を描いたことがありますた、、、編集者が作ったシナリオ通りに描けと言われ、とても困っちゃったんです。
なるほど、そんなこともしていたんですね。

自分の主張ができないと悲しいですね。
それがトンデモだったりしたら・・・

啓蒙するために漫画は重要なツールとなると思いますよ。
2009/10/26(月) 20:15:27
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
せんせー。グリムスがハロウィンになってて、カワユスv-343
2009/10/26(月) 23:10:06
URL | kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
ホントだ。
ハロウィン♪

仮装でもしようかな?
2009/10/27(火) 12:50:03
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
怖いハロウィン
ホント、ハロウィン・バージョンじゃん♪

私はいつも化けているので、ハロウィンには化けの皮を剥がしましょうか←これは怖いっ
2009/10/28(水) 00:16:09
URL | christmas #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/498-df4f181f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。