~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
両極端な日本人 
2008/04/07 Mon 14:01
CATEGORY【診療】
m3のブログに去年の8月4日にエントリーした記事です。



悪性腫瘍の患者さんの病状説明には、かなりの時間をさきます。

病状説明のとき、病名、病期(病期のひろがり)、治療方法(効果のある割合、副作用の出現頻度なども含めて)などを説明します。

すると、このときの反応が両極端である事が多い事に気づきます。
どんな人なのか?

パターン1
『わたしら、素人なので先生に全部お任せします。』
今までの日本人の典型的なタイプだと思います。

パターン2
メモを取りながら、質問もいろいろしてくるタイプ、自分でもいろいろ調べています。

私たち医師はこのパターンに対応して病状説明をしなければなりません。パターン1とパターン2の人にまったく同じ事を話しても理解度、満足度ともに全然違います。

基本的にはパターン2の方がよいと思いますが、極端すぎる人も多いです。例えば、かなり細かい情報まで知ってるんですが根本的な事がわかっていないとか。。。。

知識を得ようとする姿勢は非常に評価できるのですが、担当医が言った事を聞かないで、『こんな、治療はどうですか?』と聞いてきます。そこまでは、いいんですけど。
『○○さんの病状では、その治療はこんな理由でできないですよね。』って説明しても納得がいかない。

実際にその治療をしてるところに受診したい。プロが見たら絶対ダメな事もあるんですけどね。

しかし、実際に行ってもらった方が主治医としてはいい場合が多いです。(わだかまりを持ったまま治療に入るよりも)

パターン1の方は、ホントに自分で考えてなくて丸投げしてお任せしますなのか。よく考えて任せますなのかで、医師の対応は変わらざるおえません。

よく考えて任せた人は自分なりにメリットとデメリットが理解できていますので医師としてはうれしいんです。

丸投げの人は、本当のリスクを理解していない可能性があるわけですから医師としては非常にこわい。再度説得してしまいます。

昔は、何でも『任せときなさい。』でよかったんですけど。。。。。



『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

仕事をしていて実感したことを書いてみました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
私には理解できない父の結論
数時間前に父が肺がんだと知らされました。

ずっと肺結核の薬を服用し、間質性肺炎になり、呼吸困難からついに
酸素ボンベを付ける事に同意をしたようですが、何しろ医師から検査を
受けてくれないと言われるほど拒否していたようです。

私はきっと投げやりになって、もうどうでもいいと思っているんじゃないかと
思っていたのですが、どうやら本人は本人なりに考えて自然な形で逝きたいようです。
人工呼吸器をつけての延命も望んでいないという事を確認しています。

そこまでしっかり考えたのなら、本人の好きなようにさせてあげようと
思っています。
主治医も弱い薬をだしておきますと言っていたそうですから。
心臓の検査も受けない理由が心臓が良くなっても肺はよくならないから
このままでいいと。
そんなものなのでしょうか?年だからかな?
私には理解できないですけど。

肺がんと言われても、痛みもなくpetでがんと診断されただけで、今までと
変わりなく過ごしているので、実感がないです。
2008/04/11(金) 23:35:09
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
>数時間前に知らされた。

まず、今すぐ結論を出す必要はありませんから。時間をおいてゆっくり考えてください。
今から、行う選択はたいせつなものですから。お父さん自身の気持ちをしっかり聞いてあげて、ガーネットさん自身の気持ちや他のご家族も自分の気持ちをみんなで話し合ってください。
それで、みんなが納得できる方法を考えてみてください。

急ぐ必要はありません。
2008/04/13(日) 10:06:04
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
時間はあるのですね
よっしぃ先生、学会の最中でありながらお返事ありがとうございます。
そうですね。
確かに本人の口から直接きいてないので、もう一度全員集まった時に
話し合ってみます。
急ぐ必要はないとの事で、ちょっと気持ちに余裕ができました。

色んな事理解していたつもりでしたが、初歩的な判断ができていなかったですね。
気付かせていただきました。
ありがとうございます。 <m(__)m>
2008/04/13(日) 19:37:42
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/92-ff634771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。