~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
手洗いの研究 
2009/11/07 Sat 11:26
CATEGORY【診療】
今日は小ネタです。

読めない人が多いと思うので。。。

手洗いには不潔感を与える理由を

手洗いの研究: 男性は不潔感、女性は知識に反応する

Miranda Hitti


【10月22日】男性に手を洗ってもらうには、あからさまに気持ち悪いメッセージを出すといい。

このフレーズはどうだろう---「せっけんで洗わないと口に入ります」。『American Journal of Public Health』に最近発表された研究で、これは男性に手を洗わせるのに最も有効なメッセージのひとつだった。

同研究は、様々な年齢層の旅行者で道路が込む夏休み中、イギリスの高速道路サービスエリア内にあるトイレで行われた。

研究者らは男性と女性のトイレに大文字が点滅する電光掲示板を設置した。メッセージはすべてせっけんで手を洗うことの重要性を伝えるものだった。しかしメッセージの口調は異なっていた。

「水では殺菌できません。せっけんならできます」というように、いくつかのメッセージは手を洗わないことのリスクをうたった。

別のメッセージは「隣の人はせっけんで手を洗っていますか?」と社会的規範を利用したものだった。さらに「トイレを口に入れないで---せっけんで手を洗おう」というような、研究者らが「不潔ファクター」と呼ぶメッセージもあった。

比較のため、掲示板は時々消しておいた。トイレのソープディスペンサーに付けたセンサーで何人がせっけんを使ったか記録した。

様々なタイプのメッセージがせっけん使用の動機になっていた。

「男性は嫌悪感にかなり反応したが、女性は有意な反応を示さなかった」とロンドン大学衛生熱帯医学大学院のGaby Judah, BAらは書く。

女性は手を洗わないことのリスクを知らせるメッセージに反応した。

「男女両方の反応が良かったメッセージは“隣の人はせっけんで手を洗っていますか”と規範に訴えるメッセージだけだった」という。

Judah氏らがトイレから出てきた人をインタビューした結果、ほとんどの人が手洗いメッセージを全く覚えていなかった。また、手洗いに十分時間をかけたかどうかも同研究では分からない。

しかし、人に手を洗わせるには様々なメッセージが有効なようだ、とJudah氏らは記している。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

男性と女性でこんなに違うものなのですね。

やっぱり、男女だけでなく個人個人によって手を洗いたくなるメッセージは違うような気がしますね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
>「不潔ファクター」
これ、強烈ですね~ ヾ(--;)ォィォィ

家庭でなくて、公共のトイレだとそのトイレや手を洗うスペースがキレイに保たれているかどうかも関係がありそうな気がしますねぇ・・・

私はどちらかというと嫌悪感に反応しそうです。アレ?男性じゃないのに?
2009/11/07(土) 14:14:46
URL | ダイヤモンドダスト★ #-[ 編集 ]
へ~!
男性じゃないので男性の感覚はわかりません。
でも、相対的に男性のほうが手洗いしないし、ズボンとかでチャチャっと拭いたりしますね。

こういう季節柄だし、入院してるとやっぱり手洗いは気になります。
そこら中に「手洗いマニュアル」が貼ってあるし、なんとなく病院の手すりとかトイレドアって気持ち悪くて触りたくない。
点滴棒ころがす時も、ハンカチで握っております。
気にしすぎなんでしょうけど、普段より手洗い回数も多いような。

今までは、病室入口の手消毒液なんて使ってませんでした。
けど今回は。
気休めかもしれないけどかなりやりましたよ。
我ながら「あらいぐまラスカル」って感じ。

決して病棟が不潔なわけじゃないし、むしろものすごい丁寧に業者サンは清掃してます。
街中の公共施設の比じゃないはずなのに、何故か触ることに敏感になりますね。
あまり神経質でも問題ありますが…。

もっとも。
私の場合は点滴が手首に刺さってたんで(当初は輸圧ポンプ付き)、洗いたくてもうまく洗えない!
ウェットティッシュのお世話になりましたけど、洗えないのはイライラしますよー。

話変わって。
ちょっと質問というか…。
おかげさまで明日退院となり、いろいろ手続き書類を書いてるんですが。
匿名可の「ご意見」用紙があるのです。
どうしよう?と。
主治医が回診時、ベッドに座ってたこと。
毎回堂々と座って話してる姿が気になって仕方なかったんです。
皆さん、そんなもんですか?
よっしぃセンセはお座りになります??

気にすることじゃない・普通にありがち、ならそれでいいので「タメグチは変」だの「椅子に座れよ」だの一筆書くのはやめます(笑)。
スミマセン、バカバカしい質問してしまいましたf^_^;
2009/11/07(土) 17:20:54
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>ダイヤモンドダストさん
>「トイレを口に入れないで---せっけんで手を洗おう」
これは、強烈なインパクトありますよね。

きれいに保つためのメッセージや努力もありそうですね。

>女王様
>でも、相対的に男性のほうが手洗いしないし、ズボンとかでチャチャっと拭いたりしますね。
たぶん、間違いないでしょうね。

>決して病棟が不潔なわけじゃないし、むしろものすごい丁寧に業者サンは清掃してます。
でも、病院はいろんな病気の人がいるので家庭より不潔なのは間違いないと思いますよ。

>隣の人はせっけんで手を洗っていますか
これはいいメッセージですよね。

>よっしぃセンセはお座りになります??
いや、座らないですよ。

座るなら椅子ですね。
まあ、患者さんの目線でしゃべるようにと教わりましたから実践しているのかも知れません。
2009/11/07(土) 22:12:14
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
ちゃうっ!
>まあ、患者さんの目線でしゃべるようにと教わりましたから実践しているのかも知れません

こ、これは、、、ちゃうで(笑)。

私の主治医は、術後の回診時に、なぜか床にひざまついちゃって「気分はいかかですか?」と。
ものすごーーーく驚きますた。
「患者目線でしゃべる」を実践したんだとは思いましたが、明らかにやり過ぎです。

ホストクラブで同様のしぐさを体験したので、当時、そーとは思えませんですた(爆)。
2009/11/08(日) 00:30:27
URL | christmas #-[ 編集 ]
Christmasさんに同意!
患者と同じ目線ってのを実施してるなら、えらい勘違いですよ。

立ってるから「上から目線」だとは思わないし、ひざまずいたからってへりくだってるって事でもないし。
というか、ひざまずく姿勢も引きます(笑)。

座るなとは申しませんよ。
目の前に丸椅子があるんだから、それに腰掛けて話す分には全く気にしないです。
馴れ馴れしいタメグチではあるけど、ちゃんと聞いたことに答えてくれたし。
でも、ベッドに座るのはやっぱりねぇ。

根本的にこの医師は、「患者目線」を履き違えてそうです。
タメグチもそこから来てるんじゃないかな?
比較的年齢が近いから、つい「俺」「~じゃん」なんて話し方になったのかとも思いましたが。
担当になって長いお付き合いなら、タメグチも冗談もいいでしょう。
あまり距離感がないほうがやりやすいし。
が、初対面ではちょっと。

いや~、今の若い医師は、皆さんこうやってコミュニケーションをとるのかと驚いた次第です。
2009/11/08(日) 23:33:39
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>christmasさん
>こ、これは、、、ちゃうで(笑)。
違うとは思ったのですが、、、汗、汗、

>私の主治医は、術後の回診時に、なぜか床にひざまついちゃって「気分はいかかですか?」と。

そんな先生もみたことないですね。

>女王様
>患者と同じ目線ってのを実施してるなら、えらい勘違いですよ。
やっぱ、そうですよね。

>目の前に丸椅子があるんだから、
椅子があるんですね。
椅子がないからかと思いました。
じゃ、明らかにおかしいと思います、その医者。

>いや~、今の若い医師は、皆さんこうやってコミュニケーションをとるのかと驚いた次第です。
まれでしょう、まれ。
2009/11/09(月) 12:26:03
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
手を洗ったあとのほめ効果も知りたい
トイレ利用前あるいは利用中の動機付けの効果も興味深いものがありますが、手を洗った人に
「次も洗ってね」
ってほめる効果がどのくらいあるかも知りたいです。
2009/11/09(月) 16:12:27
URL | くらいふたーん #0uLC0/Kw[ 編集 ]
>「次も洗ってね」
ってほめる効果がどのくらいあるかも知りたいです。

褒めるのもいいでしょうね。
ただ、言い方にも影響されるので研究するのは難しそうですね。
2009/11/10(火) 12:37:49
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/503-298d83b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。