~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
医者の能力 
2008/03/04 Tue 12:39
CATEGORY【診療】
m3に去年の6月19日にエントリーした記事です。




医者の能力っていろいろあります。

1,病気を診断する能力
2,病気を治療する能力
3,手技を行う能力
4,コミニュケーションをとる能力
5,研究する能力

などなど、挙げていけばきりがないと思います。

すべての能力が完璧な医者はいないと思います。

みんな、それぞれ得意とするところ、不得意とするところがあります。
それにより、患者さんからの評価、医師からの評価、看護師からの評価が決まると思います。

これらの評価が一致しないことはしばしばあります。
患者さんの評価は主に4と3が優れていると高いと思われます。

医師からの評価は、院内の医師からは1、2、3が優れているといいだろうし、院外からは、5が優れていると評価があがると思われます。

看護師さんの評価は主に3と4じゃないかな?それと、1、2がある程度以下だと評価の対象にすらなりません、きっと。

開業医の先生で、紹介してきたときの治療内容は目を覆いたくなるくらいひどい治療内容なのです(一度や二度ではありません。)が、患者さん、家族の評判はすこぶるいい先生もいます。

また、院内の先生方の間では、『あの先生にまかせといたら大丈夫。』と評判のいい先生でも、看護師からの評判が悪かったりします。

ただ、どんなに悪評高い医者でもその先生を慕っている患者さんは必ずいます。(はたから見てるとホントに不思議なんですが。)

患者さんがその先生の事を心から信頼することができれば、その患者さんにとって、その先生が名医です。

そう考えると、医者は全員『名医』かも?




『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

不思議なことですが、主治医の顔を見るだけで症状が和らぐ患者さんも多いです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/62-5c453ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。