~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
医者の食事(昼) 
2008/03/24 Mon 13:00
医者の食事って言っても家で他の先生が何食べてるかなんて知りませんから、病院内での医者の食事のお話しです。

では、昼食から。

昼食は、みんなそれぞれ好きなものを食べます。(当たり前か)
多くの病院では、職員食堂があり、そこで食べている先生も多いです。

外に食べに行く選択もしていいんでしょうけど、仕事の合間に休憩をとってるし、休憩中もPHSがなったりするのでなかなか外に食べにいけないですよね。
ですので、今まで昼食を病院の外に食べに行ったことはありません。

まあ、そこで、患者さんの家族にあったりしても嬉しくないので。

職員食堂のレベルは、ここの病院によって違います。
意外と美味しい病院から、まったくいけてない病院まで様々です。

職員食堂の業者も入札によって選ばれてるところが多いので去年と今年と味がかわることはあります。
永年勤めていると味がかわった方が新鮮でいいのですけどね。(また、すぐに慣れちゃいますけど。)

大学病院には、職員食堂やら、学生食堂やら、少し、高級そうなレストランやらあって気分によって食べる場所を選択できてよかったですけどね。

職員食堂を使わないと、院内の売店で買う場合が多いですね。
よくて、コンビニレベルです。(想像つきますよね。)
よくてなので、コンビニ以下の場合が多いです。

弁当業者が弁当を持ってきてくれている場合もありますね。
これも、同じ業者ばかりだとあきてきます。

弁当業者の欠点は、いつも頼んでいると頼み忘れてた日も頼んでいると勘違いして弁当を食べちゃうことですね。(弁当業者が悪いわけではないのですけど。)

間違えて食べちゃうと、食べようとしてた先生の分がなくなってるわけで、犯人捜しが始まります。

私も、2度ほど他人の弁当を食べました。m(_ _)m

でも、2回以上は食べられて残ってませんでした。

残ってないときは、非常に悲しいです。

だって、昼食食べる時間がないから、遅くに医局に帰ってきて食べようと思うと、あるはずの弁当がないんです。

疲れて、休憩しようと帰ってきて食べるものがない。

ダブルパンチです。
 
 
 
面白かった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
 
 
外来遅くなった時にない事が一番ショックです。(>_<)
 
忙しくて食べれないときもショックですけど。 
 

もちろん、自宅からお弁当持ってきてる先生もいますね。

まあ、いずれにせよ、ろくな昼食食べてませんわ。

あと、昼食べるの異様に早くなりますよ。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
自宅から持ってくる手作り弁当が一番よさそうですね☆

同じものでも、外食や食堂、コンビニ弁当って、どうしてすぐ飽きちゃうのでしょう?

家で食べるご飯は、全然飽きないのですが...。
ただ自分で作ると、匂いでお腹いっぱいになっちゃうこともあるのですが。

よっしぃ先生は料理得意ですか?v-374
2008/03/24(月) 19:14:38
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
すごいおもしろい話でした
お医者さんは病院に缶詰めの事が多いですよね。
寝る楽しみと、食べる事の幸せをちょっと犠牲にしているなぁと感じます。
TVで見る有名な外科医とか、食事というより空腹を満たすだけ・・・みたいな。
でも、仕事が好きなんだろうなぁ・・・・・。
よっしぃ先生、私こんなネタ大好きです!
2008/03/24(月) 22:19:11
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
Kei☆さん
そうです、すぐに飽きちゃいますね。
手作り弁当はないですねぇ。

ちなみに、料理は得意(嘘)

料理は焼く。しかできませぬwww

ガーネットさん
あと、昼食もカップラーメンとか多いですよ。
当直の時に、ピザとったり、お寿司をとったり、研修医の先生とかにおごったりとか。
あ、これは、夕食編で書く予定でした。

失礼!
2008/03/24(月) 23:53:09
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/89-831a24d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。