~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/03/22 Sat 13:14
CATEGORY【診療】
医学は常に進歩しており10年前の正しいことが今では正しくないことになっている場合があるのです。

例えば、10年前は抗生物質を使用する前にアレルギーがあるかどうかのチェックを皮内反応を行っていました。

私が、医者になった頃、抗生剤の開始前に皮内反応を行うことは当たり前のことでした。

しかし、その頃に皮内反応があまり有用ではないと言うような話しが出始めました。

皮内反応自体で重篤なアレルギー反応を起こすことがあるからです。

するときは、あらかじめアレルギー歴などでアレルギーが疑われるときはした方がいいとなっているのですけど。

それから、しばらくして、皮内反応をしなくても投与直後に十分に観察を行うこととなりました。(当院での対応)

ある病院では、未だに皮内反応してるらしいですけどね。

あと、代表的なのが喘息の薬とくにステロイドの吸入薬です。
ステロイドの吸入薬が出てからもうすぐ10年、10年前は喘息発作で入院なんてしょっちゅうありました。


ステロイド吸入が普及して、喘息の入院はかなり減ってきています。

最近は、小児にも使用するようです。

 

医学の分野において、10年前の常識と今の常識は違う場合があります。

 

今までこうしてもらってたからという理由だけで拒否する患者さんがたまにいらっしゃいます。

 

ただ、それは医学の常識において古くなってる可能性があります。

 

ですので、ただ単に拒否するのではなく疑問に思うなら、なぜそうなのかを聞いてください。
 

お願いします。

そのようなことが、患者と医者のよい関係を作ると思います。 


 
 
『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

 




外科医の消毒や予防的な抗菌剤の使い方もずいぶんかわってるようですね。

『注射の前のアルコール消毒も意味がない。』とか『イソジンうがいより水道水のうがいの方がいい。』とか言う話しも出てきてますね。


 

すぐ上の2行に関しては、まだ一般的でない内容を含んでいます。
やっぱり、そんな事なかったというような事になっている可能性も十分にありますのでその点はご考慮下さい。




テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
へえ~(^ ^ )
>『注射の前のアルコール消毒も意味がない。』

これは初めて聞きました。
清潔な生理食塩水で皮膚を拭けばいいということでしょうか。それとも全く拭かないんでしょうか。
皮下注射はそのままでもいいと思いますが、静脈注射はホントになんにも拭かないのはちょっと抵抗がありますね。
2008/03/22(土) 15:44:22
URL | 東京ヒルトン #MaKh7gFU[ 編集 ]
東京ヒルトンさん
日経メディカルに載ってましたよ。
確か、オンライン版にも。

抵抗は、もちろんありますが、10年先には当たり前になってるかもしれませんね。
2008/03/22(土) 16:46:31
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
日経メディカル
オンライン版は登録してるんですが、ページめくるのが結構重くて、実はあまり読んでません(^ ^ ;
2008/03/22(土) 19:27:48
URL | 東京ヒルトン #MaKh7gFU[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/88-cef5a91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。