~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
肺がん学会ー50th 
2009/11/19 Thu 12:36
先週末は、肺がん学会は50回目の記念大会でした。

今年は、アリムタ(ペメトレキセド)という抗がん剤が肺がんでも使えるようになりました。

また、今月11月からアバスチン(ベバシズマブ)も肺がんで使えるようになりました。

また、アプレピタント(エメンド)という今まで日本で使えなかったタイプの吐き気止めも今年度中には使えるようになりそうです。

肺がんの治療も進化してきています。

また、来年から肺がんの癌取扱い規約も変更になります。

肺癌取扱い規約とは、簡単にいうと肺がんをどのように診断して、広がりやある場所でどのような治療を行えって行けばよいのかを示したものです。

腫瘍の大きさの分類などが細かくなること、それと胸水があれば遠隔転移とみなすなど今までの分類とはずいぶんかわった印象を持ちます。

まあ、そんなこんなで肺がんの治療は今年から来年にかけてずいぶんとかわると思います。

そんな中、学会に参加してきました。

新宿の京王プラザホテルでありました。

会場は43階にもありましたのでそこからの景色はすばらしいものがありました。

丁度、晴れの日と雨が降っていて煙っている日との東京の景色が見れました。

目の前に東京都庁があり、雨で煙った中に浮き上がる都庁はきれいでした。

その学会の中で出会いが二つほどありました。

ひとつは、43階から降りるエレベーターの中です。

エレベーターに乗り込むと異様に背の高いジャージを着た女性たちがいました。

日本人でないことはすぐにわかりました。

ジャージの胸にDOMと書いてありました。

明らかにスポーツ選手だとわかりましたが、何のスポーツか、どこの国かがわかりません。

彼女たちが降りるときに背中が見えました。

背番号の上にDOMINICAと書いてあったので国はわかりました。

よくよく、考えてみると女子バレーの大会をやっていたことを思い出してようやくスッキリしました。

あとひとつは、このブログでも時々紹介させていただいている『緩和ケア医の日々所感』の管理人であるaruga先生と少しの時間ですがお話しさせていただきました。

blogなどでは、コメントをいただいたりしていたのですが、初めてリアルにお話させていただき非常に嬉しく思いました。

(実は、2年ほど前講演をリアルに聴いたことがあったのですが、緩和医療学会でありその学会では非常に有名な先生であり直接お声をかけることが出来なかったのでした。)

そんなこんなで、肺がん治療に関しても非常に変化していく年の50回という節目の学会でした。

また、個人的にも思い出深い学会となりました。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

そう言えば最近、肺がんの話題も少ないですね。

インフルネタが多すぎるんですね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
テーマとは全然関係のないコメントですみません
だいぶ前の「医者になった理由」読ませて頂きました。実は私両親も兄も祖父母もそのまたひい祖父さんひい祖母さん両親の身内ほとんどが医者です。医者の子供が医者になるまさにその通りです。医者になりたくなくても母のお腹の中にいる時から将来はきめられ誕生したと同時に医者になる為の教育が始まりもの心ついた頃から医者になることを当然のように頭に叩き込まれ魔法をかけられたように医者になることだけを目指し小学校受験で楽しいはずの幼稚園時代も塾通いおまけに頭が悪いのにクラスメイトに医者の娘というだけで凄く賢いと思われ変なプレッシャー家に帰れば近所の友達の親にも同じく変なプレッシャーをかけられ 頭が悪い私はボロボロに 当然頭が悪かったんで医者にはなれませんでした。そんな私を親は気に入らなかったようで代々医者家系の血を絶やしたくなかったのか子供がだめなら結婚相手に医者をみたいな感じで医者をすすめてきたり 私は幼稚園から高校まで一緒だった主人と結婚しましたがたまたま主人も医者で医者家系です。多分私の娘も医者に 自由に自分の好きな道へ進すませてあげたいんですが身内からの強い圧力がありそうも出来ません。先生は自分の子供を医者にしたいですか?
2009/11/19(木) 15:38:03
URL | 博美 #-[ 編集 ]
学会お疲れ様です(*^-^)b

患者さんにとって認められる薬が多くなるんだ\(^O^)/Yahoo

医療の進化に期待しちゃう

(パ∀゜)☆!

お願い急いで…そんな気持ちです(>人<)



あのね、よっしぃ先生?

サッチャンね、彼はどんな治療をしながら病気と闘っているのか教えてくれないんだけど

抗がん剤は飲んでいない…いい菌まで殺してしまうから病気になりやすい

そう言った(/゜□゜)/エッ?

でも何かの薬は飲み続けてて、時々気持ち悪くなったりするようなの(・ω・`;)

先日、風邪から肺が痛くなって3日間のプチ入院をしたんだけど

癌はまだ暴れてないから余命はのびるかもしれないと言ってくれた(o^ω^o)v

サッチャンに心配させない為の彼の優しい嘘かもしれないんだけど

抗がん剤を飲まなくても癌は暴れださないの?

延命に抗がん剤は必要ないの?

病状や今までの治療行為がわからないだけに

これだけじゃ~よっしぃ先生も答えようがないよね

ゴメンナサイ/(^O^)\
2009/11/19(木) 23:59:36
URL | サッチャン #-[ 編集 ]
あー、京王プラザですかー
若くてリッチだったころは、何回か行きましたよ。
都庁側の部屋と、六本木ヒルズや東京ドームや東京タワーが見える側があって。
都庁側がキレイなんですよねー。
ハイアットか何かも見えるし、ネオンライトがキラキラして。まさに摩天楼。
冷暖房ケチりながら、これのどこがエコなんだよ?!とツッコミたくなるほどです(笑)。

余談ですが。
京王プラザの屋上から、沖雅也が飛び降り自殺したんですよねぇ。
屋外プールの方に向かって。
……。
47階建てで、簡単に屋上に出入り出来るのもおかしいけど…。

新宿はああ見えて、東京女子医大とかいろんな大学病院がありますから、学会をやるには好都合なんでしょうね。

話を戻して。
取り扱い規約って、まるで電化製品みたいですねー。
いわゆるガイドラインみたいなものなんでしょうか?

全ての患者がマニュアル通りにはいかないとは思いますが、ある程度標準化されて、どこの病院のどの医師に当たっても新しい水準の医療が受けられたらいいですね。
肺ガンに限らず。
片田舎の中規模病院だと、なかなか取り扱ってない治療や薬もあるようです。
先日入院した病院も、いまだにPETの設備すらないし。
なので、先進医療となるとT海大学病院やK里大学病院あたりに紹介状出されてしまう有り様です。
お忙しいでしょうが、積極的に学会で勉強なさる医師だとありがたいですね。
もっとも、やたらに「日本○○医学会会員」て肩書きが並んでる医師も、ちょっとビミョーですけど…。
2009/11/20(金) 01:59:39
URL | 女王様 #-[ 編集 ]
>博美さん
昔のエントリーまで読んでいただいてどうもありがとうございます。

確かにまわりが医者になれって感じならそうとうなプレッシャーですね。
私は、自分の子供に医者になることを強いるつもりは全くないですね。
好きなことをすればいいと思います。
医者という仕事もいいところと悪いとこがありますから。

>サッチャン
ごめんね。
それだけの情報では何ともいいようがありません。

サッチャンになんと言っていいのかわかりませんm(_ _)m

>女王様
京王プラザの上からの景色はよかったですよ。ホントに。

>取り扱い規約って、まるで電化製品みたいですねー。
そうそう、細かいですよ。
でも、それで治療方針が決まることがほとんどですので。
もちろん、その中ですっきり分類が出来ない患者さんがいるから、医者がいるんですよね。コンピューターには無理なことです。

PETは、うちの病院もないですよ。
なくても地域に1台あれば十分でしょう。
ありすぎると赤字になりますよ。
2009/11/20(金) 11:49:38
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
わからなくて当たり前だよね

(*´艸`)ククッ

サッチャンもこれだけしか聞かされてないから

わからないことだらけヾ(゜∀。)ノ

彼の生命力を信じる…

これしかなさそうだね(*^-^)b

先生ありがとう\(^O^)/
2009/11/20(金) 12:48:54
URL | サッチャン #-[ 編集 ]
よっしぃ先生 お返事ありがとう御座います。最近子供の教育のことで母とぶつかることが多く悩んでいました。でもよっしぃ先生のブログを読んでいるうちに自分が間違っていたことに気付くことが出来ました。恥ずかしい話なんですが 医者の家に生まれながら 今まで親の仕事を全く理解しようともせずいたように思います。両親が強く私を医者にしたかった理由がわかったようなそんな気もします。私が病気の時も仕事で帰って来れなくて不安で泣いた時も 運動会や参観日に仕事で来てくれなかった時も 父と母は患者さんの命を守る為に一生懸命頑張っていたんだとわかりました。両親は共に産婦人科の医師で仕事が忙しく家に帰って来ない日が多く 開業医でちょっとは暇のある祖父母に育てられたので 同じ医者なのに勤めに出ている親が忙しく家に帰らず 子育てを祖父母に任せ 我が子が病気でも帰って来ない きっと父も母も本当は辛かったんだなぁと思いました。
両親に今までの自分の気持ちを伝え 理解しようともしなかったことを謝り 子供の教育についてもう一度ゆっくり話し合おうと思います。

よっしぃ先生ありがとう御座いました。
2009/11/20(金) 18:02:16
URL | 博美 #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/506-6ab952ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。