~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/04/09 Wed 12:29
CATEGORY【診療】
m3のブログに去年の8月10日にエントリーした記事です。



P内科医院のP先生は患者さんに人気の評判のいい先生でした。

なぜって?

患者さんの話をよく聞いてくれると評判の先生だからです。
しかも、他の病院の他の科にかかってる患者さんの薬も長期に出してくれるよい先生です。
さらに、電話で薬出しておいてと連絡すると出してくれる患者さんからしたら非常にいい先生です。(電話だけで薬を出すのは法律違反です。)

ますます、患者さんの評判はあがります。

残念ながら、医療関係者からの評判はよくありませんでした。
噂が流れてきます。

P先生の出す薬は、同じ作用を持った薬が重複して出されていたり、禁忌(飲みあわせが悪くて普通は一緒に出してはいけない薬、「きんき」と読みます。)の薬も平気で出されているようです。

近くの薬局が禁忌なので問い合わせをするとP先生は、
『今まで、大丈夫やったから』との返事。

どうも医学的な知識は低いようです。(というか医者としての常識がないようです。)
医師会でも問題となっているようですが、なすすべはないようです。

それでも、患者さんの言う事をよく聞く、患者さんにとって都合のいいP先生の医院は今日も繁盛しているのでした。

P医院て本当にあるの?って思う方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

こんな、医者に診てもらいたいですか?





こんな先生、残念ながらときどきいるみたいですよ。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
こんな先生もあるかもですね。
常にアンテナを張り巡らしてても どんどん医学は進んでいくのに、わが道を行く先生。
最近は患者も勉強してるのに・・・

私は薬を貰ったら、効能・副作用などネットで調べます。
納得いかない処方の場合、即転院ですね。
2008/04/09(水) 23:45:28
URL | hitomi #-[ 編集 ]
残念ながら、ときどきいますよね。
でも、特定の患者さんには好まれるのです。
2008/04/10(木) 12:30:39
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/96-e1378986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。