~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
マスクによる差 
2009/11/09 Mon 13:35
CATEGORY【診療】
JAMAいうアメリカの有名な医学雑誌にN95のマスクと普通のサージカルマスクでインフルエンザの予防に関して差がないとの論文が載っていました。

個人的な感想は、やっぱりなという感想ですけど。

これで、普通の方がN95マスクを買い求めたりする必要性がないことがはっきりしましたね。

原文は
 
 ↓

『Surgical Mask vs N95 Respirator for Preventing Influenza Among Health Care Workers』

探してみると日本語もありました。

ログインしないと読めませんが、

『サージカルマスクの性能はN95マスクに劣らない』

2008年9月23日~12月8日にカナダ・オンタリオ州の8カ所の第三次医療機関(大学病院6施設:310~400床、市中病院2施設:256~400 床)の救急部門、内科部門、小児科部門にフルタイム(就労時間は週に37時間超)で勤務する看護師446人を登録。平均年齢は36.2歳、94%が女性だった。

登録した看護師を、無作為に、個々人の顔にフィットすることが十分に確認されたN95マスク(221人)またはサージカルマスク(225人)に割り付けた。サージカルマスクは、各病院が用意している製品をそれぞれの製造会社の指示通りに使用する、とした。

季節性インフルエンザワクチンの接種率は、サージカルマスク群30.2%、N95マスク群28.1%で差はなかった。

この間のインフルエンザ感染は、サージカルマスク群50人(23.6%)、N95マスク群48人(22.9%)で、絶対リスク差は-0.73%。95%信頼区間は-8.8%から7.3%(p=0.86)となり、サージカルマスクの非劣性が示された。

PCRで感染が確認された看護師は、サージカルマスク群6人(2.8%)、N95マスク群4人(1.8%)。絶対差は-0.93%(-3.82%から1.97%、p =0.75)で、やはり有意差は見られなかった。

インフルエンザ以外のウイルスの感染率についても、サージカルマスク群とN95マスク群の間に差はなかった。また、インフルエンザ以外のウイルスに感染した患者の中にインフルエンザ様疾患とみなされる症状を示した看護師はいなかった。

呼吸器疾患により受診した看護師は、サージカルマスク群6.1%、N95マスク群6.2%(p =0.98)で差はなかった。

このように、オンタリオ州の第三次医療機関の看護師のインフルエンザ感染予防において、サージカルマスクはN95マスクに劣らない効果を持つことが明らかになった。この結果は、インフルエンザの感染に関わる飛沫のサイズがサージカルマスクでほぼ防げるレベルであることを示唆する。また、サージカルマスクの問題の一つは顔にフィットしないことだと考えられてきたが、それもまた、感染率に有意な影響を与えない可能性が示された。



一部のみ抜粋です。

また、こんな記事も

『H1N1による入院・死亡患者の34%は迅速診断で陰性
米カリフォルニア州での分析、入院リスクが最も高いのは乳児』


新型インフルエンザ(2009 H1N1)に感染し、重症化した患者に関する情報が蓄積されつつある。米カリフォルニア州公衆衛生局のJanice K. Louie氏らは、同州内での2009 H1N1流行開始から16週間の入院または死亡例について分析し、季節性インフルエンザ感染の場合と比較した。この結果、2009 H1N1による入院リスクは生後2カ月までが最も高く、死亡リスクは50歳以上が最も高いこと、迅速診断で偽陰性となった患者が3人に1人の割合で存在することなどが明らかになった。詳細は、JAMA誌2009年11月4日号に報告された。

50歳以上の集団は、入院率こそ低いものの死亡率が高かった。高齢者の一部が免疫を有する可能性が示されているが、50歳以上の感染者については慎重な観察を怠ってはならないと著者らは言う。

そして、迅速診断では偽陰性が多いことに注意すべきだ。ハイリスク患者の場合には判定が陰性でも監視を怠らず、可能な限り早く抗ウイルス薬を投与する必要がある、と著者らは述べている。




陰性だからといってインフルエンザでないとは言えないですからね。

あくまでも迅速検査キットは補助診断でしかありません。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

また、インフルネタになってしまいました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
質問です
N95って、何がN95なんでしょうか?
サージカルとどう違うんですか??

Drがはめてるのは、N95なのかしら。
やけにデカいですよねーアレ。
あまりに顔が隠れてて、ちょっと気味が悪いような。
あんなの、喘息の私がはめたら、マジで息苦しくてサチュレーション下がりそうです(>_<)

そういえば、とある個室に「入室時はN95マスク着用のこと」と貼り紙され、ドアの所にマスクが置いてありました。
新型インフルさんかな、と思って見てましたけど、あの雰囲気は結核かもしれませんね。
インフルなら飛沫感染ですし、あんなに厳重じゃなくていいような。

まぁ、何にせよこの騒動で「手洗い」や「咳エチケット」が広まったのは、ケガの功名かな。
平気で咳やクシャミをバラまく輩は少なくないですからね。
花柄とかキティちゃんとかのかわいいマスクも出てきて、楽しめるし。

それにしても。
こちら神奈川県は相変わらず爆発的にインフルが増えております。
おかげさまで退院となり、諸手続きに1階受付に行ったら、ものすごい混雑!
内科外来なんてラッシュアワーの電車みたいでした。座るところもない有り様。
ああなると、病院で感染しちゃうんじゃないかな?
近寄ると危険な感じさえしました。
こんな所で1時間も2時間も待つなら、家で寝てるか近所の開業医に行けばいいのに…。
マスクどころか、空気清浄機が欲しいくらいでしたよ。

よっしぃセンセの病院はいかがですか?
2009/11/10(火) 17:09:20
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
一番最初の行のN95のマスクをクリックしていただくと過去エントリーで説明しているページに飛びますよ。

携帯から見れるかどうかは不明ですが。。。

>新型インフルさんかな、と思って見てましたけど、あの雰囲気は結核かもしれませんね。

たぶん、あたりでしょう。
結核だと思います。

>よっしぃセンセの病院はいかがですか?
そんなに凄いのですか?
うちの病院はそれほどではありませんよ。
2009/11/10(火) 23:22:13
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/504-a76380fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。