~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
わかりやすい説明 
2008/03/09 Sun 13:11
CATEGORY【診療】
いろんなブログなどで取り上げられてるのでご存じかと思いますが、予後・合併症…患者に通じない736語、国語研が言い換え例なる記事がありました。
予後・合併症…患者に通じない736語、国語研が言い換え例魚拓

「予後」や「病理」といった医師が使う専門用語について、国立国語研究所が全国の医師を対象に調査した結果、患者に意味が伝わらなかった言葉が、736語に上ることがわかった。


今後、国立国語研究所は、来年春をめどに、医療用語をわかりやすく言い換える例などを示した「病院の言葉の手引」(仮称)を作成する。そうです。

ぜひ、作って頂きたいですね。
私自身みたいですし、患者さんにも読んで欲しいですね。

病状説明などするときに、なるべく平易な言葉を選んで行うようにしていますが、どこまで正確に言いたいことが伝わっているのか疑問に思うこともあります。

その様なときに、一冊渡して読んでおいてください。
読んで理解されたら病状説明しますね。

なんて、なったら楽でいいんですがそうはいかないでしょうね。

相手がわかるように説明するように心掛けると相手の医療に関する知識を短時間の間に見抜いて説明しないといけません。

あまり、簡単な言葉を使いすぎるのも失礼に当たる場合もあり悩むところです。

やはり、話しの途中で『ここまで、理解できていますか?質問内ですか?』と何度か尋ねながら説明することが大切だと思います。


「病院の言葉の手引」(仮称)早く読みたい方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


今まで、1番失敗した病状説明は研修医の時のことです。

間質性肺炎の患者さんで息子さんへの病状説明だったのですが、息子さんは医者(マイナー外科系)だったのです。

当時、ぺーぺーの研修医からしたらマイナー外科系の医者であったとしても間質性肺炎の知識はわたしよりも持っていると思ったのでかなりの専門用語を交えて病状説明をしました。

一通り説明が終わったあと息子さんに
『何言ってるのか全然わからない。』
と言われてしまいました。

もう一度、専門用語を排除した説明をしなおしました。



今なら、他科の医者には、それにあわせた対応ができるようになったんですけどね。

失敗でした。若すぎたんですね。
コメント
この記事へのコメント
ちょっと笑えた。
>一通り説明が終わったあと息子さんに
『何言ってるのか全然わからない。』
と言われてしまいました。

ここ笑えました。
お医者さんでも患者になるとこうも素直にわからないと言えるんですね。

それと、blog pet 今日訪問したブログで同じのを見つけ手術で性格診断やってみました。
研修医ガーネットそちらで2名失敗、こちらで1名失敗しました。
パーツ貼りつけて影練し、立派な外科医になって戻ってきます。では。

2008/03/09(日) 18:58:09
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
やはり、自分がわからないと素直にわからないという確率は高いと思います。
今なら、○○科の医者ならこの程度しか知らないとかわかるのですが、、、

立派な外科医になってください(笑)
2008/03/10(月) 12:19:13
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/76-15f6ac73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。