~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
日本の医療の現状 
2008/03/10 Mon 12:20
m3のブログに去年の7月30日にエントリーした記事です。




経済協力開発機構(OECD)が先日発表した2005年基準の保健統計によると、

①日本の国内総生産(GDP)に占める医療費支出の割合は8.0%で、OECD加盟30カ国の中で22位であった。
OECD平均は9.0%だった。米国が15.3%で最も高く、次いでスイス(11.6%)、フランス(11.1%)、ドイツ(10.7%)の順だった。

②人口に対する医師の割合は1000人に2.0人であった(平均3.0人)。 OECD加盟30カ国の中で27位であった。

③日本がトップだったのはCT、MRIなどの高額医療機器とくにCTは、加盟国平均の4倍で2位以下に大差をつけての首位です。

この、3つの事実を重ね合わせると何が見えてくるでしょうか?

②に関しては、医療崩壊などと最近、いろいろなところで目に付くようになりました。
③に関しては、このような、高価な医療機器は医者の仕事を増やしている事が多いのです。技術の進歩も参照ください。

と言う事は、日本の医者の仕事は世界で一番過酷な可能性が十分あると思われます。

また、ご存じのように日本は世界有数の長寿国です。
どういう事か?

高齢の方がたくさんいるという事です。

と言う事は?

他の国と比べて医療を必要とする人の割合が多い。
つまり、他の国より医療費がかかる人口構成である。と言う事です。

ところが、医療費は相対的にかなり安い。

日本の医者は、頑張ってると評価できませんか?

ところが、未だに医療費削減の記事が新聞に出ています。
いくらなんでもおかしいんじゃない?

やはり、医療は国民にとってなくてはならないものです。
必要なものには、お金をかけていかないといけないんじゃないですか?
病院がどんどん倒産して行ってる現状、おかしくないですか?

大学病院でさえ、コストの事を考えて医療を行ってます。
これは、おかしいと思います。

もう、医療費削減って叫ぶのはやめにしませんか?

医療崩壊も少しはましになるんじゃないですか?





医療費増やした方がいいと思う方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

ようやく、こういった話しが少し広がりつつあるような気がします。

ありがたいことです。
コメント
この記事へのコメント
まだまだ道路が足りないので、そっちが大切だそうです♪道路が無いと、救急車が病院に行けなくなるのでね(笑

2008/03/10(月) 17:30:31
URL | 若開業医 #99DFA69w[ 編集 ]
そうですね。
ドクターヘリの方が現実しそうですから。
それが日本って感じですねぇ。
2008/03/10(月) 21:57:19
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/19(火) 06:37:04
| #[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/74-661e2f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。