~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
異動の季節 
2008/03/26 Wed 12:03
CATEGORY【診療】
もう、年度末です。

日本では慣習的に4月の異動が最も多いです。

病院でもだいたいあてはまります。
とくに、コメディカルや事務の方の異動は4月に集中しています。

医者の異動は4月が多いのですが、科や医局によって違います。
中には、1月1日から異動することの多い科(医局)もありますし、6月からとか9月からとかの科(医局)もあります。

うちの病院でも、いろんな先生の異動があります。

異動になると大変なのが患者さんの引き継ぎです。

今まで、患者さんと主治医との関係を築いてきています。
新しい先生とすぐにそのような関係を築くことは困難です。

M先生が4月から異動となります。

M先生を慕う患者さんはたくさんいました。

なかには、泣き出してしまう患者さんもいたようです。
遠方まで、病院を替えてついていく患者さんもいるようです。

そんな事をされてM先生は、医者冥利に尽きると思います。

うらやましい限りです。
 
 
また、去年異動したP先生は自分の担当患者さんに異動することを伝えていなかったらしく4月から患者さんがビックリしていたようです。

みんな、口をそろえて
『主治医がかわるなんて聞いてません。』と

そりゃ、言ってないですから、聞いてないですよね。

ちなみにP先生は、部長先生から呼び出しをくらって、入院患者さんすべてに説明しにくる事となりました。

まあ、当たり前のことと言えば当たり前なんですけどね。

ふと、今までの異動の話しを思い出してしまいました。
 
 
3月末に思い出のある方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

 
 
異動は、寂しいけど新しい出会いもあり楽しい面もありますよね。

しかも、桜が舞うと風情が倍増します。

この季節、大好きです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 転勤

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/90-831b381a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。