~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
危険な患者 
2008/04/02 Wed 12:42
CATEGORY【診療】
m3のブログに去年の8月2日にエントリーした記事です。





もう、ずいぶん前のことです。

N医師のところへO氏は咳をなんとかしてくれとやってきました。
喘息があるとの事です。

喫煙歴、職歴、粉塵吸入歴、アレルギー歴、ペット飼育歴などを問診します。

どうも、ペットのそばによると咳がひどくなるようです。

なるほど、聴診で喘息に特有の音が聴こえます。
呼吸機能検査をしても、喘息と矛盾しません。
β刺激薬(気管支を拡げる薬)吸入したら、呼吸機能は少し良くなります。ここまで来たら気管支喘息間違いありません。

今まで、薬は飲んでいないとの事ですので
長時間型のβ刺激薬吸入、ステロイド吸入とテオフィリン製剤で様子を見てと処方を出します。このとき、吸入薬の使い方と動悸、指先の振るえ、嗄声(声がしわがれる事)など副作用についても説明します。

帰り際にO氏は、診断書が欲しいとのこと。

内容を尋ねると『ペットにより喘息になったと書いてくれ』
『ペットにより喘息発作が誘発された可能性がある。』程度しか書けないと説明しその日は帰宅しました。

1週間後にO氏はやってきました。
診察室で怒鳴られます。
『あの薬飲んだら手が振るえるやんけ。』
『先週説明しましたよね。』
『聞いてないわ。』

水掛け論です。喘息の患者さんと接する事が多いので特に初めて処方する患者さんには丁寧に説明をします。

O氏は、だんだんと気持ちが高ぶってきたようです。
N医師の座っている椅子を蹴りました。
N医師もビビリましたが、毅然として対応します。

振るえの副作用のない薬に変更して帰って頂きました。
約1時間の時間が過ぎていました。

翌日の当直時間帯にO氏は、再びやってきました。
当直医が点滴の指示をだし点滴を始めました。
O氏は、気に入らない事があったらしく当直医を殴ってしまいました。

警察に連れて行かれたそうです。

それから、O氏は受診しなくなりました。
N医師とO氏との関わりはほんの1週間ほどでした。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


日本の病院の警備に対する概念は甘いと言わざるおえません。
医師、看護師、入院中の患者さんが刃物で刺されたりする事件も起こっています。
病院の警備に関して、日本は遅れていると思います。





http://blog.m3.com/yosshi/20070802/1#comments
m3のエントリーのコメント欄も見てください。
多くの医療者は、1度や2度は、実際に被害にあったり、もしくは、職場の人間が被害にあってるのです。
コメント
この記事へのコメント
大変だ!
お医者さんも大変ですね。
関西弁ですごまれると、より一層迫力あるし。
女医さんに対してもこんな事あるのでしょうか?

想像してたより数多くこんな事が起こっているんですね。びっくりです。
病院に患者として行ってて、そんな元気な人見た事ないです。

病院っていろんなドラマが起きてるんだなぁ。
N医師・・・・婦人科の先生だったらこんな患者いないのに。ふふ・・・。

m3前にも何度かお邪魔してますが、テンプレート変わりましたね。
葉っぱは正直なところ読みづらかったですが、今度の桜は記事の部分が
読みやすいですね。
私は人のコメント読むのも好きなので、m3の関連記事に飛べるのは嬉しいです。
2008/04/02(水) 22:53:35
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
女医さんはここまで言われなくても恐いと感じると思うので。
もう少しマイルドなのがあるでしょうね。

m3の桜は季節限定にしようと思っていたのですが。。。。
2008/04/03(木) 08:41:45
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/91-059ffaa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。