~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
チームバチスタの栄光 
2008/04/21 Mon 13:01
遅ればせながら映画『チームバチスタの栄光』観ました。

本では読んでたんですけど。

面白かったです。

初めて、この本に出会ったのは、もう2年ほど前のことです。

ネットで本を検索していると『チームバチスタの栄光』なる本が出版されていました。

学生の時にバチスタという術式を知り学生ながらに感動したものでした。
どう感動したか。

なんて、強引な手術なんだろう。って。

しかも、それが意外とそのあと順調な人もいる。

すごいなぁって感動です。

そして、注文して読んでみました。

面白い!

没頭してしまい、夜中の2時頃までかかって一気に読み切ってしまいました。
 
 
ここから下は、ネタばれあるかも知れません。
知りたくない人は読まないでください。
 
 
映画を見てまず驚いたのが、田口先生が女医として登場していたことです。

確かに、映画に少し華やかさを出すためには女医さんの方がよかったのでしょう。

話しは進んでいきます。

ストーリーも自然です。

医者にありがちだと思うのですが、テレビドラマなど医療ものを見るときに
『そんなのありえねぇ。』とか『そんな奴おれへんで。』とかつっこみを入れてしまう事が多いのです。

しかし、チームバチスタの栄光は、すんなりと受け入れられました。

ただ、ひとつ問題点をあげるとすれば、故意の殺人を起こすという方向で物語を終わらせなくても他の終わらせ方があったのではと思うのですが。。。。

その前で、十分オチてると思ったので。。。

まあ、本で読んで他ので結末は知ってたのですが、どうやったらそのあと結末までいくかハラハラしてしまいますた。

最後、ちょっと、強引でとってつけたような展開かなって個人的に思っちゃいました。

それ以外は、十分楽しめる内容でした。
 
 
『チームバチスタの栄光』観た方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

 

他の本も面白いです。

同じ登場人物が出てきたりして微妙に話しがかぶってますけど。
 
海堂先生の本です。楽天にとびます。

『チームバチスタの栄光』


『チームバチスタの栄光文庫本(上)』


『チームバチスタの栄光文庫本(下)』


個人的には海堂尊先生の中で一番好きな


『螺鈿迷宮』


ミステリーではないですが面白いです。


『ブラックペアン1988』


海堂先生のブログ『死因不明でいいんですか?』

 
コメント
この記事へのコメント
映画は観てませんが、
本は私も読みました。
よくできた話だと思いましたが、殺人の動機だけがイマイチだと思いましたね。
よっしぃさんがおっしゃるように、別の落とし所があったら読後感がもっとよかったと思います。
2008/04/21(月) 13:16:58
URL | 東京ヒルトン #MaKh7gFU[ 編集 ]
東京ヒルトンさん
しかし、ストーリーはよく練られていますよね。
印税で生活してみたいものです。
2008/04/21(月) 21:37:03
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
海堂先生の本
医療系に?な私でも十分面白いと思える
内容のチームバチスタの栄光。
この本は、私が応援してるJリーガーの選手
からのお勧めで2年前に読みました。

ナイチンゲール・・・、ジェネラル・・・、螺鈿・・・も
ほんとに面白かった。

夢見る・・・、医学の・・・、死因不明・・・、ブラック・・・、ジーン・・・、購入してますが、まだ読み終えていないんで。。。
確か外科医だったけど、病理医に変られたんですよね?お医者様=理系なイメージですけど、本も書かれるなんて、すごい才能ですよね???勤務医の先生とは違う生活なのかしら?やっぱし・・・。
2008/04/21(月) 22:43:25
URL | まるみ #-[ 編集 ]
『螺鈿迷宮』『チームバチスタの栄光』も読み、映画も観ました。
医学小説は大好きで 特に『白い巨塔』の大ファンです。
渡辺淳一氏の書かれた一連の医学小説も大好き!
今は『孤高のメス』を読み始めています。
小説で医学知識を吸収している私です。
お医者さんが書かれてるので(白い巨塔以外)、実際ありうる事かな?と思っていますが・・・

2008/04/21(月) 23:59:34
URL | hitomi #-[ 編集 ]
まるみさん
海堂先生は凄いですね。
緻密だし。
どんな生活かは謎ですね。

hitomiさん
螺鈿迷宮は、ないでしょう。
設定が現実離れしています。それでも面白いですね。
2008/04/22(火) 12:09:39
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
『螺鈿迷宮』は確かに無いですね。w
2008/04/22(火) 23:47:44
URL | hitomi #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/99-7b9928f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。